2018年12月09日

小児科ニュース2018.12.10

小児科ニュース2018.12.10
1、お知らせ
1)年末年始のお知らせ:12/28(金)午前で診療を終了し、1/4(金)より診療を始めます。なお、12/28午後・および夜診、1/4夜診はお休みです。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
2)12/30は日曜日ですが、例年のように10時から12時まで急患等の方のための特別診療を行います。平日のようにWEBで順番予約ができますのでご利用ください。
3)年末年始のお休み中、午前中は小児科医が院内におりますので、急患の方は午前中に電話でご相談いただければと思います。ただ、一人で病棟業務を行いながらなため、検査・処置等は難しいのでご理解ください。
4)土曜外来:12/15福田・関口、12/22福田・関口、1/5井口・浅井、1/12井口・関口、1/19浅井・福田、1/26福田・関口、2/2浅井・福田、2/9井口・浅井、2/16福田・関口、2/23井口・関口です。
5)医師の変更:12/20(木)午前第2診察室は関口医師から福田医師に変更です。
 井口医師夏季(?)休暇1/21(月)〜1/28(月)いただきます。ご迷惑をおかけします。
 1/21(月)午前第1診察室福田、第2診察室関口、午後健診予防接種浅井、夜診福田
 1/23(水)午前第1診察室福田、第2診察室関口
 1/24(木)午前第1診察室福田、第2診察室関口
 1/25(金)午前第1診察室関口、第2診察室福田、午後健診関口
 1/28(月)午前第1診察室福田、第2診察室関口、午後健診予防接種浅井、夜診福田
2、最近のはやり病
1)インフルエンザ:A型が一部の園や学校で流行っています。インフルエンザの検査は熱が出て半日したくらいのほうが出やすいです。インフルエンザのお薬は2日以内でないと効かない可能性が高くなるので、受診のタイミングをうまくつかんでくださいね。
2)溶連菌感染症:咽頭痛・頭痛・腹痛・発熱・発疹・嘔吐などの組み合わせできやすいです。抗生剤を飲んで治療します。
3)胃腸かぜ:嘔吐で始まることが多く、次いで下痢になりやすいです。嘔吐は1-2日のことが多く、下痢は3-4日から長いと1週間くらい。発熱は出る場合は初めの2かくらい、腹痛や頭痛も伴いやすく、食欲が2-3日落ちることが多いです。吐き気の強い時は食事はやめて、吸収の良い水分OS1などの経口補水液やイオン飲料を吐かない程度(つまりスプーンなどで一口ずつからだんだん増やしていく)飲ませていくのがコツです。
4)肌のかゆみ:寒さと乾燥のため肌がかゆくてたまらなくなることやカサカサすることが多いです。保湿剤や湿疹になっている場合はステロイドの軟膏を1日2回は塗って上手に保護しましょう。部屋を加湿したりすることも効果的です。
3、その他:年末年始は移動などハードスケジュールになりやすいです。くれぐれも休養を取りながら、無理しすぎないようにしてくださいね。お互いに。親も子も。


syonika at 09:37|Permalink 小児科ニュース