2006年11月24日

終了式のお知らせ

今年度のたんぼの学校では、草取りの時期に雨が続いたほかは大きな災害もなく、無事にお米を収穫することができました。各コースの活動の発表と交流会を兼ねて「終了式」を開催します。初級コースの皆さんが育てたうるち米「キヌヒカリ」と、新米でついたお餅やはたけの学校の野菜を使った豚汁を食べながら、この半年間を振り返りたいと思います。皆様のご参加を宜しくお願いいたします!

日時:12月10日(日)10:00〜14:30 雨天決行!

場所:曽我みのり館(集合・解散> 駐車場あり

スケジュール:
10:00 集合      
<<集合後、お父さん達には協力していただき、来年度に使う竹干し用の「竹」を切りに山へ行きます。お母さんたちにはおにぎり、お餅の準備をお願いします。ご協力よろしくお願いいたします>>
11:00 餅つき <<外で行いますので防寒着をお忘れなく。>>          
11:30 昼食
12:30 終了式&交流会 〜各コースの活動発表〜
13:30 全員で後片付け
14:00 各コースで振り返り
14:30 閉会・解散

出欠連絡:11月27日(月)までに、いつもの方法でご連絡下さい。

持ち物:名札(最後に名札ケースを回収します)、筆記用具、器と箸(豚汁/餅/ご飯用)、必要な方はお弁当(ご飯とお餅は試食程度のご用意です)、飲み物、レジャーシート、防寒着、NPO会員申し込み書(検討されている方)
お母さん方・・・エプロンと三角巾(おにぎりの準備にご協力を!)
お父さん方・・・軍手、山へ「竹切り」に行かれる服装

お米の配布について:終了式の時に皆さんで作ったお米を配布いたします!配布は大人のみで草取りに参加した回数によってもらえるお米の量が異なります。

syokutomidori at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月18日

収穫量を発表します。

たんぼの校長先生宅で「籾摺り」を行いました。籾摺りとは、籾から玄米に加工する作業の事で、今は機械でガガガーっと簡単にできます。

収穫量は、321kg。
5俵とすこし、、、といったところです。
昨年は400kg弱でしたので、少し少ないものの、まあまあと言ったカンジですね。品種はもち米のはずが、うるち米・・・、大変失礼いたしました。

syokutomidori at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月15日

脱穀の報告

697c6313.JPG日時:2006年10月15日(日)10:00〜正午
場所:かかしたんぼ
天気:秋晴れ→やや曇り
参加者:50名(大人26名、子ども24名)、スタッフ3名


先週に引続き秋晴れの空の下、脱穀の作業を行いました。今日はインストラクターが都合によりお休みだった為、代わって校長先生の指導で作業を進めました。たんぼ経験者にはおなじみの「脱穀」という作業ですが、たんぼ初心者の方のために説明を・・・。「脱穀」とは、お米がたくさん実っている稲穂を、『わら』と『籾(もみ)』に分ける作業のことです。昔は手作業で行なっていましたが、今は機械が主流ですので、現代風に機械で行いました。

昔はどのように脱穀していたか・・・。
たんぼの学校の上級者の皆さんが、一部手作業で脱穀をしました。様子をこちらのページで紹介していますので、ぜひご覧下さい。
http://blog.livedoor.jp/tambo_jishu/
(たんぼの学校自主コース)


syokutomidori at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

脱穀の様子

d3f9904d.JPG作業はかんたん、稲をコンバインという機械に通すだけ。写真のように機械に稲を置くと自動的に吸い込まれていき、後ろからポンとわらだけがでてきます。今日の作業は簡単なので、子供たちが大活躍です。

syokutomidori at 14:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

竹を片付けます

58c9bd2e.JPG脱穀の作業はカンタンですが、それと同時に、機械の後ろからわらがポンポンでてくるので、こちらも必死に束ねなくてはなりません。また、これまで稲を干していた竹も解体して片付けます。こちらは、大人が中心に作業を行ないました。


syokutomidori at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

カカシに感謝です。

4b9adbb1.JPG今までたんぼを見守ってくれていたカカシに感謝しながら、何もなくなった田んぼで燃やしました。これでたんぼの作業は終了します・・・。今まで賑やかだった『かかしたんぼ』が急に寂しく見えますね。実りの秋は嬉しい季節なのですが、さみしい季節でもあります・・・。最後の活動は「終了式」です。餅つきをしますので、お楽しみに!

syokutomidori at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月08日

稲刈りの報告

15a8bc0d.JPG日時:2006年10月8日(日)10:00〜14:30
場所:かかしたんぼ
天気:さわやかな秋晴れ
参加者:48名(大人27名、子ども21名)



本日のお天気は「さわやかな秋晴れ」。まさに稲刈り日和の一日でした。初級コースの稲刈りは、手刈りと稲刈り機(バインダー)の同時進行です。
   校長先生(稲刈り機)VS 参加者の手刈り
本当なら断然機械の方が早いのですが、たんぼがぬかるんでいた為、機械も悪戦苦闘のもよう。本日は手刈りの勝ち!といったところです。
稲刈りの後は、組んだ竹に稲を掛けて、1週間ほど日光に当てて乾燥させます。この「竹干し」を行なったお米は、とてもおいしいお米になります。今、お米の農家では乾燥機を使うところが多いようです。稲刈りと同時に脱穀し機械で乾燥させるため、翌日には新米が食べられるのですが、「竹干し」をして1週間じっくり乾燥させたほうが「おいしーお米」になります。有難いコト事に、今の天気予報では1週間「晴れ」が続きます。
後は、組んだ竹が崩れないか・・・心配です。老朽化した竹が何本もあり、もし雨でも降ればその重みでパタっといってしまいます。来年の為にも、ナンとか策を考えましょう。。。

ところで、参加者の皆さん、お米の品種は覚えているでしょうか・・・。
そう、もち米、喜寿です。12月の餅つきをお楽しみに!



syokutomidori at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

手刈りの様子

8ae16a2f.JPGこちらは手刈りの様子。
4株1束にし、地面においていきます。一段落したら、2束8株をまとめて麻ひもで縛ります。後は竹に掛けるだけ・・・。

syokutomidori at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

竹組みに悪戦苦闘!

f5e9e069.JPG「あとは竹に掛けるだけ」・・・のはずが、大変、大変。竹が老朽化していて、組んでは崩れ・・・の繰り返し。去年のたんぼの学校の参加者が、新しい竹を取りに行ってくれたのですが、まだまだ足りなかったですね。。。竹を組むだけなら崩れないのですが、稲の重みはものすごいもので、竹がしなります。ガンバって稲を掛けていた子供達の「ワーッ」という声とともに、崩壊すること数回。最後の手段として、カカシに「すまぬすまぬ」と言いながら骨組の竹を使わせていただきました。カカシは役に立つものですね。

2006年09月10日

第4回草取り、交流会

日時:2006年9月10日(日) 9:30〜14:00
場所:かかしたんぼ(草取り)、みのり館(交流会)
天気:蒸し暑ーい「晴れ」
参加者:初級コース 43名(大人21名、子ども22名)
     中級コース〜実習コース 5名(大人4名、子供1名)    
     スタッフ4名
    
しばらくお休みしていた草取りを再開しました。皆さん久しぶりに顔を合わせたので、少々なつかしい気がしました。久しぶりの活動ってコトもあり、出席率も上々。富士山も「チラッ」と顔を出しました。

もう9月なのに真夏のような暑さ・・・、そうめん日和になりました。
昼食後にスイカ割りを予定していたのですが、心配していたとおりヒジョーに高くて、急きょ変更に。楽しみにしていた子供たちもたくさんいたようで、ゴメンなさい。流しそうめんでは、今年のたんぼの特長『チームワークの良さ』が発揮できて、夏の終わりに、いい思い出ができました。。
今日の草取りはとても短時間。サクサクッと済ませて交流会の準備へ。

お詫び......今回用意した調味料やお菓子などなど、生協の品物を用意できず、申し訳ございませんでした。「終了式」では、しっかと使わせていただきます!

竹を、パカッと。

67f2a7c1.JPG先週の日曜日に取ってきた竹を、なたでパカッと割ります。割るのは簡単ですが、最初の位置決めが肝心。あとは二人一組になってコツコツと割っていきます。
次は、節取り。
トンカチでおおまかに。細かいところはノミを使い、仕上げはやすりで滑らかに。

割り箸で鉄砲作り

5083b337.JPG流しそうめんの竹割りはお父さんたちの仕事。それと並行して、子供達は割り箸で鉄砲を作ります。先生は参加者の藤井さん親子。みのり館のベランダで丁寧に指導して下さいました。この鉄砲は、後ほど「的あてゲーム」に使います。

流しそうめん、開始!

901b1cc0.JPGいよいよ、そうめんを流します。上流で食べる人、下流で食べる人、最後の受けザルで食べる人・・・、いろいろ。あっという間に、用意したそうめんが終わり、追加のそうめんを茹でに調理室へ急ぎました。。。
このそうめん、インストラクターの太田さんより提供していただいた本場“淡路島”のそうめんなのです。コシがあっておいしいですね。


syokutomidori at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

本日の目的「交流」

948d3c3f.JPGゲームを終えたあとは、あまりの暑さにみのり館のホールへ非難。クーラーのある部屋で落ち着いて交流をしました。いつもの活動はコースごとですが、今日は全コースが集まり情報交換ができました。

小田原食とみどりでは「たんぼ」や「はたけ」だけでなく、いろ〜んな活動をしています。例えば、インストラクターの岩元さんが熱く語ってくれた、『ログハウスの拠点づくり』。素材にもこだわって、新月に伐採した地元の木を使う予定なのです。これは、2年前に「小田原の夢を語る会」で多くの人があげた夢。交流会の終わりに「参加したい!」と手を挙げてくださったお父さん達、一緒に創りあげていきましょう。夢の実現に向けて一歩前進っ!

事前準備にご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
とても盛り上がり、いい交流会になりました。感謝です。
★インストラクター実習コース 石川さん
★初級コース 鈴木さん、中辻さん、藤井さん
★ジョイファーム小田原 鳥居さん
★そうめん提供 たんぼインストラクター 太田さん

次回のたんぼは、お待ちかね「稲刈り」
■日時:10月8日(日) 10:00〜13:00
■場所:かかしたんぼ
■持ち物:長袖/長ズボン長靴軍手、カッパ(雨天時)、名札、
      お弁当(たんぼの脇で食べられる簡単なもの)


2006年09月03日

流しそうめん用の竹、運搬中。

75bc7aa4.JPG1週間後にひかえた「流しそうめん」用の竹を切りに行きました。メンバーは、たんぼの学校中級コース以上の上級者の皆さん。今回は石川さんが中心になり、ゴ立派な竹が取れました。竹林は、いつもの鳥居さんトコです。『たんぼ・はたけの学校』で使う竹はいつも鳥居さんちの竹林なので、いつかハゲないかと心配になりました。まぁ、当分大丈夫ですけど、ね。

今日の作業は竹の切り出しのみ。
後は当日、竹を割って、節を取って、やすりをかけて・・・、初級の皆さんにやってもらいます!たんぼの草取り後にやりますので、体力を残しておいてくださいね。



2006年08月31日

交流会を開催します!

夏休みも今日で終わり・・・ですね。
たんぼの稲も成長し、穂が少し垂れてきました。8月中旬には稲の花が咲き、受粉のたいせつな時期を迎えました。その為、しばらくお休みしていた草取りを9月から再開します。自主的に来られる方がいれば、よろしく頼みますョ。
9月10日(日)にはたんぼの学校の交流会を予定していますが、交流会を始める前に少し草取りを行いたいと思います。たんぼに入る準備もお忘れなく!!
草取り後は、流しそうめん、割り箸を使って鉄砲作り、スイカ割り、です。この時期、スイカはまだ売っているのだろうか・・・、すごーく高かったりして。
まっ、夏の終わりを満喫しましょう!

たんぼの学校交流会
■日時:2006年9月10日(日) 9:30〜14:00
■場所:かかしたんぼ(草取り)
     みのり館(交流会)
■持ち物:たんぼに入る時の履物/長袖/長ズボン/軍手
      昼食(持参する事をお勧めします)、流しそうめん用お椀/箸、敷物
      名札、帽子、タオル、飲み物

雑草を3種ほど、、、紹介

f3d41ce1.JPG






雑草が頼もしく成長しました。

写真左側:『オモダカ』
      変わった形のこの葉っぱ。
      同じような形で、葉の先端がもう少し丸いものは「アギナシ」という
      名前なのだそうです。
      類似品にご注意です。

写真中央:『ホソバヒメミソハギ』
      茎がけっこう丈夫で背の高い雑草です。見かけによらず、
      ピンク色の花が咲くそうです。

写真右側:『コナギ』
      そうそう、たんぼでよく見るこの葉っぱ。
      背が低く水面の高さで、簡単に取れるので少々気が楽。

それでは、草取りに励みましょう!




2006年08月15日

稲の花が咲いています。

edde78d3.JPG稲の花が咲きました。
穂に白い粉のようなものがついていますね、そう、それが花なのです。あまり『花』という感じではありませんが・・・。
受粉の時期は、稲の成長にとってとても重要な時期です。我々がたんぼに入るとその妨げなってしまいますので、草取りはしばらくお休みして、そっと見守る事にしましょう。。。

2006年08月06日

重石さん家族の草取り報告

b2f49ed0.JPG8月3日の記事に、コメントを入れていただいた重石さんファミリーからも、自主草取りの写真が届きました。
暑くて大変だったでしょう。。。。
皆さま、コメントもご覧下さい!
(8月3日の記事のコメントです)

2006年08月05日

大迫さん家族の草取り報告

91593dc1.JPG大迫さんご家族が、草取りに来てくれました〜!
この酷暑の中、お疲れ様でした。4人だけであの広さを相手にしたということで、へとへとになったそうです。達成感の写真をアップさせてもらいます。きっと稲たちも喜んでいます^^

syokutomidori at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!