2月上旬、女優の周迅(ジョウ・シュン)によく似た女性が杭州の路上で雪かきをしていた、という噂が出回った。確認したところジョウ・シュンは、その事実を認め「確かに雪かきをして除雪作業に協力しました。でも高感度を上げるためとか、目立ちたくてやった訳ではないので、そこは誤解してほしくありません」と語った。

 当日の様子についてジョウ・シュンは「映画『画皮』の撮影を終えて、横店から杭州経由で北京に戻るつもりでした。でも杭州空港は大雪で閉鎖。その日は北京に帰れなくなったので、ホテルを取りました。テレビを見ていると、アナウンサーが“みんなで力を合わせて、雪かきをしよう!”と呼びかけていたんです。
こんなニュースもあったんですね。
中国ランキングへ
では続きをどうぞ。
私は芸能人なので人前に出るのは良くないのでは、と思いましたが、何か行動したいという気持ちになって、思わず外に飛び出しました。そしてみなさんと一緒に雪かきをしたんです。1キロ程度の距離しかできなかったので、その後除雪隊の方に、温かい飲み物の差し入れをしたんです」と説明した。

 そんなジョウ・シュンのボランティア精神について“知名度を上げるために、計算してやったに違いない”など、一部批判めいた声が。マネージャーは「そんな気持ちはありませんでした。誰もが一生懸命雪かきをしていたので、彼女のことをジョウ・シュンだと気づく人はほとんどいない状況だったのです。もしパフォーマンスだとしたら、カメラマンを手配するなど準備を整えたはずです」と否定...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆中国関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません