2011年の年頭にゴッホ展

2011年01月14日

FIT FOR LIFE 2ヶ月の結果は

ガンの代替療法の一環として玄米菜食のベジタリアン生活を始めてこの春で2年になる。

2年間、肉類、魚類、牛乳、卵などの動物性食品と砂糖、白米など精製食品を全く食べてない。

これじゃ食事の楽しみが無いだろうと思われるが、

植物性食品つまり野菜の美味しさが分かると、充分これで満足できるのである。

森下敬一医博喉のリンパ節ガン手術後、御茶ノ水の森下敬一先生の指導で

玄米菜食に切り替えた。

初めの2ヶ月は朝食抜きの1日2食だった。

昼も夜も玄米のご飯1杯と味噌汁と沢庵だけ。

排泄分解作用を重視した軽い断食療法だったと思う。

血液はサラサラになって、体重は10キロ減って50キロになった。

9ヶ月経って、肺ガンは2cmから大きくならなかったから効果ははっきりしてる。

昨年の正月に思い切ってガンの左肺半分を切除した。

あれから1年経った。空洞だった左肺は肉が盛り上がってしっかり埋まってる。

つまり野菜から立派に肉ができるということ。草食動物の牛と一緒だね。

 

野菜料理を美味しく頂くためには調理の工夫がいる。

そこで福岡市内のマクロビ料理店をあちこち巡り野菜料理を楽しんだ

大名の「しお菜」が正統派マクロビオテックである。

 

10 10 25 FIT FOR LIFE昨年の秋、「FIT FOR LIFE」の訳者 

松田さんの講演を聴いた。

生野菜と果物の効用についてこの本には詳しく書かれている。

全世界で1000万部以上も売れた超ベストセラーである。

 

マクロビオティツクでは・・・・

生野菜や果物は、カリウムが多く体を冷やすから体質が陰性になるといって薦めていない。

マクロビは熱を加えた根菜類を食べるように薦めている。

ところが「FIT FOR LIFE」を読んでみると・・・・・・

人間に一番近い動物、ゴリラやチンパンジーは果物を主食にしてる。

彼らと人間のDNAは98%同じ、つまり先祖は同じということなのだ。

それなのに、人間だけは火を使って温かいものを食べている。

他の生き物は生のままなんでも食べてるのに。

生だから熱で酵素は壊されない。ビタミンも壊されない。

正に生きてる自然の生命力を取り込むということだ。

果物は特に消化が良く、消化にエネルギーを使わない。

エネルギーは他の食物の分解や排泄に向けられ、

臓器も血管、血液も綺麗になって全身の細胞が若返るという。

森下先生も人間は採食生活を長い間やってたから雑食動物だよと言ってる。



そこで実践開始。

10 8 13 山梨の葡萄 01朝食に季節の果物のリンゴ、イチゴ、柿、オレンジ、アボガド、バナナなどを細かく切って、

キャベツや玉葱、トマト、キュウリなどの野菜サラダに混ぜてフルーツサラダを食べることにした。
フルーツの甘味や酸味があるから、ドレッシングは要らない。

さて2ヶ月の効用は・・・・この本のレビューに絶賛されてるように素晴らしい結果だ。

胃腸の具合がとても軽い。快食快便である。

元の体重に戻したかった私は53キロから55キロになって目標の60キロを目指してる。

家人はなにをやっても痩せなかったが・・・なんと3キロ程痩せたという。

もちろん昼食と夕食はマクロビオテックを続けてる。

マクロビもFIT FOR LIFE もどちらも菜食なんだから・・・

お互いの良い点を上手に取り入れたら良いと思う。

こちこちの教条主義に縛られると続かない。

ゆるやかな多様性って楽しく続けるためには必要だね。

面倒なカロリー計算もいらず、空腹感を我慢せず、

お腹一杯フルーツサラダを食べられるんだから精神的にも良い。

健康的に痩せたいという人がいたらお勧めしたい食事法だ。

興味のある方はぜひ「FIT  FOR  LIFE 」をお読みください。

従来の栄養学ってなんだったのかと思いますね。

私達の体は自動車や機械じゃないんだから

食物をガソリンや石炭みたいに体で燃やすと考えてきたのは

つまりカロリー計算は大間違いじゃないかしらね。

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします

 



syobu828 at 23:22│Comments(8) ガン闘病記 | エコロジー生物学

この記事へのコメント

8. Posted by カオリンおじさん   2011年01月20日 23:16
タルタニさん

玄米菜食を2年間続けてみて、これは確かに具合が良い。
特に老人、ガンなど病気の者には、血液が綺麗になる。
消化、分解にエネルギーが節約できる。
だから、疲れない。体が軽い。若返り効果もあるらしいね。

興味もったことは体験してみないと良さがわかりませんね。
今年もいろいろ挑戦してみます。
7. Posted by カオリンおじさん   2011年01月20日 23:10
ミセスケイト かさっちさん
肉類など動物性タンパク質はいちどアミノ酸まで分解して
人間用に組み立てなおさねばならない。
その際、不要なものや排泄しなきゃならないものが多い。
だから、体が疲れてしまうんだろうね。
菜食は体が軽いですね。野菜から肉は出来るんだから・・・
6. Posted by カオリンおじさん   2011年01月20日 23:02
福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長さま

フルーツサラダを食事の初めに食べるのは
確かに消化が良いのでしょうかしら、酵素の力でしょうか
胃腸の働きは軽やかになりますね。
サラダはお腹いっぱい食べても負担になりませんね。
肥満解消、血液サラサラ。生活習慣病、老化防止に最適です
5. Posted by カオリンおじさん   2011年01月20日 22:58
福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長 殿

そう人類の長い長い進化の歴史をたどれば、
火を使ったり、栽培したりというのは最近のこと。
長い間、採集生活で雑食だったはず。
それを考えれば・・・果物、木の実、野菜などを
生で食べるには差し支えないと思う。
もちろん、小魚なども手で捕まえて生で食べていた。
4. Posted by http://blog.livedoor.jp/tarutani2   2011年01月20日 17:56
カオリンさんは玄米菜食を2年間続けられたお陰で
とってもお元気になられたのですね。
体に優しいもの、体が喜ぶことを毎日続けていると
自然治癒力が増すことで病気は克服されると思います。
カオリンさんが何事にも強い信念で前向きに取り組ま
れる姿勢にいつも感服します。
冷え性の私は日頃根菜類の煮物が多いですが
酵素を取り入れるには、生野菜も必要ですから
長所短所を上手に組み合わせて健康管理をしたい
と思います。
カオリンさん 今年もお元気で素敵な一年
お過ごし下さい。
3. Posted by ミセスケイト かさっち   2011年01月17日 11:54
果物サラダ・・・
勘違いして果物だけを頂いていました。
お野菜も混ぜるのですね!!早速実践したいと思います。
私は、週末だけは主人に合わせて
普通の食事をしていますが・・・
月曜日は何だか体がダルイ気がします。
きっと、肉類などの消化で体が疲れてるのかな??

鏡開きあたりから、うっかり太ってしまったので
果物サラダと菜食で元の体重に戻したいと
思います♪
2. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^   2011年01月16日 01:09
カオリン邸でいただいた
奥様手作りのサラダは見た目の彩りも
味の彩りも豊かで美味しかったです。
果物と生野菜は寒い時期は不足がちになるので
しっかり摂るように心がけました。
私は胃腸の働きが活発でないのですが
この食事法は満足感のある食事で
元気に内臓が動くのを実感しております。
私もしばらくは玄米菜食と果物サラダで
行きたいと思います^^
ぽち
1. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長   2011年01月15日 12:47
要はバランスなんですよね。
どちらにも良し悪しがあるものですから、
双方をバランスよく取り入れていくことが
できたらいいんでしょうね。

特に果物、野菜をとったほうがいい人は、
普段肉類や揚げ物などを頻繁に食してきた人なんかには、
特にもってこいの食材でもあるんでしょうね。
マクロビ的には陽性に傾いてるのを、
長い目で陰性のものをとってバランスを
とろうとしてるんでしょうね。

理想はうまく中庸の間でうろうろと
出来るのがいいんでしょうけどね。

応援くりっく!ぽちっ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
2011年の年頭にゴッホ展