アルマ・デ・コンサート vol 5

2013年10月29日

Studio Visions Student Live

Oct. 27th (Sunday) 中央区 春吉のNew Comboライブハウスで
 
Visions の生徒たちによる発表会が開かれた。
,jpeg 2013 10 27 live
































今年は新たに

6才の田中凛音(リオンちゃん)のピアノ。

お父さんのテナーサックス。

さらに東京でボーカル活動していた中島 亮さんが

加わりにぎやかなメンバーになった。

ドラムはプロの武本強志さん。

そして、Visionsの塚本美樹(ピアノ) 間村 清(ベース)

という3人のプロミュジシャンに支えられ

生徒たち皆さんはそれぞれ気持ちよい演奏をした。

この日まで、2回にわたって合同セッションもやって

万全の準備をしてきた。

リハでOKでも・・・本番となると何があるかわからない。

まあ・・・そのスリルが怖いやら楽しいやらなんです。

jpeg visions3

























小生、68才でベース始めて、ちょうど3年目。

皆さん、若い人たちばかりで、どんどん上手くなる。

なんとか、皆さんに迷惑かけないようにと

Jazzの端っこにしがみついている状態です。


全く素人のオジイさんがjazzやってるのを聴いたら、

「どれ私も始めようか」とJAZZ人口が増えるのに

貢献できるかもしれん。

という気楽な気持ちで、セッションを楽しんでるわけです。


何が起こるかわからないというのがJazzの醍醐味かもしれません。


友人の亜沙美さんと久美子さんが聴きにきてくれ、

写真を撮ってくれたのでUPしました。

お花もありがとう。


6月のカフェ・アルマのライブと、この10月の発表会と

1年を2日のために生きてるような老後でございますが、

来年も懲りずに続けるつもりです。

Jazzってのは・・・のめりこむ深い洞窟か、迷路のようなもの。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 16:53│Comments(3) JAZZ オーディオ 

この記事へのコメント

3. Posted by tarutani2   2013年11月20日 09:37
ご無沙汰です
裸足稼業から3年でしょ・・・・?すごいですね。
プロを仲間に一大イベントおめでとうございます。
老いも忘れてますます盛ん・・て、楽しそう…て感じ。
お会いしたらお土産話しっかり聞かせてください。
楽しみに待っております。
2. Posted by あさみ   2013年10月30日 01:10
JAZZは迷宮か洞窟ですか。
深くて答えがないから人を引きつけてやまないのでしょうね。
昨年もお誘いいただいた内容の濃いライブのお陰で
私もすっかりjazzの洞窟の入り口で耳を澄ましております。
1. Posted by ワタナベ薫   2013年10月29日 17:23
カオリンさん、お久しぶりです。
ワタナベ薫です^^
お元気そうでうれしいです。

ライブ素敵ですね!
かっこいいです。

私も仕事、ボチボチやっています。

今年からボイトレに通っています。
いつか、小さくてもいいので歌えたら楽しいかな、
と思いまして^^


仙台は大分寒くなりました。
カオリンさんもご自愛くださいませ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アルマ・デ・コンサート vol 5