書家/書道家

書道は、書くことで文字の美を表そうとする東洋の造形芸術。カリグラフィーの一種。 日本では、芸術という意味よりも寺子屋など実用の情報技術としての側面が強く(和様)、一部に芸術と理解されていた。現在のように「芸術」として理解されるようになったのは明治以降のことである。 その証拠に、日展(日本最高峰の美術展)で書道が加わったのは20世紀の半ばの最後である。 書道は、中国が起源であるが、日本においては漢字から派生した仮名、ベトナムではチュノムなどが発明され、それぞれ独自の領域での創作も行われている。 日本では中国式の書道が中心となって人気となっている。

アーカイブ:2009年09月

。・゚・(ノД`)最近めっきり筆がっこに参加できていない剣道です('A`|||)学校では「期末テスト」部活では「新人戦」なのです(しかも大将)ε=ε=(;´Д`)試合前で帰りが遅いです今日もこれから自転車に乗って10時まで塾です参加できないのはこういうコトです言い訳みたいで

今き炭酸。

会社の送別会に参加してて、今帰宅。十五夜を書いてみたが、外は雨です。

十五夜

両手離してほめられました。たぶんそんなきがする、、、うっふん

十五夜って毎月15日にあると思ってたあの頃@ししとう

というわけで今日もみなさんこんばんわ、ししとうです今日も張り切って参加しちゃいました!お風呂に入りながら構成とか文字の形とかずっと考えるぐらい張り切りました!・・・まぁなんか間違えて、ずっと「十六夜」の構成を考えてたんだけどね。最初は十五夜だったんだけど

↑このページのトップヘ