友人達

2012年03月21日

イベントのお知らせ

友人の和田則雄氏がイベントを開催するというので

私もなにか協力できないかと思い、

仲の良い笑顔整体の今村さんと歯科衛生師の野崎さんに相談した。

和田氏は住宅建設会社「株式会社イアラ」を経営する

中小企業家同友会の優良企業メンバーである。

4人は何回か会合し、「イアラ×楽しい仲間たち」というコラボで企画しました。

皆様のご来場心よりお待ちしております!


イアラ×楽しい仲間たち

2012・住まいと癒しのフェスティバル

キャナルシティ内TOTOショールームにて開催!
福岡で住まいを通して心地よいくらしを提案し続けて72年、
リフォームや内装仕上げのお仕事をされてきた
株式会社イアラさんとたくさんのセラピストが
皆さまにさまざまな「心地よさ」を提案いたします。

期日 2012年 4月21日(土)〜22日(日)
時間 10:00〜17:00
会場 TOTO福岡ショールーム3階
    キャナルシティビジネス棟
TEL  092-272-1030
住所 福岡県福岡市博多区住吉1-2-25

来て見て体験して楽しい!たくさんのブースはこちらです。
(順不同)

・「あなたの魅力診断&メイクアドバイス〜美塾
 (4月21日のみの参加)
自分がお持ちのメイク道具で簡単・キレイになれる美塾メイク。
キレイになったね!と言われる率90%以上。
女性の新しいお稽古事として全国的に口コミだけで広がっている
美塾を一足先に体験してみませんか?

・「カジュアルネイル・COCO
ジェルネイルは『時間がかかる』『料金が高い』の
イメージがありますが、今回は1時間程度・低料金で!
ただし、ジェルネイル初体験の方限定とさせていただきますね☆
意外と他人から見られている『手』!
ツヤツヤな指先で、気持ちもピカピカにしてみませんか?

・「Happy kitchen
北九州市を中心にからだにやさしい食材を選びながら
こころがほっこりできるようなfood&sweetを提供しております。
今回のイベントではからだにやさしい
オーガニックスパイスから作るベジカレーと
からだにやさしいSweetsを販売します。
この機会にぜひ味わってみてください。

・ピナセラピー
春にぴったりの身体も心も踊るおしゃれな健康法です。
耳つぼにキラキラのスワロフスキーシールを貼って
健康と美容を内側からお手伝いします。
あなたの本当に必要なツボをセラピストがみつけます。

Healing atelier oluolu(ヒーリングアトリエ オルオル)
女性の方が毎日にこにこ、キラキラっと
頑張れるサポートをさせていただいています。
今回は天然石のアクセサリーとアロマミスト作りと
ほのぼのできるアイテムが並びます。 ぜひ、お立ち寄りください。

フラワーデザイン教室
日本フラワーデザイナー協会本部講師であり
市長賞はじめ多くの賞を受賞している樋口紫乃さんが
フラワーアレンジメントの教室を行います。
ドイツ留学で学んだ花と植物の個性を成り方を活かした
フラワーアレンジメントをお楽しみください。

pure breath(ピュアブレス)
pure breath は、気功、ストレッチ、
カードリーディング等をとおして”日々の生活の中にある、
小さな幸せ、大きな幸せ、豊かさを感じながら生きて行きたい”
あなたのサポートをしています。
イベントではエンジェルカードリーディングを行います。

オーラライト カラーセラピー
80本の中から選ぶ4本のボトルが
あなたの過去・現在・未来を教えてくれます。
深層心理へのアクセスは自分自身を知るチャンス。
そこからのメッセージを受け取って
新たな世界の扉を開けてみませんか?

虹の翼
さとる小春の開運リーディングチームです。
あなたに必要なメッセージをお届けします。
オリジナル天然石アクセサリーや手作り菓子も販売致します。
お気軽にお立ち寄り下さい

handmade ayU(ハンドメイド アユ)
シンプル、ナチュラル・エゴをテーマに福岡出身の
女性クリエイターがつくるアクセサリー&小物を販売します。
オーダーも承っておりますのでお気軽にご相談くださいませ。
お客様お一人お一人の
ステキなコーディネイトの一部になりますように・・・
両日とも笑顔整体のブースにての販売になります。

笑顔整体
福岡市南区を中心に活動している出張専門の整体院です。
イベントでは特別メニューをします!女性も安心して受けられるよう
女性整体師がお待ちしています(o^∇^o)

イアラのリフォーム相談会
家の中のちょっとしたことを変えることで
暮らしはぐっと心地よいものになります。
トイレ、キッチン、お風呂、洗面台…
いえいえカーテン・ブラインド1つでも気分が変わります。
くらしの悩み、プロに聞いてもらいませんか?

☆イアラさん新着情報はコチラ
社長さんのブログ
☆素敵なカーテンがたくさん 「カーテン物語ブログ

皆様のご来場心よりお待ちしております!



人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします




syobu828 at 22:23|PermalinkComments(4)

2011年12月28日

12月のメンテナンス

車や楽器、精密機械など時々メンテナンスしないと長持ちしないし、
怠ると思わぬときに故障して大事をしでかすものだ。

さらに小生のような年寄りになると物より体のメンテナンスが大切になる。
今年1年は結構あちこち駆けずり回ったから、
ここらで整備点検ということで、12月は体のメンテナンスを受けることにした。

12月13日 福大病院の呼吸器科と耳鼻咽喉科の検診日。
血液検査とレントゲン、喉をスコープで診る。肺と喉にはガン再発の兆候は無い。
次回は3月13日。これで3ヶ月の命は保障されたということです。


12月15日 ネイリストの吉井由紀さんに爪の手入れをしてもらった。
2011 12 27 ネイルケア楽器を弾くときに爪を手入れしてると気持ちが良い。

12月22日 清川口腔外科でインプラントの点検。8本のインプラントは異常なし。
歯科衛生師の野崎久美子さんに歯を綺麗にメンテナンスしてもらった。
野崎さんはクレイandピナセラピーの仲間である。

上顎の骨が細くなってるので、将来は入れ歯になるかもしれないと清川先生に言われた。
2011 12 27 清川先生の論文

上顎と鼻の間は上顎洞といって空洞がある。蓄膿症になるとこの空洞に膿が溜まる。
清川先生のお兄さんは耳鼻科の先生で、蓄膿症の手術で、上顎洞の粘膜を剥がすと
空洞に骨が新生することが判っていた。
そこで、兄弟で協力して、上顎の骨が老化して細くなった患者さんに、
上顎洞の粘膜を剥がし、3ヶ月後に新生した骨にインプラントを打ち込むという
治療法を発明し世界特許を取ったのです。
医学の進歩に貢献してますねと言ったら、論文のコピーを頂いた。
英文は読めませんが写真から先生の説明を想像することができる。
清川先生はインプラントの名人である。

12月23日 ピナセラピーの仲間、香椎の理容店キーストン・ステイツ(石田さん)へ
散髪に出かけた。長年のキャリアで、特に顔そりの剃刀は優しく名手です。

12月23日 毎月2回、笑顔整体の今村亜沙美さんに
自宅へ来てもらって、整体の施術を受けている。
体のゆがみを調整してもらうから体が軽くなる。至福のセラピーである。
今村さんはピナセラピーの助手として活躍してもらってる。

2011 12 27 2011の絵

今村さんは2011年ACTIVITYという題の絵を持ってきてくれた。
まあなんとかガンと共生しながら、今年も頑張ったんだと思う。

今村さんのイラストを描く才能は素晴らしい。
各人の特徴を掴んで、より若く美人に描く腕はたいしたもの。
絵手紙など周りの人たちに喜ばれてると思う。

というわけで・・・・・この絵を今年最後のブログに載せることにしました。
ちょいと恥ずかしいのですが・・・友人達が描かれてるから気に入ってるのです。
今村さんありがとう・・・・・・

皆様来年も宜しくおねがいします。
どうぞ良いお年をお迎えください。


人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします







syobu828 at 16:26|PermalinkComments(2)

2011年02月01日

1日だけの喫茶店マスター

11 2 1 和光音楽アカデミー早良区室見の和光音楽アカデミーの柴田眞知先生

には、大きな楽器ウッドベースをお借りしたり、

さらに昨年はアルマ・デ・コンサートに2回も出演させて

頂いたりとお世話になりっぱなしである。

お陰さまで、好奇心で始めた小生の音楽趣味は充分

満喫されてるのです。

和光音楽アカデミーhttp://www.wako-music.info/の1階にあるイベントカフェ・アルマで

「歌の翼」という歌声喫茶が毎月開催されている。

小生が学生時代、半世紀前だけど、新宿や渋谷で歌声喫茶が流行った。

歌詞を書いた本を渡され、コーヒー飲みながら、ロシヤ民謡や叙情歌を歌った。

盛り上がれば皆で肩を組んで歌い、他大学の女学生と知り合ったりもした。

11 2 1 アルマ・デ・コンサートそんな時代を懐かしむように、50代~70代のオジ

サン、オバサンが集まって歌声喫茶「歌の翼」は

盛況である。(なぜか女性が8割以上である

先日も、この寒い1月の土曜日の午後、37人も集

まり会場は満員だった。

柴田眞知先生の独唱とお嬢さんの奥秋三和さんのピアノ伴奏に続いて、

参加者全員が歌う2時間である。

もちろん歌詞を書いた本が全員に配られる。

カフェだから、始まる前に飲み物、休憩時間にはケーキと飲み物が出される。

この喫茶部の担当は元々柴田先生のご主人か

三和さんのご主人である画家の奥秋先生だったのですが、

3階の絵画教室も生徒さんが増え盛況、

ご両名とも忙しく誰か手伝い人を捜していた。

カフェのカウンターの向こう側、

つまりコーヒーをいれる側を経験するまたとないチャンス。

そこで「1日だけの喫茶店マスター」を志願して、

昨年秋よりカウンターの向こうに立ってる訳である。

11 2 1 歌声喫茶「歌の翼」2台のコーヒーメーカーを使って30杯のコーヒーを

用意する。

ヤカンで沸かした熱湯で紅茶を入れる。

ケーキは業務用のケーキを切り分け小皿に載せる。

休憩時間にお客さんのテーブルを回って、ケーキを

出し飲み物を注ぐ。

30人以上というとこれがかなり忙しくバタバタしてしまう。

「コーヒーお願いしま~す」と呼ばれることもある。

毎日これを本業にしてる喫茶店のマスターってのは大変な仕事だね。

メニューもいろいろあるだろうし、軽食も作らねばならないんだから。

何の仕事もプロの技ってもんがあるんだね。

しかし小生も美味しいコーヒーを飲んでいただきたいと一生懸命だ。

一仕事終わった時の気持ちはとても爽快、気分良いね。

興奮、緊張する楽しい時間なんです。

 

コーヒー入れてるドアの向こうから

澄み切ったコーラスの歌が聴こえてくる。

彼女達の青春時代とすこしも違わない、

澄み切った清らかな歌声だ。

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



 

 



syobu828 at 18:42|PermalinkComments(12)

2010年12月10日

若人からの手紙

メールという電子郵便が簡単で早くて便利だけれど、

なにか思いが通じないような物足りない気持ちがした時、

葉書や封書の手紙をいただくと、温かなぬくもりを感じ、

ゆっくり文章を読みながら相手を想像できる幸せがある。

10 12 10 手紙ある時、喫茶店で封筒から

何枚もの便箋に書かれた手紙を取り出し

頷きながら微笑み、読み返してる女性がいた。

その横顔は幸せに満ち、聡明で美しかった。

愛する人から良報を伝える手紙だったのだろう。

生来不器用で悪筆な私は、自作の絵葉書の表に

短い文面をワードで打って、近況やお礼の葉書にしてるのですが。

先日、若い人達から自筆の丁寧な手紙をいただいた。

どちらも11月7日のアルマ・デ・コンサートの感想を書いてきてくれたものだった。

1通は、口腔外科の歯科衛生士として10年以上も勤めているNさん から

「一人で来ていた私でしたが、ゆなさ塾の濱田先生和田社長さん

望月さんの妹さんに声を掛けていただき楽しい時間を過ごせました」と書いてあった。

親切な熟年組と若い人達の温かい交流が音楽を通じてあったのだ。


Nさんはとても熱心な方で、忙しいお仕事の傍ら、心理学の勉強にも通っている。

患者さんの気持ちを和らげ、安心して治療を続けるために

心理学はきっと役立ってるのだろう。

10 12 10 江藤信之著Nさんが通う心理学の先生の本だと言って、

「今日は心をみつめる日」江藤信之著も手

紙に同封されていた。

私は旅行にこの本を持って行き、新幹線の中で読んで

とても心が安らかになった。


国のためや会社のため、世のためと自己を犠牲にしてまで働く旧来の道徳感より、

家族、友人、身の回りの人たちの幸せを願い

背伸びせず生きるほうが幸せではないだろうかと、

平凡に生きるという本当の幸せを見つける方法が書いてある。

「過去も未来も現時点で考えてる過去と未来。

だから今現在、瞬間を全力で生きるということが大切だ」 

とここも感動的だった。

 

もう1通は笑顔整体の今村さん夫妻からの手紙でした。

「ジャズって同じ曲でも奏でる人のセンスで違うアレンジになり、

雰囲気やその場のノリもいいスパイスになる素敵な音楽ですね」

とジャズの醍醐味を一言で捉えている。

「とっても楽しかった会を思い出しながら絵を描いてみました」と言って

それは綺麗な色鉛筆によるイラスト画が同封されてきた。

あの日の会場の雰囲気を伝える各人の仕草が微妙に表現され、

これが誰それと当てっこしながら楽しめる絵なんです。

本ブログに載せようと思いましたが、あまりに見事で上手な絵なんで、

来年のカオリン年賀状に使えないか今村さんに聞いたらOKということでした。

年頭に公開します。お楽しみに・・・・

もう来年のことなんて書いてしまったが、

今月もまだ何回か出かける用事が残ってる。

柴田先生のところのクリスマスパーティで3曲ほど弾かせていただくことになってる。

この年末を元気で行こう。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします
 



syobu828 at 15:28|PermalinkComments(4)

2010年12月01日

忘年会と旅行

11月27日(土)
大阪のKフリーさんの忘年会に呼んでいただいた。
吉武京子さんは大阪の中心、梅田の阪急3番街の横で
シェービング・エステサロン「Kフリー」を始めて7年になる。
私共の粘土洗顔料フレッシュアップを使った「お顔そり」のパイオニア。
女性理容師さん3人体制で土日は予約満杯というほどの繁盛店である。

10 11 27 大阪忘年会この日はKフリーの社員さん達と、肌科ドクター今生さん夫妻、
明石の葉っぱさん、指占いの石川さんが参加。

忘年会場は阪急ビル内の自然食レストラン。
大阪の夜景を見ながら、新鮮な野菜料理をバイキングで選べる。
菜食レストランは福岡でも繁盛してるし都会の女性達にとても人気のようだ。


11月28日(日)
午前7時に梅田の東横インを出て、8時の新幹線で博多へ戻る。
午後1時に空港で沖縄の玉那覇さんを迎え、一緒に車で熊本へ向う。
熊本空港近くの駐車場に車を預け、迎えに来てくれた大石さんの車に乗り換える。

大石さんは熊本上通りでシェービングサロン「ベラ熊本」を2軒経営する。
熊本の中心街で唯一のお顔そり専門店としてたいへん繁盛。

午後5時から「発生学からみた皮膚の役割」について玉那覇さんの講義が始まった。
東洋医学を究めてる玉那覇さんの講義内容は専門的でかなり難しいが、
大石さんの解説を交えて社員の皆さん達は興味を持って聴いていた。

生物の発生という原点から身体の仕組みを考えてみると、

神経細胞と起源を同じくする皮膚細胞の役割が理解できる。

この夜は熊本城前のクラシックな「ホテル・キャッスル」に泊まる。

11月29日(月)
10 11 29 球泉洞大石さんの運転で人吉温泉へ向う。
高速を八代で降りて、球磨川沿いを進み、鍾乳洞「球泉洞」を見学する。
山口県の秋芳洞より規模は小さいが、地底深く出現した暗黒の洞窟は不気味な感じである。
溶け出した炭酸カルシウムがつずらになって堆積している。

人吉は球磨川の上流の盆地に位置した歴史ある古都。
長い間九州山地の中心地として静かに歴史を刻んできた。
九州高速道ができて便利になり、静かで俗化されない温泉地として人気がある。
大石さんにとって、10数年前に支店を出していた町として懐かしい所だ。

10 11 29 人吉旅行 旅館たから湯この日の宿は、「旅館たから湯」という球磨川沿いの隠れ家へ。
広く手入れされた庭に建つ日本家屋はある富豪の別荘だったという。

1日5組限定というゆったりしたもてなし。
風呂。部屋。家具。そして料理。すべて最高と言ってよいだろう。
部屋に続く内風呂も明るく気持ちよい。
たまにはこんな贅沢も良いもんだね。ワインも上等。良く飲んで熟睡。



10 11 29 人吉旅行 球磨川それでも夜遅くまで3人で健康、美容について今後の展開を熱く話し合った。

来年は新たな出帆・・・果たして行く先は・・・

ボンボヤージ。



11月30日(火)
ゆったり朝風呂など入り・・霧の人吉を10時過ぎに出発。

山を越えて、五木の子守唄で有名な五木村を目指す。
ところが今はもうあの悲しい子守唄の面影は全く影も形も無い。

この村はダム建設で消える運命になっていた。
わらぶきの農家は立派に造成された団地に立つモダンな住宅に様変わり。
道路はコンクリートで整備され、川には大きな橋が何本も架けられてる。

10 11 30 人吉旅行 五木村まさに公共事業で作られた観光地開発という最悪なる代物だ。
もっと五木村らしさを生かした自然な開発ってあったはずだろうに。

挙句の果てにダム建設はここまできて中止だという。

高台の団地から昔の村跡は鍋底を見るように下のほうに臨めるだけ。


変わらないのは紅葉した周囲の山々だ。

人間の愚行を戒めるように高々と聳え立ってるではないか。
 
もう五木の子守唄を訪ねることはないだろう・・・・・・・


人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします
  




syobu828 at 16:08|PermalinkComments(9)

2010年08月01日

車両入れ替え

もうガソリン車はこれが最後、次はハイブリットかEVカーにしようと決めて
VWのニュービートルカブリオーレを3年半乗り続けてきた。

ニュービートル68歳の老人には運転しやすいコンパクトカー。
デジタルのオート装置などほとんど無いから車内はシンプルだ。
夕方の海岸通り、幌をあげればオープンウィンドから海風が頬をなでる。
2000ccながら、スーパーマーケットでは軽乗用車のスペースに停められる。
というわけで、とても気に入ってビートルを愛用してきたわけだったが・・・・・・

ビートルの最大の欠点、トランクが小さいということが困ったことになってきた。
というのは半年前から始めたデカイ楽器(ウッドベース)
これを運ぶのにいちいち幌をあげなければならない。
もし途中で雨でも降ってくれば大変である。

このデカイ奴を運ぶにはステーションワゴンに代えることになるだろうと次なる車を思い描いてた。
そこで試しにネットで「ガリバー」の無料下取り査定ってのを申し込んでみた。
まあ、その対応の早いこと、すぐに電話がかかってきて、
翌日には近所のガリバー支店からYさんという銀行員のような几帳面な人が来た。
30分ほど念入りにビートルを査定し、私の期待してた金額を提示。
さて、買い替え車は決めてますかと聞かれたので、
荷室の広いボルボV70と思ってるんだけどと言うと・・・・

10 7 31 VOLVO V70即座にパソコンで4000台以上のガリバー在庫の中から、年式、走行距離、ボディ色、レザーシートなど私の好みに合う車を捜してくれた。

年式はビートルと変わらず、走行距離が35000kmと少ない車をあまり負担のない金額を追加することで車両入れ替えは3時間で決まった。


実車を見ないで車を買ったのは初めて、Yさんと会社への信頼で決めたのだ。
もちろん整備点検済みで1年の保証も付いてる。

確かにデカイ楽器はなんなく荷室にゆったり収まる。これで安心。


50歳から18年間、たぶん平均2年位の間隔で車両入れ替えやってきたから、
ビートルの3年半はまあ長く乗ったほうかもしれない。
BMW 320  BMW 520  BMW 325ワゴン  PORSHE 940 
BENZ 380SL  BENZ 300E   BMW325  BMW Z4  VW BEATLE
9台だからやはり2年毎ということになる。それなりの事情はあった訳で・・・

しかし、新車というのは無縁です。すべて中古車。リサイクルです。
この種の車は新車はすごく高いんですが、程度の良い中古車を見つければ面白い。
しかしもういいかげんこれで卒業ということを家族には誓ってるのです。

 

7月31日(土) 
今年も直方のNさんの別荘にオジサン達が集まり、バーベキューを楽しんだ。
敷地600坪で庭は広く、平屋の10室以上ある和風住宅、檜の風呂もあり豪華別荘だ。
10 7 31 バーベキュー 中村別荘 001持ち主のNさんは仕事が忙しくあまり利用しない。
友人達に使ってくれと言ってる。その
好意にあずかって昨年も2回ほど夏休みをした。

メンバーのY君が車で直方まで3人を乗せいってくれた。
この春、会長職を辞めて定年生活を始めたY君は、ライフステーションという充実した老後を応援するNPO法人の設立メンバーとして活動を始めてる。
さらに、株式取引をはじめるために「株の塾」へ通ってる。
ボランテイアと経済活動を両立してこうという堅実な計画を実行するY君はさすがである。
良識というか堅実というか、彼のこれまでの人生成功の秘訣はこれなんだと納得。

10 7 31 バーベキュー 中村別荘 003不動産会社を経営するF君が次男を連れてきた。若いからバーベキューの焼き方を手伝ってたが、父親の友人達と飲めるなんて幸せな親子だ。
黒崎窯業でセラミックの製作やってるらしい。素直で好感のもてる26歳。
彼が車は80エステート,V70VOLVOを乗り継いでるという。

好きなことにはこだわりがあるという今の若い人のライフスタイルだ。
オーディオにも趣味があるということで、スピーカーはJBLやアルテック。
アンプも私と同じラックスマンを使ってるなんて話が合って楽しかった。

部屋に入って、カラオケ。オジサン達の演歌は早々に切り上げて・・・・
住宅設備会社を経営する30代独身のE君が得意のラップを披露した。

本物は初めて聴いたが、とにかく速い・・・僕らは口が回らないね。
オジサン達はびっくり。音楽もここまで来たか・・・・ついていけないね。
彼は経営者としてたいへん有能。そして歌も上手い。サッカーもやる。

時代の違いをまざまざ感じながらも・・これからの展望は明るいと思った。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします 

 



syobu828 at 14:58|PermalinkComments(10)

2010年01月07日

師匠

正月もあっという間に過ぎて、もう今日は7日。

元旦は初詣に愛宕神社へ出かけた。
参拝客が多く石段の下まで長い行列を作ってる。
この分では寒中2時間は待つことになりそうだ。
遠くから拝んで、門前の岩井屋さんへ入ってお茶と羅漢の玄米餅を頂く。

10 1  3  大濠公園 会社へ寄って郵便受けから年賀状を取り、
自宅へ来た分と合わせて整理する。
昨年1年間会わなかった人達もいるが、元気なことを知って安心する。

会社関係、中小企業同友会、友人、親戚と分けているが、その中に先生とお呼びする方々がたくさんいる。
私より高齢なのは自然医学の森下先生、京都大学の磯辺先生と学校時代の先生方である。
絵画の奥秋先生、ベースの間村先生、ゆなさ塾の浜田先生、漢方医学の玉那覇先生、鍼灸の安東先生、そして福大病院の先生、皆私より若い専門家の方々だ。
昨年から懇意にさせてもらってる自然医食療法の先輩、篠崎勝美さんもこの道の先生であり、師匠である。
教えを受け、相談できる師匠と呼べる人がいるのは幸せなことである。
師匠達はそれぞれの道を究めてきた達人だから。

10 1  3  大濠公園  001そう思って一人一人の顔を思い浮かべながら、200枚の年賀状を見てると、
先生と呼ばないけど、皆さんそれぞれ私にはできない特技と個性を持ってる。

例えば、あの人のような素晴らしい笑顔はできないなぁとか、あんなキレイな声で話せないよとか、あの人の歌はプロ級だとか、あの体力や走力は、あの記憶力は、あの手先の器用さは、あの気配りはすごいね、あの経営手腕はさすが、ああもう数え上げたらきりがないね・・・・


つまり人生知り合う人、皆師匠ということなんだ。

皆さんから教えられること、影響されること沢山ある。

10  1  27  大濠公園 0011月5日、福大病院へ入院した。手術前の各種検査があった。
主治医の先生、担当の看護師さん、同室の患者さん達、また新しい知り合いができた。
これからどんな付き合いが始まるのか楽しみでもある。

2週間ばかり早朝散歩はできないだろうと思い、5日の朝、大濠公園へ行ってみた。
市内の真ん中にこんな綺麗に整備された公園があるのは福岡市の宝だ。

大池を見ながら一周2キロのジョギングを楽しむ老若男女が多い。

彼らの仲間入りができるのはたぶん春になるだろうね。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします  



syobu828 at 16:35|PermalinkComments(7)

2009年09月17日

美人になる方法

9月13日(日)博多駅に近いホールでブログ「美人になる方法」
驚異的なアクセス数を上げているワタナベさんの講演会が開かれ出席した。

小生のブログの師匠、大阪の今生氏から是非一度聴いてみなさいとお勧め頂き、果たしてどんなお話なのかと楽しみにして出かけた。

09 9 17 美人「美人になる方法」というからには、なんらかの美容法ではないかと予想してましたが、それは知性を磨く内面美容法の話でした。

ワタナベさんのブログは見ていただけばお分かりですが、
なんといってもアクセス数が週に10,000を越えるという超人気ブログなのです。

今回のツアーは、仙台、東京、大阪、福岡、どの会場も満員です。
今生さんのお世話で、女性50人に小生1人オジサンが参加させていただいた。

個の時代といわれるネット時代、一人一人に語りかけるように話すワタナベさんの話は透き通るようにピュアで解かり易く感動した。
まさしく美しく生きたいという女性達の待ち望んでいたものだと思う。


その内容の一部は・・・

     人はセルフイメージ通りに生きるものだから、

     10歳までに刷り込まれたイメージを真っ白に刷新して、

     新しいイメージを書き込めばその通りになる。

     書いて、整理して、言葉にすれば脳にイメージされるのです。

     見方が変われば、生き方が変わります。

     そのためにパラダイムの転換をどうやってはかるか?

     単純な人ほど伸びている。

     自分のキャラクターを磨いて上昇しましょう。

物の豊かな現代において、心の豊かさを求める人々に

新たな進路を示すものになると思う。

2時間の講演終了後は、参加者一人一人に自筆の栞を差し上げ、
握手し激励する対応は、人を大切にするワタナベさんのキメ細かな心配りだった。

50人の参加者の中に、たまたま私共の白色粘土洗顔、ルナレーナ化粧品をご愛用いただく方が
2名も居られて、「カオリンさん」とお声をかけていただいたのはサプライズだった。
超マイナーな化粧品としては異例なことですが、これもネット時代なんでしょうかしら・・・・ほんとにありがたいことです。

 

翌日は、ワタナベさんの友人、北九州市八幡で「オンディーヌ」というエステティックサロンを主宰するマリエさんを訪ねるというので、小生が運転していくことになった。
受付や会場設置などサポート役を引き受けてる奈良の「チャーバーさん」も一緒に車の中で女性同士の話しは弾む。

09 9 17  ピアノのある部屋マリエさんのHPやブログを見ていただけばお分かりになりますように、
この道一筋20年来研究を重ね、マリエさんのサロンは多くのファンに支えられてる。
志を高く掲げ、幾多の困難にも負けず、持続することが成功の秘訣だと教えられた。
とにかく、マリエさんのお肌の白く、透明できれいなのはHPの写真のとおりです。

ワタナベさん達の長い講演旅行の疲れを癒そうと、お昼は洋風野菜料理でもてなしてくれた。
マクロビ実践中の私にとっても嬉しいランチだった。

なんとかやっとでブログを続けてる小生にとって、
皆さんの話を伺ってると、これがまさにネット時代の醍醐味なんだと勉強になりましたね。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします 



syobu828 at 07:30|PermalinkComments(21)

2009年05月16日

藍染のシャツ

先月、福大病院に入院した時、田中裕二さんとは同室だった。
私は首のリンパ節ガンの手術だったが、
田中さんは飛行機がエアポケットに入り急降下し、耳の鼓膜を傷めた。
安静が必要ということで入院したが、すぐに良くなって退院した。

田中さんは藍染の工房をしてるということで、
この仕事にかける情熱を熱〜く語ってくれた。
40代の後半、化粧品の試作に夢中になってた自分を思い出して、
この年頃が一番元気で仕事ができる時なんだよなぁと思った。

興味あったので、退院したら伺いますと約束してた。
さっそく若者の街、大名にある真空館という店へ出かけた。

真空館外観こだわりの藍染ワークウエアの店だけあって、外装も内装も
田中さんが手作りしてる。凄く個性的であります・・・・
メンズの藍染ジーンズやTシャツ、ポロシャツ、スカーフ
田中さんが工房で染め上げた製品だけを扱う店なのだ。

藍染の染料はタデという植物の葉を醗酵させて作る。
甕(カメ)に入れた藍に木綿の衣服を漬けては洗い乾かすという作業を
14、5回も繰り返し、濃い深みのあるブルー色に染まるのだ。
まさに染め職人の磨きぬかれたである。



真空館店内長袖のシャツを気に入って買い求めた。
濃いブルーと黒が入り混じった味わいある出来上がりである。
天然染料、藍染は使い込むほど良い色合いになり、
着こなすほど柔らかな肌触りになっていくそうです。

タデの葉は藍色色素の原料となる他乾燥させて、解熱、殺菌の漢方薬としても用いられるそうです。


そういえば、病院で喉のうがいに使ってたアズレンという薬は
カモミールというハーブから抽出される紫色の色素だ。
うがい薬の他、胃腸薬、軟膏、化粧品にも配合され
炎症を抑え、傷を修復する働きがある。

黄色の花を咲かせる西洋オトギリ草は
やさしい殺菌力がありキズ薬に使われる。
セントジョーンズワートというのが本名だそうで、
気分を明るくする抗ウツ薬として、この頃話題になってるハーブだ。

植物色素の代表といえば、緑色の葉緑素(クロロフィル)
日光を吸収して、エネルギーに変換し、CO2を吸収して酸素をつくる。
森林の緑はエコロジーの担い手である。


今津干潟 2009 5国際自然医学会の森下医博は植物色素で
血液がきれいになると言ってる。

葉緑素アントシアニン(バラの花や紅葉)などの植物性色素は、
抗がん性の働きを持ってる。

それはこれらの色素が体組織の
酸化還元機転を高め、浄血を招くからだ」



ヘラサギこの冬、クロツラヘラサギを探して何回も行った西区の今津干潟。

この干潟に近い県立玄洋高校に孫がこの4月から通うことになった。

正月に一緒にバードウオッチングに行った男の子だ。

動物や鳥が好きだから・・・生物学をやればなんて言ってるんだけど、

さ〜てどんな大人になるんだろうかな?

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします
 
 



syobu828 at 21:05|PermalinkComments(10)

2009年01月09日

旧友からの年賀状

今年の箱根駅伝も5区の山登りで大逆転があった。
昨年、駒沢大学を山登りで追い越して往路優勝した早稲田
今年は東洋大の柏原選手に大逆転されてしまったのだ。
東洋大の柏原選手柏原選手はこれまで無名の1年生。
「山の神」今井選手の記録を大幅に破る新記録を打ち立てた。
小田原でタスキを受けた時は先頭と5分遅れの8位。
誰も首位に立つなどと予想もしなかった。
奇跡的な快挙は見てるものを感動させる。
ここ数年、正月に箱根駅伝を楽しみにするのは、
きっと元気をもらえるからなのだろう。



3日は晴天。孫とバードウオッチングの約束してたから、西区今津へ。
オオサギ 和白 09.1.あいにく小潮の満潮で、干潟が少ない。
お目当てのクロツラヘラサギは見当たらない。
アオサギ、コサギ、マガモ、ハクセキレイ、そしてカワセミの飛ぶところを見た。
午後からは、都市高速を使って和白干潟へ行った。
和白で、オオサギ、ツクシカモ、都鳥を写真に撮る。

生き物好きの孫は鳥の図鑑で見て名前を知ってたから
実物をフィールドスコープで捉えて興奮している。
この頃の子供は携帯電話やパソコン、ゲーム機などに慣れてるから、
デジカメなんかはちょっと教えるとすぐにのみ込める。
ミノルタの重たい「一眼デジ200ミリ望遠」を気に入って使いまわしていた。


高校の同級生だったS君からきれいな年賀状をもらった。
S君の家業は100%乾燥した空気を造る器械の会社。
PC基盤の製造や精密機械の製造には100%乾燥した空気が必須なのだ。
彼は時代の要請に答え、この会社を大きく発展させた。
昨年子息に譲り、今は悠々と会長職をやってる。
S君は真面目で秀才、W大の理工学部へ進んだ。
高校3年の時、未だに「喫茶店へ行ったことが無い」なんて言うんで、
小学校の友人で喫茶店をやってる0君を紹介した。

S君の絵手紙 ラベンダー畑どうしたものか堅物のS君と
軟派な0君はすっかり意気投合し、
今でも東京へ行くと3人で
新宿のごちゃごちゃした酒場で飲む。

硬派と思ってたS君が
こんな繊細な絵手紙を描くということは、
彼には昔から絵心ってもんがあって、
柔らかいところもあったんだなぁ〜

  その年賀状には・・・・・
  「ラベンダーの咲くころ、北海道は旭川の南、
  美瑛(ビエイ)というところへ行ってみたいと思ってます。
  それはそれは気分のよいところです。」
  と記されてる。

化粧品をなりわいにしてる小生としては、
ラベンダー、カモミール、ローズなどハーブは関心のあるところ。
九州のラベンダー畑はこんなに広く見事ではない。
一度北海道旭川「美瑛」へ行ってみたいものだ。


S君と机を並べた時から、あっという間の50年だった。
今、同じ年頃になった孫と野鳥を追いかけてる。
これからこの子は何に夢中になり、
どんな人生を生きるのだろうか?
それは彼が自分で選ぶこと。

おじいさんは余計な口出しせず、
ただじっと見守るよりしかたないね・・・・・・・・・。

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします



syobu828 at 08:31|PermalinkComments(10)

2008年05月01日

GW始まる。

5月1日、今日は暑いくらいだ。いよいよGWが始まった。
この季節、暖房も冷房も要らない。
一番気持ちの良い季節。
風はさわやか、若葉の緑があざやか。

夫婦米先週、百姓倶楽部の大ちゃんがお米と野菜を持ってきてくれた。
昨秋、脱穀の体験をさせてもらった田主丸の有機農業のお米だ。
田主丸から福岡へは、高速で1時間。
農業体験などで、彼の作る米のファンが福岡市内に増えている。
生産と消費をダイレクトに結ぶ、元気な農業を実践してる彼は元気で笑顔。

米は日本人の食の基本、米と野菜、少々の魚でほとんど栄養はまかなえる。
彼らのような革命によって、補助金政策や農協を脱皮して、
日本の農業も自給に向かっていくといいですがね。
先日コメントいただいた「ガンちゃんのお米・漢方米」も評判のようです。


結婚の挨拶小生のブログの師匠であり先達、
福岡のブログ界で達人といわれてる笑顔整体の院長、副院長が結婚した。
「おめでとうございます」とお祝いの手紙を差し上げた。
お互いの才能を発揮して、協力し、幸せな夫婦になってくださいね。
とてもかわいい、洒落たお茶を送ってきた。
机の上に飾って、眺めてると、彼らの姿が目にみえる。


20日にタイへ帰って行った姪から、メールが入った。
大学には、日本語のワードソフトが無いらしい。
小生に読めるように易しい文章で書いてきた。

Dear Ojisan,

Thank you very much for your kind take care us
during in Fukuoka.
This mail is sent for testing this e-mail address.
It can not be written in Japanese. However, you
can sent mail to my mother.

I searched the ingredients of rose oil from journal..

I will test the rose water next weeks. I told my student
to change her project topics and she will do the research
about rose water and rose oil products. It's a good new
for me.

I will call to you to talk in details again.

Sincerely Yours,
Gatai

ROSE WATER の分析は来週。
結果は後日詳しく送るということらしいね。




TINA AUDIO今朝、沖縄のTさんから、「TINA AUDIO」のスピーカーが送られてきた。
TINAは別格だから、毎年沖縄へ音を聴きに行くのを楽しみにしてた。
夕方、小生の真空管アンプと繋いでみた。

たった16cmのスピーカー1個なのに、高音から低音まで滑らかに連なる。
部屋全体に音が広がるのは・・・・いったいどんな構造になってるんだろうか?
とにかく、この連休はじっくりいろんな曲を聴き直してみよう。

スピーカーが違うと、「こんな曲があったんだろうか」という
新しい発見があるもんです。
演奏者のボソボソ言う「ひとり言」や息づかい、足音なんてのが聴こえると、
CDやLPにはいろんな音が入ってるもんだと驚く。


では・・・皆様楽しいGWを・・・・・・

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 02:17|PermalinkComments(12)

2008年04月14日

マンションを改装

熊本のOさんが、20年来住んでるマンションの内装をやり変えて、
きれいに出来上がったというので、見学がてら出かけた。

0さんは趣味が良い、こだわりの人だから、さすがコンパクトで見事な出来栄え。
驚いたのは、床が桐のフローリングなのだ。
和服は桐タンスにしまうくらいだから、桐は健康に良いんだろうね。
水前寺の緑に囲まれた静かな住宅地、川の水音や鳥の鳴き声が聴こえる。

Tannoy Oxfordご自分のライフスタイルに合わせて、
改装するのは素敵なことだよね。

Jazz好きOさんの所有、英国の名器、
タンノイ(TANNOY)1980年の音を存分に楽しんだ。
クラシック向きっていわれてるけど、なかなか力強い、高音が伸びる。


改装して広くなった部屋の音響効果がとても良いと思った。
やわらかな桐の音響効果だろうか。

水前寺から江津湖のほうへ散歩して、夕方は上通りでビールを飲む。


ホテル オークス熊本は、もう30年前から、宿はホテル・オークスに決めてる。
大きな樫の木が目印、上通りの裏、熊本城まで歩いて1分。
最近改装して、部屋はきれいで広い、家具も良い、食事も良い。
そしてなによりホテルの人達が皆さん親切で感じが良いんです。
「じゃらん」で申し込むと、なんと朝食付きで¥5250とはとても信じられない。
東横インもかなわないですよ・・・・・
熊本へお出かけの時は・・・・お薦めします。


静物画 08.4.12翌土曜日は、パステルで静物画を描いた。
最近、何回かトライしてるけど、なかなか納得いくように描けない。
絵は難しい。見たものをどうデフォルムして表現するのか。難しい・・・・ね。




夕方、美容院・デコラリゾートの松本さんを「ゆなさ塾」の浜田先生と一緒に訪ねる。
東区の奈多は輝葉地区の埋め立てが進み、
お洒落なイタリアンやフレンチの店が増えて、これから楽しみな街です。

早速、先日試作した、スパニシュ・レッドのクレイ洗顔を手渡す。
50〜60代、「熟年を美しく・・・」を目指す方々に、使っていただき、
皆さんのアドバイスによって、完成させようと考えています。
松本さん、浜田先生に、開発メンバーに入っていただくようにお願いし、OKを頂く。

何か良い名前はありませんか?と言うと、
「Dramatic Rose」なんてどう・・・と松本さん。さすが速い。
熟年にとって、大事な要素。ドラマティックということ。
Spanish Redにぴったりかもしれません。

DRAMATICO ROSE  (ドラマティコ ロゼ)・・・・・・・・

 

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 00:38|PermalinkComments(9)

2008年02月28日

温泉ソムリエ

ソムリエといえば、ワインのソムリエは有名であるが、
昨年の農業体験では「野菜ソムリエ」という若い女性のお話を聴いた。
野菜にもひとつひとつ性格と効能があるのだ。

露天風呂近頃のソムリエブーム、今度は「温泉ソムリエ」である。
地域新興の事業として、温泉地の活性化を目指し、
新潟県の赤倉温泉で始まった制度。

『温泉ソムリエ』とは・・・
健康増進のための温泉入浴法を指導する指導員である。
そのため には、温泉そのものの基礎知識を習得するとともに、
個々の温泉の特長を把握し、 周辺の自然環境も把握し、
的確な入浴法 を指導しなければならない。
温泉療養にあたり、『ウォーキング』『健康食』等も組み合わせ、
温泉を活かした 総合的な健康プログラムを習得しなければならない。

この度、温泉ソムリエの資格を取得した、
群馬県前橋市、白牡丹化粧品の佐脇寛美さんからメールをいただいた。

その内容は・・・・
> 温泉には、肌の角質をとったり毛穴の汚れをとったりする効果があるものが多いのです。
>石鹸やクレンジングオイルでは、強すぎて逆に肌をいためてしまうことになります。
その点、肌にやさしい、刺激の少ない粘土洗顔は、温泉入浴時の洗顔に最適だと思うのです

なるほど、わが意を得たりとばかり、返信メールを送った。

>美肌効果があるといわれる温泉には、メタ珪酸という成分が含まれていて、
>天然自然な洗浄作用があるのです。
カオリンという粘土も珪酸とアルミナの化合物で、汚れを吸着する働きがあるのです。
メタ珪酸もカオリン粘土も、珪酸化合物の仲間で、地球からのやさしい贈り物ですね。


大宰府の梅寒い冬に、温泉に入るのは天国である。
今月は、原鶴温泉スケッチ旅行と昨日の二日市温泉日帰りと
近間であるが、2回も温泉へ行くことができ、とても体調が良い。



 

大宰府名物 梅が枝餅妹の友人が、羽田を朝一番機で飛んできて、
二日市温泉に浸かって、大宰府宮を参拝、梅の花を観て、
天神でシェービングエステ、元気になって、最終便で東京へ帰っていった。
自営の仕事をしてるので、休みは週に1日しか取れない。
気さくで明るい人柄、身軽で旅なれてる。
それにしても、63歳、オバサンパワーは恐るべし・・・・
妹達の関心ごとは・・・美容と美味しいもの・・・

平日に出かけると、どこでも女性は男性の10倍は居るように思う。
温泉でも、男湯はたった3人と閑散だったものね。

これで、「平和な時代」なんだよね。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 16:28|PermalinkComments(8)

2007年03月11日

カナダからの手紙

旅に出るときは、読みかけの本を1、2冊バックにしのばせておく、
乗り物の中でパラパラと拾い読みしてるうちに眠くなり、
夢うつつの間に目的地に着けるという点で、
新幹線は車の運転より楽な旅になる。


前回、珪藻類は他のものへ進化することもなく、
より大きなものに進むこともなく、
他者のために光の贈り物を作り続ける。
と書いたんですが、
それは彼らが無性生殖という方法で分裂して増え、生き続けてる
不老不死のクローンってわけだからなんですね。

それに対して、我々を含めて多細胞生物ってもんが進化して
生まれてきたのは、有性生殖という方法。
つまり遺伝子を組み合わせる方法を考えついたからだ。
遺伝子を混ぜ合わせれば組み合わせは膨大になるし、
新しい環境に適応できるいろんな種類の生き物ができるからね。

サケの産卵生物は性を獲得して、新しい個体を作れるようになったから、
死んでもさしつかえないようになった。
無性から有性になるまでに10億年くらいかかってるらしいけど、
進化するためにセックスを獲得して、同時にというものも獲得した。

春になって、あちこちで花粉が舞い、花粉症で困ってる人が多いようだけど、
一本の杉の木が作り出す何千万個という遺伝子が空を染め、
風で運ばれるという生き残りを賭けた膨大な博打と浪費。
一方水中の世界では、サケの雌は川をさかのぼり何千万個の卵を産む。
水中を白く染める億単位の白子という雄の精子数。
有性生殖ってのは天文学的な卵子精子の死とひきかえに、
これまた天文学的な数の遺伝子暗号を守るために行われる性の饗宴か。

長さ100分の5ミリという精子が4時間かけて泳ぎ、
何億分の1という確率で卵子に到達するという長旅の結果、
我々は生まれてきたわけだもの。
すべての動物の雄雌遺伝子は海水と同じ組成の液体の中を
猛烈な勢いで泳ぎきり、結合することになってる。
ロケットを月に向けて打ち上げるのも凄いことだけど
生きるってことはもっとスゴイことなんだ。

というわけで、ウツラウツラしてるうちに今日の目的地に着いたようだ。
今夜の宿にチェックインして荷物をほどく。
(株)トレノス小泉社長の主催する化粧品店経営研修会に今年も参加する。

西新宿の高層ビルから春の午後、西新宿の高層ビルのレストランから
広大な海原のような東京の街を眺め、
小学校からの友人、Y子さんと食事しながら、彼女の近況を聞いていた。
10年前にご主人を亡くし、未亡人になってしまったが、
一年の半分をカナダの友人の家や台湾の娘の元で暮らし、
半分を生まれた街、東京の下町で暮らすという。

愛する人や愛する土地を求め旅する彼女は
とても65才とは思えないほど若々しく美しい。

「それではお元気でね。カナダから手紙を書くわよ」と言って、
Y子さんは人込みの中に消えた。
しばらく後姿を目で追う。
お元気でさようなら、また会う日まで・・・・

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 12:58|PermalinkComments(11)

2006年12月19日

忘年会

12月になると、皆さん職場や友人の忘年会で忙しいでしょう。
この一年の区切りをつけるため?
この一年生きてこられた感謝なのか?
この一年の嫌な事を忘れるため?
いろんな思いはあるだろうけど、忘年会は盛んなようです。
大勢が集まる会もあるけど、気の置けない仲間10人くらいの会がゆっくり話せて楽しい。
二人だけの忘年会なんてのも、しんみりと過ぎ去ったこの一年を振り返る。
私も誘われると断らない性質なので、何回か。
連日ということもあり、だいぶ今月は酒量が上がった。
今年の憂さを晴らすより、来年への希望という望年会のほうが健康的。

12月17日(日)神戸にて、「関西美肌革命同志会 忘年会」というぶっそうな名前の会が催された。
なんてことはない、今年私が大阪、神戸、京都で親しくさせていただいた方々が集まって飲もうという忘年会なのである。
3年前、たった4人で始めた会であったが、ネット時代だろうか?
同じ趣旨の人達がこの日14人集まった。ブログのオフ会のようでもあった。
何人かのメンバーをご紹介いたします。
よろしければ、アクセスしてみてください・・・・・


アトピー性皮膚炎これで治る洗顔に石鹸不要論を堂々と世界に向かって発表。
アレルギー科、皮膚科、内科、さらには老人医療など
幅広い分野で業績をとげている。
いそべクリニックの磯辺院長さん




主治医はだんなさま妻を死の病から救った夫、テレビ朝日の特別番組「ガン戦争」に
二度登場した南一雄さんは日本WHO協会の理事
世界保健機構(WHO)憲章の精神に基づき、
世界及び国内の人々の健康増進と保護に取り組んでいる。


 


ネットでタコタコもと芦屋夫人、会社が倒産、
旦那さんが失業そして残ったのは借金。
そこから独学でホームページを学び、現在WEBデザイナー
たこ焼き子さんこと、中島美佐穂さん

 


吉武京子さん2004年関西初の女性専用お顔そりサロンを経営。
「ヒトの細胞は破壊と建設」この言葉にひかれて、
素肌美づくりにたずさわった佐世保生まれ独身の
美人社長。Kフリーの吉武京子さん

 

富岡一葉さん美容の仕事を独立して15年。
大手化粧品でエステティツク技術を教えていた。
「外見だけでなく、人の内なる輝き、美しさを引き出したい」
アロマセラピーサロンを経営。
この秋、お顔そりサロンも併設した。
良妻賢母を目指すアンフィーユの冨岡一葉さん

 

かりんとうさんお嬢様育ちゆえに世間知らずで離婚、シングルマザー暦数年。
書いて過ごしたい!を実現するために、自宅で小さな出版社
かなえ出版」を設立。本業はお父上の病院のスタッフです。
オリジナル名刺小冊子の作成、年賀状、挨拶状、案内状、
写真編集の作成もいたします。
かなえ出版の代表 「かりんとう」こと山崎香織さんと愛娘の芽実ちゃん


それから、関西で活躍する理容師さんの藤島さん、永井さん、大森さん、山口さん。
理容師さんたちにも、臨床の医療の話は通じるものがあったと思う。
人に安らぎをあたえるという援助者としての働きは共通している。

あいにくの雨で、神戸のイルミネーションは楽しめなかったが、
二次会まで5時間ほど、よくしゃべり、よく飲み、楽しい忘年会でした。
夢中になって集合写真を撮るのを忘れてしまった。
やはり、年かな?
そして、また年をとるわけだ・・・・・来年もよろしく 神戸で会おう

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
ここをクリックお願いします 

 



syobu828 at 23:52|PermalinkComments(10)

2006年10月01日

守・破・離・

9月26日、中小企業家同友会の中堅社員研修会で、
株式会社ボストンーナイン川本社長の講演を聴いた。
ボストンーナインは創業29年になる福岡のアパレルメーカーです。

ボストンナイン直営店 天神西通り1960年代一世を風靡したVAN(50〜60代の男性には懐かしいアイビールック)の解散後、
川本氏は福岡に戻り、VANのながれをくんで、ベーシック、トラッド、ナチュラルをベースに、
時代の流れを上品に取り入れた「良質な日常着」を提供してきた。

「服」はその時の気持ちを一番表現しています。
一番肌に近いから、人の気持ちを左右します。
美味しいものを食べると元気が出るように、
自分の気持ちを高めるような素材とデザインの「服」を着たら毎日がハッピーの連続です。
衣も食も住も素材が命です。
これを選定し、どう生かすかがプロとしての腕の見せ所です。
と川本氏はものづくり人間としての熱い気持ちを語った。

「方針を実行するための基本姿勢として、守・破・離・を定義する」という会社の理念に、
同じ目標に向かって社員と共に邁進する川本氏の姿勢を見た。
要約すると次のようになります。

守・破・離・とは、物事を学ぶ時の最も大切な基本姿勢です。

第一段階のとは、師匠の教えをそっくりそのまま忠実に守ることです。
師匠がどのような考え方、態度、姿勢をもっているかを、そっくり学ぶことです。
もし、初心者でこれを疑い、批判する人がいたら、
その人は学ぶ気持ちが無い人であり、絶対に向上も発展もありません。

第二段階のとは、師匠の教えをすべて自分のものとしたうえで、
新しい工夫と努力を加えて、師匠の教えから成長していく段階です。

第三段階のとは、工夫と努力によって、師匠の教えから脱皮し、
さらに修練を積み、自ら一つの境地を築きあげる段階です。

最も大切なことは、が完成したら、さらに高いレベルに進むために再度、に戻ります。
原点に帰るということです。

いかがでしょうか。武道、茶道、華道に限らず、
仕事においても先人達はこうやってその道を究めてきたのでしょうね。

講演の後で、川本氏と二時間程ゆっくり歓談する機会を得た。
川本氏は30周年を迎え、原点に帰り、培ってきたことをもう一度見つめ直し、
時代の風をうまく取り入れたものづくりに挑戦していきたい。と抱負を語った。

化粧品を作り始めて15年、二代目社長にほとんどバトンタッチして、
ホットしている私ですが、ここで、原点に戻って、
新しい分野の開拓をしようという気持ちが湧き上がってきました。
守・破・離→守・   原点回帰の時が来たのだと・・・

化粧品の中で、スキンケアというのは、フランス語ではトワレと言う。
トワレの語源はtoile(トワル)で、布、リネンを意味します。
化粧品は絹や木綿のように肌にやさしい肌着を目指すべきだと思ってきた。
まさに服飾の世界と隣りあわせだったのですね。

「服」づくりの達人に教えを請い、お互いの技を出し合って、
この福岡の地でコラボレーションできたら、という夢を想った。
頬にあたる風がさわやかな秋の宵でした。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
ここをクリックお願いします



syobu828 at 01:05|PermalinkComments(14)

2006年06月10日

レンコンの話

我々年代の若いときは、カラオケ、カラーTV、PCなんてものが無かったから、楽しみは映画やレコード、小説を読むくらいで、お酒を飲みながら洒落た小話をするなんてのもありましたね。

男は誰でも得意な話があって、またあの話なんていいながら、だんだん磨きがかかって上手くなるので、何回聞かされても可笑しい。
だいたい話の上手い人ってのは、本人は大真面目で決して笑わないね。

蓮根先日、友人のMさんと昼飯を食った。
見かけは人の良さそうな紳士である。
彼の得意技はレンコンの話
レンコンおじさん言われる位、
これ一筋に20年以上、筋書きに凝ってる。

 

レンコンの話の荒筋は・・・・

私んとこの会社はロータリー商会って言いまして、
親父の代から、レンコンの穴開器を製造してますが〜
ほら、レンコンには穴が開いてるでしょう。
真ん中に一つ、回りに九つ、合わせて十個の穴が普通の型なんですがね・・・

皆さんレンコンは食べるばっかりで、多分ご存知ないとおもいますがネェ?
泥田の中に植わってる蓮の根っこをきれいに洗って、
ウチのロータリーで穴を開けてやるんですよ・・・
エエ、やわらかいドリルのようなもんですが・・・10個の穴をです・・・

そいから、やわらかい砂地のなかにそっと寝かせて置くんです・・・
2〜3ヶ月経つて、砂の中に手を突っ込んでみると、
これが丁度食べごろになってるんですね・・・さわってみりゃ分かりますね
ぬくもりってやつですかね・・・・

そこで、隣に座ってる若いお嬢さん、
エエッ!!レンコンって穴をあけるわけっ!知らなかったぁ〜

Mさん。しごく当たり前といった顔して、指をグルグル回し穴を開ける仕草。

あらっ このレンコン、穴が8つですが?

あっ、それは名古屋式なんですね。縁起が言いなんていわれてますが・・・・

Mさんの名演技で、大方の若い女性はおかしいなぁ〜と思いながらも、
レンコンの穴開器なるものを信じてしまうそうです。彼の話が上手いのもある。

家に帰って、母親から、「バカだねぇ この娘は そんな話に乗せられて、あきれたよ」
となるのだけど、料理したことない若い女性が多いこの頃、
まして泥のついた蓮根なんて見たことも無いという盲点をついた小話かもしれない。

ところで蓮根の穴。泥田のなかで窒息しないように空気を溜めておく為。
アクアラングのシュノーケルみたいなものを工夫した植物もめずらしい。

蓮の花 越沢 治氏の写真蓮根は根菜でサクサクして歯ざわりがよいし、
粘り気もある。
先日、蓮根入りのハンバーグを食べたが
和風で美味しかった・・
熊本のカラシ蓮根もピリッと辛くて旨い。
蓮根はビタミン、ミネラル豊富で、
風邪の予防など健康食だという。


蓮の花の写真を、福岡のアマチュア写真家 越沢 治氏から、頂きました。

あのレンコンとはかけはなれた、幻想的な美しさです。

菖蒲の花が終わると、夏が近い、お城の濠の蓮の花が咲くのもその頃。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 18:28|PermalinkComments(32)

2006年04月30日

長崎帆船祭り

長崎帆船祭り 海王丸GWの初日、長崎帆船祭りへ行ってきた。
先週、blogで知り合ったS君のページに
「帆船を見に行きたいんですが誰か一緒に行きませんか」
というお誘いの書き込みがあったので、さっそく、
「私も帆船の写真を撮りたいので、同行しましょう」とコメントを入れて約束成立。


ネット時代の出会いだろうか?
親子以上に歳の違う23才のS君と60代半ばの私であるが、
船や海が好きという趣味が同じ者同志、どんな旅になるか前日から楽しみであった。
S君の積極性にとても好感が持てた。
聞いてみると、「好奇心が旺盛なんです」という。
若者にとって一番大切なこと。
出会いは何か新しい事や発見があるものです。

連休の混雑を予想して、朝8時に大橋駅で待ち合わせ出発、
案の定、有田陶器市へ出かける車で、高速道路は渋滞気味だったが、
途中S君に運転してもらい、2時間程で長崎へ着いてしまった。
坂の街、長崎の道路交通は最近、整備されて便利快適になった。
市内にトンネルを掘り、高速道の終点は港の前(出島)に出るのだから。

長崎帆船祭り 観光丸
港には日本丸、海王丸をはじめ、ロシア、韓国、中国の大型帆船が7隻。
船内を公開して見学できる。港内の体験航海も有る。
子供連れのファミリーでにぎわっている。
子供達は目を輝かして大きな舵をにぎったり、太いロープを引いてる。
なにしろ、風の力でこの大きな船が動くのだから・・・


海王丸 甲板日本丸、海王丸は船体の長さ100m、幅13m、2200トン、船底は深く4階建てのビルほどの深さ。
船内はピカピカに磨き上げられ、チークのデッキは木目が美しい。
商船大学の生徒達が乗り組んで世界を周航してる。
船乗りを目指す彼らは規律正しく、フレッシュな若者達だ。

 

長崎帆船祭り ヨット体験クルージングヨットの体験クルージングに申し込んだ。S君は興味ありそうだ。
長崎のヨットオーナー達が、ボランティアで協力している。
「白鯨」というフランス製35ft(11m)のクルーザーに乗せていただいて、長崎港内を体験クルージングした。
30年前、私も博多湾でヨットをしてたので、白鯨のオーナーと船仲間の消息など、昔話をした。
頬をつたわる潮風が心地よい。海から眺める港の祭り。

船の大きさ、装備はあの頃より数段良くなっている。
韓国のフサンまで行ったことなど、航海誌を聴いてると、叉船に乗りたいという気持ちが高まる。

ところが、船は1人では動かせない。チームワーク。人間関係。
コミュニケーションが悪いと、場合によっては命にかかわることだってある。
30年前、船を売って、今の仕事を始める資金にした。
いつかは叉海へ・・という欲求は時々頭をもたげたが、
「会社や家庭も陸に浮かぶ船と思い、波も嵐も皆で協力して乗り越えてきたんだから」
困難に出会ったとき、いつもそんな事を思ってきた。

人生を航海に喩えることは多い。
大切なことは、針路をきめて、舵をしっかり握っておくことだ。
どんな嵐も時間が経てばおさまるものだから・・・

帰りに、HAPPY魂ハワイちゃんの働いてるタイ料理の店「Osha
軽く飲んで、美味しいタイ料理を食べた。
S君をハワイちゃんに紹介した。
同じ年らしく、若者はすぐ仲間づくり、S君の世界が広がる。良かった。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 12:35|PermalinkComments(15)

2006年04月23日

ふれあい

今週は一度も家で夕食をとることがなかった。
というのは、会合や知人との会食が続いた一週間だったから。

月曜 事業継承研究会(天神ビル) 創業者と二代目の会
火曜 高知と伊勢から来ていただいた20年来の友人であり、お客様。
水曜 バンコックから遊びにきた姪夫婦  
木曜 異業種交流会の発会式(ホテルオークラ)
金曜 友人の創業25周年式典(山の上ホテル)

そして、水曜の昼はBlogで知り合った明石市の葉っぱさんを博多駅に迎えに行き、天神のソラリア店と昭和通りのサロンに案内し、午後は会社に来ていただき、葉っぱさんのお仕事の新計画について話し合った。
近日中に、兵庫県明石市にルナレーナサロン誕生いたします。

仲間が久し振りに会ったり、また遠方から訪ねてきてくれるというのは、嬉しいことで、握手したり、手を取り合って再会を喜び、話は弾み、心のふれあいを感じるものである。

日々、私達はいろんな方法で人とかかわりあつて生きている。
コミュニケーションということですが、たとえば手紙を書く、メール、電話。
会って話す、声の調子を聴く、相手の表情を見る、しぐさを観る、さらに化粧や香水の匂い、相手が愛しい人ならば抱きしめるという具合になるようです。
このような関係がうまく運ぶと、私達は「ふれあい」という言葉で表すのですが、
実際のところ、体に触れるのは最後の抱きしめるということだけで、他のすべてはある距離を保って行われている。
それでも、「触れ合い」という言葉を使うのはどうしてなのだろうか?

これは、体の接触がコミュニケーションの最も根源的な形であると、無意識のうちに認めてるからです。
根源的ということは、話すことや書くこと、見ることや匂いをかぐこともできず母親の胎内に1人でいた時には触感だけが頼りであったからという意味なのです。
2歳〜3歳くらいまでは母親の身体と直接に触れ合うことが必要であり、そのことが後になって無意識に深い影響を残すのです。
幼児はしっかり抱きしめてあげなさいということを聞いたことがありますが、たしかに親密な触れ合いによって、幼児は安心という幸せに満たされるのです。

子供が話し始めると、感じることを言葉で伝え合うことができるようになり、過度の接触は息苦しくなり、独立心が芽生え、親離れするのです。

ところが大人になっても、あの平穏と快楽に満ちた幼児期の触れ合いは忘れられない最強のコミュニケーションであり、その人の人柄や情緒、人間味を形成する要因になる。
結婚、育児、晩年になっては孫という具合に「触れ合い」という愛情をいかに上手にコントロールしていくかが人生の鍵なのではあるまいか。

近頃、癒しという言葉が流行している。
複雑に交錯する現代社会、過密な都市生活、機械化された人間味の乏しいシステムによる緊張とストレスの中で、触れ合いを求める人達が多いというのも頷ける気がする。
そのために、病院にかかり医師や看護師さんに触れ合いを求める人。
マッサージ、整体院、体操、エステティックサロンなどなど。
そして、ペット産業の隆盛、犬や猫に触れ合いを求める人達。

私の仕事の関係でも、シェービングサロンや粘土のマッサージを取り入れる形態が増えている。化粧品という物よりも癒されるという事を求めてる方向なのかと思ってます。
美しくなるお手伝いをするという助力者の心を持って、手から愛を贈るという気持ちが伝わったとき人と人の自然な関係が成り立つようです。
毎日、業務日誌をメールで読ませていただくのですが、温かい心のふれあいに包まれて働く生き生きした姿を想いうかべるのです。

ナラ レオンボサノバのミューズ(女神)といわれた
NARA LEAO(ナラ レオン)の歌声にふれあいを感じて・・・・・
かの名曲「アマゾナス」 荘厳で清清しい。




皮膚と脳は繋がっている。発生学では同じ外胚葉由来なのです。、故に、皮膚はセンサーであり「皮膚は考える」傳田光洋著という本を先月ご紹介しました。肌と心について、とても興味深い著作です。
本日、著者の傳田先生からコメントをいただきました。

「皮膚は考える」書いた人間です。ご紹介ありがとう存じます。
GWにフィラデルフィアで「感覚と心のインターフェイスとしての表皮」という講演をします。
経絡の図でも出そうかな、と考えたのですが、まだ早いですね。
帰国したら鍼灸のセンセと対談します。「ホヤに経絡はあるんですか」
「皮膚は考える」は私のなかではもう古い。
あそこで書いたことをはるかに超えて「皮膚は考えてる」。
まだ書けないのが残念ですが
皮膚は脳より頭(?!)良いんじゃないかと思います。

Posted by でんだみつひろ at 2006年04月25日
 
人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら
 
ここをクリックお願いします 


syobu828 at 03:16|PermalinkComments(30)

2005年11月21日

40年振りの同窓会

先週の月曜日、大学ゼミの同窓生が銀座の中華料理屋に集まった。
今までに何回か同窓会はあったのですが、私は福岡へ越したため出席できず、今回40年振りに旧友達に会うことができた。

ゼミは経済学部金融論だった。
地方の秀才達の卒業後(1965年)は、皆それぞれ大手企業に就職し、いわゆる高度経済成長時代、海外転勤や単身赴任を経験し、家族を養い、仕事一筋に働いてきた。
丸の内、銀座、新橋の隅々まで知り尽くし、60才で定年。
今は悠々自適、趣味の音楽など好きなことをやってる。
髪は薄く、白髪、顔のシワは深くとも、若き日の容貌の面影は残る。
しばらく話すうちにそれぞれ変わらない個性。
40年いろんなドラマがあったんだなぁ〜。

それにひきかえ受験の勉強もせずに付属高校から上がった私は、たった3年で会社を辞め、東京をあきらめて、福岡へ移り住み、小商いを始めた。
福岡の人達の温かい人情に助けられ、これまでなんとかやってこれた。
自営業の定年は自分で決めるよりしょうがない。
「一番勉強しなかったおまえが一番元気じゃあないか」といわれて、
なにかまだ青臭い好奇心があるのかなぁと思ってしまうのです。

不良定年本屋さんの棚には、老年関係の案内本が山ほど揃っている。
老化防止というよりアンチエイジングというと格好良くきこえる。
嵐山光三郎の「不良定年」によれば、「不易流行」不変の価値を持ちつつ流行に身をゆだねる、これをわかりやすくいえば老人は不良でなければ生きていけないことを自覚しようではないかと力説している。
わが道を行き、他者と自分を比較しないことなど「不良定年100ヶ条」をあげている。

たしかに老化の自然な成り行きを阻止しようというあらゆる努力にもかかわらず、体力は衰え、物忘れ、シワ、シミが増え容貌はかわっていく。
このような衰えの多くは生物としての不可避ななりゆきなのだ。
老化の目に見える兆候は、風、寒冷、紫外線などの外界からの刺激によって皮膚がまず最初に衰えていく。
皮膚細胞は死滅しても再生されているのですが、この修復がうまくいかなくなってくる。
エントロピー増大の法則は生物にもじわじわと働いてくるのです。
そこで、古い皮膚を上手に捨てて、新しい細胞分裂を促すという、古いものに固執しない「流行」という考え方が大切だと思うのです。
美容法としては、クリームなどの油で厚着するよりも、カサカサしてる古い皮膚をやさしく取り除く「粘土の洗顔」をお勧めしているのです。

ゼミ卒業写真

 

 

 

 

 

家に戻ってから、大隈庭園で撮った卒業写真を引っぱり出してみた。
将来の希望に燃えていた22歳の若人達の志は。
今もまだ燃え尽きていないと信じて。

人気blogランキングに登録しました。お役に立ちましたら


syobu828 at 00:16|PermalinkComments(13)TrackBack(0)