お久しぶりです、炭酸です。
諸事情により今まで以上に放送に参加できる率が
下がりそうですが、
作品の投稿は続けようと思ってます、
よろしくお願いしますってことで
ココ最近のまとめ!
【鴨】

kamosyuusei

いろいろできすぎていろいろしてしまう字なので、
いろいろやりっぱなしてみて最終的に抑えてみました。


点々をどうにかしたらよくなるような気がしてお願いしました
左がアフターです。

鳥の形を>にしたのなら、点の向きは/ではなく\の向きで
というアプローチで点を直してもらいました。

あと、口を閉じる最後の線、いつも書ききれてないとのこと。
自身なさげに見えるので、もうちょっと書いて終わった方がいい
・・・だそうです。


【月】

yokotukisyuusei
.
抑えておくべきポイントはココ!
というのが分からなくて難しかったです。

線の太さに差が出ない方が良い気がしましたが、
そうするとお手本と違って雰囲気が角ばってしまい、
困りました。

ここを抑えればお手本と似る!という
ポイントは一本線が浮いてる三角の空間かなと思って
そこをおさえたんだけど、
何かちがうな~と思ってました。
どうやら、一本線(陸山先生曰くの、しま)の角度が
ヘンだったみたいです。

その角度は三角の中に垂直の線が入ってる間隔で
書いてたんだけど、しまを挟んでる二本の線と
平行に、という感覚で引くと良いそうです。
なるほど、そういう感覚か~!
批評していただきありがとうございました。

【次】

tugisyuusei

どうも間延びしやすい字でした。
字の中に空間を取りつつ、3画目を立てて
書くことで締まったような気がしなくもないです。

修正は

特になし・・よく書けてます

(゜∀゜)

空間もよく取れてる、
落ち着いていて安定している。

(゜∀゜)(゜∀゜)

最後の線、短く終わったのがいい。

ヽ( ゜ 3゜)ノ
とのこと。

二画目を横倒しにして、下げてやると
柔らかい印象を出せる、とのこと。
一種のテクニックなので使い分けると良いそう。

強く書きたい場合は、人の部分を上の屋根部分に
つけてやると効果が出るそうです。

人の一画目はハネの向きを下目にして
勢いを弱めると丁度良いかもしれん、とのこと。


【国】

kunisyuusei2

こういう字が中国とかで出土したと思って、
この重た~~い方向でまとめて行こう

と、トライする先生。

最終的に
なんでコレ送ってきたの?
と、殺意を抱かれる。

全直しはされなかったけど、
全直しレベルだったと思います('A`)


【数】王 羲之 十七帖

20110725_01ta

鈴木邦仙先生に
臨書は全体的な形を取ることが大事という事を中心に
批評していただきました。ありがとうございました!

おてほんはしっかり見ている。
リズムとしては上と下が離れている。
それが流れを止めている印象を与えるのではとのこと。

めの細くなってるとこはお手本では太くなっているので、
太く引くように、
最後、抜くところの前、横線、お手本はもう少し長い。
とのご指摘。

線が引けないと形も寄せられないという葛藤に
今回もやられた気がしました・・。

【ひまわり】

himawarisyuusei

久しぶりにひらがなを書いてみました。

ひ と わ の処理に迷って、
いつもどおりに書きました。
り の2画目がえらい太い上に、
ま に近づきすぎたために可読性に欠ける結果に。

二文字目の ま が可読性に欠ける。
ひほわし に見えるという意見があったのですが、
私も見えます・・。

わ のデザインは一般的に読めないので
何かしらの工夫がやっぱり必要。
ということで、わ に見えるように試行錯誤してもらいました。
さらにちょっと大きく。

り は、2画目を地味に左に寄せてやると、
一気に調和が取れました。
さらに、立ててやって、外側を削る事で、
重すぎた部分を軽くしてもらいました。

ま の書き方、工夫が足りないので、
もうちょっと努力を。

落款の位置は元のままでもいいけど、
わ の所も面白い、とのことでした。



さてさて、8月からちょっと筆がっこのシステムが
変わるとか変わらないとか?
どうなるのでしょうかヽ( ゜ 3゜)ノ