アカエゾマツ

写真はアカエゾマツ

植物は、「葉」に光を受け、水と二酸化炭素から云々・・で光合成をし、エネルギーを得て生きています。
冬は寒い、つまり、日照時間が短く、気温はもちろん低く、季節風にさらされ、空気も乾燥します。要するに、植物の生存には向かない環境となります。(動物にとっても)

そんなこんなで「エネルギー収支がマイナス」になる為、冬に葉を落とす話は前回のブログで書きました。
では、葉の維持コストが安く、「エネルギー収支がプラスかトントン」の葉を、長い間つけたほうがやはり得なのでは?とも思えます。

いわゆる「常緑樹」と言われるグループです。

マツ 衰弱
おなじみの(クロ)マツ。針状の葉をつけます。

乾燥や寒さに強い葉を持ち、それを長い期間落とさないようにして生活しています。冬でも条件があれば光合成できます。
よっぽど得に思えませんか?

しかし、そんな葉を作り出すにもコスト(エネルギー)がかかり、しかもエネルギー生産効率がいまいちとしたら、どうでしょうか。

一方は、「身軽なシマで一挙に稼いで華々しく使い、素っ裸で冬を越す」
方や、「アガリは少なく大儲けもないがそんなに損もしない、営業もずっと続けられる。ただ、そこまでに時間と労力がかかり、ペイするまで持ちこたえなければならない」

落葉樹と常緑樹、人間の経済活動に置き換えてみるとなんとなく雰囲気がわかるでしょうか。

・・・あなたはどんな生き方ですか?

エゾマツソメイヨシノ 冬芽
(左 エゾマツ、  右は落葉後のソメイヨシノ 冬芽)