映画の感想

スパイダーマン ホームカミング

観てきました!
39
感想!!

一言で言うなら…
ヴァルチャーめっちゃかっこいい!!!!!
あの巨大な羽… たまらんです…!!!
原作ヴァルチャーって自分、いまいちピンとこなくて 正直こいつがぁ…?って
思ってたんですが、映画になった今ならわかりますよ…!
戦闘シーンもっと観たかったなぁ…
彼が主人公でも十分絵的に映えそう…といった感じです…!
ファルコンもかっこいいですけどね、でもよりメカニカルで、
パワーがありそうなこっちが個人的には好みです!

基地に帰る時、すぐに外してくつろげるのがいいですね!
06
このシーンがこの映画で一番お気に入り!
なんか、自分けっこうこうゆうのに弱い…
実用性みたいのを表してるシーンというのか…。

以下 ネタバレあり

今回は話の流れがとても丁寧だと思います
大きな感動…というのは感じなかったのですが
ピーターがヒーローにあこがれて頑張って、成長する過程…ジーンと来ますね…!!

ただ、まぁ既視感が色々あるというか、
いろんな過去のスパイダーマン映画やマーブル映画のつなぎ合わせみたいにも見えますね
ネッドなんてアントマンのルイスみたいですし…
スーツがハイテクなのもアイアンマンみたいですし…
対立してる人が実は恋人の家族だった…とかもアメスパみたいですし…
斬新さはそんなにないけど、
観ていて、まったく飽きないし、ずっと観ていたいのはすごいって思いました
アベンジャーズみたいに大規模な戦いでなく、
学校生活を送りながらちょっとしたワルを懲らしめようっていう感じが
見どころですね…
あと過去作に比べ、しめっぽさがまったくなく、常に明るい感じの映画でした
楽しい映画を見たい人にもオススメ

今回はスーツがハイテクで、ジャービスやフライデーのようなのが
話しかけてくるのはどうか? って思うんですが
アベンジャーズスパイダーマンはこの路線で行くんですね:
カレンさんと話してるところはかなり微笑ましくて好きなんですけど!

あのハイテクスーツ、色んな機能があるそうで、
瞬殺モードってどんな攻撃するのか気になりますね…!
ロボ呼んで剣でも投げるのかしら?
い04
レオパルドン ソードビッカー

今回のスパイダーマン、スパイダーセンスは開花していないんでしょうか?
あんまり勘が冴えてる感じもしないし、なんか頼りないので
これから成長していくのかも…と期待!


今回の映画… 完成度高いのですが…
ただ大きな不満店があります!!
それは…!!

暗闇で戦闘するなと!!!!
めっちゃわかりにくいし画面チカチカしててカメラも動きまくってで!
理解がおいつかないんですよ…! このシーンだけ おいおい…なにやってんだ、って
呆れ気味になっちゃいます
せっかくのヴァルチャーのかっこよさが台無し!!! 泣きたいほどにもったいない!!
なんで洋画って夜に戦闘したがるんでしょうね…不満でしょうがありませんよ…
夜の戦闘が印象に残る映画ってありますか!? ないですよね!?
夜のほうがCGが自然になるから、と聞いたことがありますけれど
だとすれば…それは… 手抜きですよね!!

ここが一番の不満点でした…

でもほんとうに脚本とかキャラクターとかは
王道ながら完成度の高い作品だと思います!
最終決戦がホームメイドver,のスーツなのは意外ですけど
そこまがまたピーターの戦い、って感じで良いのかも…!
最後のピーターの決断は 言ってやった! って感じで爽快です
そうそう、無理な舞台で活躍するより
親しい人が大勢いる場所にいたほうがいいというのは自分もものすごく共感します…
トニーもキャラクターも相変わらず良かったし…
個人的満足度10点中7点です!

あと、フラッシュってあんなんでいいの?:: ヴェノムになってほしくない!!
マーベル作品にしてはシモネタ連発してて印象最悪なんですけど;
世界のピーターさんに謝れ!

メアリと魔女の花をを観てきた!

28
メアリ・スミス
ボッサボサの髪が大好きな自分! メアリさんはかわいい!
あと名前が平凡でいいですよね
スミスっていうのは日本の佐藤級に平凡って言われてるらしいです
FF6の海外版のティナは「名前が平凡すぎる」っていうことで
テラに改名させられましたけど、こうゆうのはどうでもいいんでしょうか…


話はそれましたけど!
ジブリ解散後の米林監督の作品! スタジオポノック第一段映画…
それが「メアリと魔女の花」…!!
メリダとおそろしの森となんか似てますね…

前作のマーニーがとても良かったので今回のも鑑賞することに…!!
題材も魔法使いということでなんだかステキですもんね
なにより、感動が欲しかった…!
マンガを書き終え、燃え尽きた自分に
なにかやる気を引き起こさせるサムシングが欲しかった…!
そうゆうときは映画なんかを見たりすると良いと思うんです…!

以下、感想(ネタバレあり)

12
うーーーーーん!!
自分、だいたい映画を見ると、
熱いシーンや悲しいシーンなんかで泣いたりするんですけど今回は泣かなかった…!!
これはおそらく、子供向けの映画だと思うんですよね…
主人公らに葛藤とか悩みとかあまりないように見えますし…!
ストーリーも苦難を経て人間的に成長し変わった…という感じでもないですし…
その場その場を勢いでやり抜く冒険もの…といった感じです…
ものすごくサッパリしてる…スケールが小さいのかな…
巨大な組織とか出てきませんし…
変な学校行ったら、校長先生らとひともんちゃく、みたいな感じ…!
14
そもそもキャラの個性が薄いというか…!
登場人物にインテリジェンスあふれるキャラとか
ミステリアスなキャラがいないのが原因なのかも…。
メイン男の子のピーターなんかも、特徴がないのが特徴みたいなキャラで
自転車こいでるくらいの特徴しかないですもの…!
もっと、見てておもしろい感じのキャラだと惹きつけられるのですが…!
マスコットの猫もあまりかわいくないしなぁ…。
ドクターデイも、なんか子供向けアニメの悪役キャラって感じですし…
もっと魅力的に描けないものかと思ってしまいます…

もう…!ほんとキャラはもっと考えたほうが良いと思うんです…
あ、でもメアリちゃんはかわいかったですよ! 外見はとっても!
中身はまぁ… 普通ですね… よくある元気な主人公です
見栄をはるところが可愛かったです
26
おだてられて引けなくなるところは共感できて良かったです
仕草がジブリっぽくて、なんだか
ジブリっぽいものまね芸人(石出奈々子)を思いだしてしまうのでした…

あとどうでもいいけどシャーロットおばさん!
自分はひと目でただものじゃないな、と思いました!
なんか髪型が主人公っぽいですもんね;
25


ストーリーも…
なんだかいらないシーンが多かったようにも思えます…
家のワンコも活躍すると思いきや活躍しなかったし…
庭師も召使もいらないと言えばいらないし…
学校案内のシーンは楽しかったけど、ただ設定を披露するだけなので
もっと主人公がそれを体験するシーンがあっても良かったのではないでしょうか…!
余計なものを省いて、重要な部分に時間とパワーを費やしてほしく思いました…
あとフラナガン! 彼は謎が多すぎる…! 
なんか物語中便利屋になっててご都合主義感を感じる…
いつもはだいたい映画で泣く自分ですが今回はいまひとつ…
終盤でホウキくんに感謝するとこくらいですね…

その他気になったところ
・主人公のセリフが説明的
 あと、「ここは魔法学校よ」と言ったら「魔法学校…?」とかいちいち復唱しすぎ…!
・背景はもっと陰影の強いコントラストとかとか、動きが欲しかったと思います
 雲が流れるとか、ほしい
・メカデザインがいまいち
・ラスボスがなんかいまいち
・学校のデザインももうちょっと統一性が欲しいかも

あと過去のジブリオマージュすさまじいですね…!
なので他のジブリとくらべてしまうんですけど
どうも路線が違う気がします… ほんと子供向けアニメの映画版みたいな感じ…
おそらく観に来る人はジブリのような世界観の奥深さ? を求めてると思うので
比較されると あれ?ってなる気がします…。。。
ノリはラピュタっぽいんですけど、でもスケールが小さくシンプルなんです
設定も世界観も深みがなく、その場のおもいつきみたいなデザインが多く感じる…
あそこがああなればいいのに… と思うところがたくさんある
そうゆうのを考えて楽しむにはいい作品だと思います…
ただ米林監督は、もっと人の心情を押し出した作品のほうが
良いんでは? と思わなくもないです…


あ、でもメアリちゃんはほんとかわいいですので
そこを期待して行くのはありだと思います…!!
でもそれより今週の金曜ロードショーのマーニーを観てほしいですね:
ほんとアンナちゃんみたいな共感できる魅力的なキャラかけるはずなのに
米林監督ときたら今回は…!! それに尽きます…

ローガン 感想

212
ウルヴァリンが最後の作品です…
レビューが良かったし、時間もちょうど良いな、ということで
ハシゴして観てきました…

X-MEN自体はそんなに観たことはないですけれどね…!
最初の1,2とデップー(全くイメージと違う)がラスボスのやつを
観たくらいかな…?

今回の話は老いたウルヴァリンとプロフェッサーXが
追手を振り切って、ミュータント少女を仲間のもとに送り届けるという
ロードムービー的な映画でした…!!
有名な所で言うと…なんでしょうね… ターミネーター2的な?

以下ネタバレあり

ウルヴァリンが家族愛に目覚めて没する話です…
ミュータント少女が最後ウルヴァリンをパパと呼ぶところは
自分も号泣ですよ…! 自分の涙腺の脆さがほんとやばい…
わりとありがちな展開ですのに…!!
ウルヴァリンは最後までなんだかチンピラみたいで、
こんなにも感情移入できない主人公ってどうなの? って思ってましたけど
そうゆう人が見せる優しさのギャップがまた良いのかもしれませんね…

しかしこの映画、ほんとアベンジャーズとかと比べると地味な感じですね…
ウルヴァリンも敵さんも強いんだか、弱いんだか、という感じですし、
ミュータントの力の描写も控えめですし…
アベンジャーズほどのお遊び感というか、おしゃれ感もありませんし…!
最後の舞台が昼間の森の中って…!! B級のような硬派感…!
バトルシーンも爪でどんどん引き裂いていく硬派な作り…
バトルもドラマも正統派で、多くの人に受け入れられそうと思いました…

あとこの作品、劇中でX-MENのコミックが登場して
史実をコミカライズした扱いになってるのも新鮮でした…;
やっぱコミックはコミックなんだなーという何とも言えない感じがありました…
コミックにされる際にレオタードを着せられることに難癖をつけるのが
このシリーズの特徴な気がしますけど、実際、アメリカ人はどう思ってるんでしょう?
セクシーだと思ってるのか、ありえんわ、と思ってるのか
そのアンケートを見せて欲しいと思いました…

映画 帝一の國 感想

01
観てきました!!
原作にけっこうハマりましたからね;
最後の方はまだ未見ですが…!

映画は… これ…
ほんと…
面白いです…!!
すごくいいですよ!!
超オススメです! 万人に!

バカさ加減とか原作の雰囲気めっちゃ出してるし、
テンポもいいし映像のクォリティもすごく高いわで…!!
ここまでやられれば原作者も超嬉しいでしょうね…!!
自分が作者だったら嬉しくて昇天すると思います…

この作品の良いところは、主人公っぽい人が脇役で、
主人公は計算高くて勝ちにこだわる感じのタイプの
人間だということですね…!!
手段を選ばず高みを目指す人間をストレートに描いてる感じがすごく良いです…



以下ネタバレあり

ラストの展開はすごかったです…
大鷹さんとの友情ものになりつつあったけど
じつはそれも自分をよく見せる戦略だったみたいな…!
自分正直、友達発言で泣いたんですけれど;
それも演技だったんかーい、やられた! って感じになりました…
すごい映画だわー;
主人公の計算高さと、腹黒さにもう感心するしかない…!!
もうそれに尽きる…!!
しかし主人公、最後大鷹に票をいれることなんかして
自分に投票してくれた人なんかはどう思うのかなどとは思いました…
ちゃんと人望を獲られるのかな、と…!

この作品、ヒロインの言うことなんかどうでも良くて
結局、主人公は高みを目指すしかない、という感じなんですね
ピアノなんかゆったり引く気はない…自分の国をつくるのだと…!
しかしほんと、自分の国を作ってどうしたいんでしょうね…
とりあえず、高みに挑んでる、という感じはなくはないです…
でも人間、そうゆうの大事なのかもしれませんね…
盲目的に、とにかく高みを目指すこと…

自分も最近まで、生きる意味は何か? みたいな本を書いてて
その中で「向上心は大事な何かを失わせる」みたいなこと書いたんですけれど…
何かを犠牲にし高みを目指すことは正しいことなのか、間違ったことなのか…
この映画を観て改めて感じました

映画ドラえもん南極カチコチ大冒険を見てきた!

54242
ドラえもん カーラ
かっこかわいいですね! 藤子・F・不二雄の絵柄に忠実なのにとてもかわいい
藤子・F・不二雄の絵柄は現代にも通じる…!!
目の輪郭が逆Uなのに、ここまでかわいいとか不思議でしょうがない…!
しかも声が釘宮理恵さんとか…なんでそうゆうチョイスなんでしょうね…!?
そうゆう意図でデザインしたキャラクターなの?
衣装のデザインも、ミニスカみたいな服の下にタイツっぽい感じなので
なんだか少しきわどいような気がします…
そしてこの子… なぜカーラという名前なのか?
博士の方はヒャッコイとわかりやすいのに…

パオパオに乗って、剣(鍵)とか持つところが、
すごくかっこいいと思いました
あとなんていうのこうゆうの… タートルネック? 最高!!!

……………………………………………………………
映画

カチコチ大冒険! 観てきました!
今回は完全オリジナル! 舞台が南極!!
南極なんて殺風景だし、そんなところを舞台にしても面白くないでしょ…
みたいに思ってたのですが…

面白すぎる…!!;

というか正直、南極シーンが一番おもしろかった…!!
今回は、久々に、昔の古き良き時代のドラえもん映画を観た、って感じですね!!
ここに自分の満足度を記しておきますね
新のび太の恐竜…8
新魔界大冒険…8
新鉄人兵団…10
ひみつ道具博物館…7
新大魔境…8
宇宙英雄記…7
新日本誕生…9

これは8です! オリジナルでこの数値はすごい!
なにせ思い出補正とかありませんからね! みなさん、見るべき!!

101
……………………………………………………………
以下ネタバレ

南極シーンは心躍りましたよ…!
なんでしょうね 映像とかBGMとかが良いのかな…
BGMなんて壮大過ぎて、どこのハリウッド映画だよってなりますし!
ソリで疾走するシーンも迫力があってかっこいいですし
ドラえもんが細かく南極について説明するシーンがあるんですが
それがリアルさと説得力を生み、ワクワクさせてるのかもしれませんね
南極の謎に挑んでるぞー! みたいな

中盤からは、10万年前の遺跡的なところに行くんですけれど、
そこからはまぁ、なんか架空のファンタジー映画に移行したみたいで
ワクワク感は和らいだ気がしますね…
あれに似てますね… 大魔境で、バウワンコ王国に行った感じに…。
映像も、南極の神秘的な美しさから離れましたし…
空の表現も個人的にはあまりキレイとは思えなかった…。
カーラさんらも、10万年前のヒョーガヒョーガ星出身の人で、
そんな他の惑星の話をされても…!! という感じですし…
舞台がせっかく南極なのですから、南極でとどめて良いのでは?
とも思うのです…。 アトランティスの話でいいのではと!
アトランチスの謎で!
遺跡のヤミテムも、くしざしマニアなのか、という印象しかない
なんだかわからん存在ですし
ブリザーガももっとドラマがあっても…という感じはします:
感動シーンがいつものに比べて薄いのは好みが分かれそうですね…
おしつけがましい感動なんていらないと言う人もいそうですし
でもラストの、望遠鏡のシーンはしんみり感動できる感じで
良かったと思います

今回は時間を超えますが、そこに謎解き要素もあって
あー、なるほど! という感じに思わせてくれます…
ドラえもんがタイムベルトの電池を未来に送るシーンは
オーロラの彼方へ を思い出させてくれますね…。。。
個人的に気になるのが、この未来に退避するのが
物語的にとってつけた感がある感じなんですけれども;

なんか色々不満を書いた気がしますが
それを覆すほどに、ドラえもんらの
アクションや道具の使い方がおもしろかったです!
m08
細かいアクションとかすごい凝ってるんですよね…
カップ麺が凍ったりとか、
ほんやくコンニャクをあたためて、それを熱がったりとか
氷ざいくごてに細かな制作手順があるとか…
特に氷ざいくごては、3Dソフトを経験してる人は面白いと思うはずなんです…!
押し出しとかベベルとかね!
そうゆうのに痺れました!

あとはまぁ; カーラさんがかわいいってことかな…
いいキャラなのにグッズでハブられてるので大変かわいそうと思いました
不遇なゲストキャラみたいな…
m05
幼カーラさん
ガンダムのモーリン・キタムラみたいで良いですよね…(知名度低し)



次回は…
南海大冒険リメイクなんですかね;
藤子・F・不二雄先生没後の作品で
なんか物足りないな、という記憶しかない作品ですが
うまくリメイクして欲しいと思います! 超期待!
あれ; これをもうやるってことは 
雲の王国とか夢幻三剣士とかやらんってこと…?
それはすごくがっかりです…

ドクター・ストレンジ 感想

i07
観てきました!!
マーベル映画ときたらもう見るしかありませんよね!!
今後のアベンジャーズでも出てきますでしょうし…!!

映像かっこいいですよねー!!
最初の町が変形していくシーンなんかは斬新で、
胸踊る感じでした…!!


ネタバレあり!!


ストレンジのキャラは…金持ちで傲慢な感じでトニー・スタークみたいな雰囲気ですけど
こっちはやや味が薄めかな;
最初、傲慢と聞いてもあまりピンと来ませんでしたからね…!
そんなにわがままでヤなやつには見えなかった…
ただまぁ…; 車のよそ見運転で事故ったのは同情あまりできませんでしたけど:
ヒロインの存在は果たして必要だったのか、というのはあります…
というか毎回ヒロインって区別つきづらいんですよ…!
i10
区別つきづらくて、高松建設のCMと混同する…!!
エンシェント・ワンさんをヒロインにした方が物語としては個人的に好きになりそう…!

バトルスタイル…
今回は魔法…!
魔法というと、仮面ライダーウィザードみたいな感じで、なんでもありなやつなのかな…
と想像してましたけど… やることはなんだかもっと何でもありですね;
町は変形するはワープしまくりだわ…
何でもありなぶん、ちょっとついていけない感じがあるんですよ… 個人的に…!
だからアイアンマンのような 仕掛けに説得力あるようなやつのほうが好きかな、と思うんですけど…
今回は、町が変形する意味とか、
終盤の時間が巻き戻ったりする街の戦闘シーンとか え? え? ってなりましたからね:
魔法バトルってちょっと魅力が落ちるかな、と思います…
しかもやってること、格闘メインですからね:
そこは魔法で遠距離から闘うんじゃないの? と…!
あ、でも、魔法陣でインファイトするところはかっこいいと思いました!!
魔法陣を武器にするって発想は面白い!

幽体離脱のバトルもなかなかおもしろいですね!
これは今後どんなシーンで役立つのか見ものです…
i45

あとマントがかわいい!!
この映画を観てマブカプのストレンジ観てみましたけど、とくにマントでは
攻撃してませんね…! この映画のオリジナル要素なのかな…


ストーリーは…
まぁ、おなじみですね;
主人公が力を得て巨悪に立ち向かう構図は…!
今回はなんだか色々な異世界的な感じのバトルですけど
違和感なく見れる感じです…
でもラスボスのドルマムウの決着の付け方が斬新でした;
営業で何度も顔見せられて「もうたくさんだ!」となる気持ち、わかります…
わかりますけど、あまりかっこよくはないですね;

i33

ソーと深々とコラボするようですね!
ソーはマーベルで二番目に好きなので、期待しちゃいます!

映画 「この世界の片隅に」 感想!

02

やっと近くの映画館で上映したので観てきました!
すごく評判が良いですからね!!!
前々からすごく観てみたかったのです!

感想!
戦時中の背景に
20歳の子の生活を淡々と描いたような作品ですね…
もう…ほんっと… すずちゃんかわいすぎでしょ…
なんだろうな このときめきは…!
とにかくこの映画の感想はそれに尽きる!!
 
ストーリーは… 大体の流れはよくあるかんじですけど
とにかく雰囲気がすごく良くて、戦闘機とか出てくるシーンとかの
臨場感とかやばすぎると思いました…!!
時代風景描写もすっごいリアルで、描いた人は当時を生きてたんじゃないの?
と思ってしまうほどです…!
空気感やばす…!

でも… 正直、何を伝えたい映画なのかちょっと首をかしげるんですよね
戦争に翻弄されて、その嘆きを描いたような映画ではないと思うんですよね
そうならもっと見せ方を強調させるでしょうし
感動させるところはもっと感動させるでしょうしね
登場人物もそれほど苦労してる、という感じには見えませんし…
たぶん、戦時中の日常をメインに描きたい作品なんだなと思いました
話は淡々と流れていくのですが、観てる最中なんだか涙が
止まらないのはなんでなんでしょうね; 謎です…!!

観たあとは スッキリ終わるのですが、なんだか
すずちゃんがかわいくてそれがあとを引く映画だなぁ って思いました…!
これは多くの人に観てもらいたい! 海外の方とかね
何をしてほしいわけではないけど、少し思いをはせて欲しい、と思いました


以下ネタバレあり


自分が それほど戦争の悲しさを描いてるように見えないというのは
登場人物がみんなどことなく呑気、と思ったからです
お兄さんが死んでも、あまり悲しみませんしね…!(それほど好きじゃなかったのかも)
すずちゃん、義姉の子供が亡くなって、右手も失ったことで
それを期に? 戦争を恨む感じになるのですけど
日本が負けたときに、怒りをあらわにするのがピンとこなかったんですよね
そこまで性格が変わってたのか? 右手を失っても、死のうとせず元気でしたし…。
呑気で、燻ってた感があまりないというか、根本は変わってないように見えるというのか…。
そこが意外性があったな、という点でした 
実はそんな子だったのか! みたいな…

わからない点で、序盤の人さらいは何者なのか、
座敷童子は何者なのか、
なかなか考察する点があるような気がします…
すずちゃんの妄想癖は、どういったテーマ性を表してるのか…と!

最もわからない点は、シュウサクさんのどこに惚れたのか、ってことですね;
ほとんどシュウサクさん何もしてないような気がするんですけど!
だからタイトルのセリフを発したときも うーん? と思いました
もっとシュウサクとの感動できるエピソードでもあれば
いいかな、と思うんですけどね…! 死線をくぐり抜けるような…
いやでも微妙かな;

この映画で個人的に一番好きなシーンは
すずちゃんがスパイと勘違いされて
みんなが笑いをこらえたあと爆笑するシーンです
あそこはなんだか知らないけど涙出ました;

映画 聲の形 感想

98
観てきました! 原作のファンですのでね!
感想!! なんかもう…、最後まで見て…3、4回泣けたんじゃないでしょうか…;
君の名は。では泣けなかったのに…なんでだろう;
たぶん君の名は。は設定を理解するのに忙しくてドラマに集中できなかったけど
こっちは話に入り込みやすいんだと思います

(ネタバレあり)
ラブストーリー… という映画ではないと思います…
なんだろう… 人付き合いの映画かな…:
自分もショウヤくんにはいろいろ重なる部分があるので
なんだか色々考えさせられるんですよね

大体のストーリーは知ってるのですが
今回、映画するにあたって マンガ全話を凝縮し要点をまとめたりしたりしてます
完成度の高い仕上がりになってたことに驚きました…!
色々端折ったりもするので、色々薄味になったところもあります
例えば… 智くんの性格が普通のイケメンになっちゃうとかね;
07
原作ではなんか歪んでて気になってたんですけど;
ショウヤくんに一発入れるシーンは 「えぇ…?」とかなったものです
なので、映画は全体的にややマイルドめです
原作ファンから言わすと なぜあのシーンをカットした? というのが
多いそうなんですけど;
自分はうまいまとめ方だなー、なんて思って観ていました…
ラストのシナリオなんかも、心を閉ざした主人公が、みんなの声を開こうとしたことに
そうきたか、となりました…
原作よりも好きな終わり方かも? ビジュアルが学園祭なのでちょっと地味ですけどね;

作画も原作に忠実、かつ、かわいくなってて!
78
原作でのいやみったらしい顔したショウヤくんもかわいくなっちゃって!
やはりややマイルドな感じになったなと思うのでした

この作品、キャラが個性的で、魅力的な人が多いですよね!
結弦ちゃんもいいけど、やっぱ永束くんは良いやつすぎですよね最高だと思います
でも川井さん(メガネ)はあれだし、植野さん(黒髪ロング)も
自分の気持に正直すぎてなんかあれだなーって改めて思いますけど;
最後まで変わろうとせず自分を貫いた点は、むしろ感心する、ってなりました…
自分も正直に生きてみたいものです(他人に迷惑をかけない程度に)

罪悪感で自殺をするショウヤくんと西宮さんですが
そこまで極端になったりするものですかね…!
ほんと、人付き合いとかってつくづく難しいものだなって思いました

70
数量限定特典のマンガの内容は…
西宮さんのお母さんの教育方針のマンガですね
厳しいながらも優しさを忘れません 癒し系短編

映画 レッドタートル 感想

35
セリフが一切ないというこの映画!!
ジブリだし、きっとすごい映画なんだろうなーということで
観てみた結果!!

…不眠症の方にはおすすめな映画だと思いました…!!

いえ; 立て続けに2作みたせいか、眠かったのですよ…!!
なんか絵も心地良いし、音楽もおだやかできれいだしで…;
なんか絵本を観てるような感覚ですね
キャラの造形もそんなかんじで、顔がとてもシンプルなんですよ
動きは超なめらか… ゲームのプリンス・オブ・ペルシャ(2D)みたいですね
背景は… 波と森の書き込みはすごいですけど、それ以外は普通で、色も全体的に平坦です


ストーリーは… なにか哲学的です
↓(ネタバレ)
主人公は漂流し、島から出ようとするけど赤亀に引き止めらる、
赤亀は女に変身し、主人公と幸せに暮らし、2人の間に子供も生まれる
子供は成長し、島の外に旅立った。 主人公は老いて島で死んで、女は亀に戻った…

という流れですが…

人の人生を模してる物語なような気がするんですけれど
なんとなくで作ってるような気もする
赤亀が主人公を外へ出したくないのはなぜか? 子供を作るためか?
子供を外の世界に行かせたのは意味があるのか?
ただ単に赤亀は、主人公と幸せになりたいだけだったのか?
主人公はどうせ無人島から出れないから、赤亀は幸せにしてやりたいと思ったのか?
主人公を島の住人として迎い入れ、自然の中で生かせたかったか?

意味とかあるのかないのか、よくわからないんですよね…
終わって、え? ここで終わるの? っていうのが第一印象でしたし…!
言いたいことはなんなのか、作者が意図してるものとはなんなのか?
とても気になりますね… 
ここで自分の考え・推測・考察でも発表できるものならば
映画の感想の記事として優れてるのでしょうが…
何度も何度も考えたんですが、何を言いたいのか本当に解らないんですよ!!:
もしかしたら本当に童話とかみたいに意味なんてないのかもしれませんし;
製作者のインタビュー記事が特に読みたくなる映画だなぁと思いました
レベルが高すぎて万人受けはしないだろうなぁ…;

そうゆう考察ツールのような映画でもありますが…
適当に意味不明な物語作っても
考察ツールになっちゃうので、自分は好ましく思いません…
作者はやりたいことを作品で伝えるべきって自分は思ってます…

あ、でも、カニや亀はかわいかった!! そこはこだわりを感じた! 
セリフもなく全体的に動きで見せる作風なので
ある意味、子供向けであるかもしれませんね
ものすごく地味ですけど;
99

自分が一番ショックを受けたのは中盤、
イカダを壊されたことにガチギレして遠くから うおーーーって走ってきて
赤亀を棒で叩くシーン
06
なにもできないままひっくり返され、なすすべ無く干からびていく亀に
なんともいえない感情を抱くのでした…
もうそこが一番心に残って、なんだか今でもこの映画のことを考えちゃいます;
nopkonoko

オーロラの彼方へ 感想

80
2000年の映画ですね!
君の名は。観たならこれ見ろ! って同僚に言われたので
アマゾンで買って見ることに…!!(1000円くらい)

81

これ…!!! いいわああ…
すごいドキドキハラハラしちゃいますよ

たしかに…なんかところどころ 君の名は。に似てる;
オーロラなんか彗星みたいだし、
超ひも理論って言葉も出てくるし、
タイムスリップものだしで!!
君の名は。ってこれ観て作ったなー? ってなんとなく思っちゃうのでした

簡単にストーリーを言うと
無線機を通じて30年前の、死んだ父親と交信するような感じです
それで、これから起こる死の運命を変えていく、みたいな感じですね
5442

君の名は。より詰め込んでない作風でシンプルな感じではあります
向こうが恋愛ものなら、こっちは家族愛ものみたいな…
自分はどっちかというと家族愛の方に感動しやすいタイプなので
超大ハマリ…!!
親と子の絆って… なんかジーンと来ますよねー…!
ラストシーンは衝撃でした…!!
そう来たか…! いや、やっぱそう来るか!? みたいな…!!
ほんとしびれます…!!;;

自分は観てて、「あー、殺人犯は父親とかそうゆう感じかなー?」とか
深読みしながら観てたんですけどなんだかストレートにいい話で;;
王道、かつ感動できる高級なサスペンスを見てる感じでしたね…

地味に好きなシーンは、財布を送るシーン!
タイムスリップのギミックを活かした話って好きなんですよ…!
でも、机に書いた文字がリアルタイムに未来に刻まれていく描写は、
果たして そうゆうかんじになるのか? などと色々考えこんでしまいましたね…

後この映画、タバコは体に悪いからやめよう的なメッセージも感じ取れますね…


いやー; ほんと良いなぁ…
自分も30年後の息子とかと交信できたら面白いだろうなぁ…
(いやそもそも自分、息子とかできなそうな気がするんですけど)
未来のことを色々聞きたいなー
どうしても思考が賭博の方向に行っちゃう感じがしますけどね(BTTF2的な)



これはみんなにも観て欲しい…!! これはすごい…!!
しかしなんだろうなー このパッケージデザイン… センスないよ!全く…;;
じゃあどうゆうのがいいのかって言われたら…
二人が向かい合うなりオーロラ置くなり無線機置くなりなんかなかったのか? 
って思うんですけど… この適当感はなんなんだ…!!
しょぺ

本発売中です!
  
   とらのあな
   メロンブックス   ………………………………………
  
   とらのあな
   メロンブックス   ………………………………………
  
   とらのあな
   メロンブックス   ………………………………………
記事検索
ギャラリー
  • ドラポ レイドイベントで大盛り上がり
  • ベクトルスペクタクルのファンアート
  • ドラポ アリエスさん!
  • アニメーション絵
  • スパロボZ 天獄編
  • 東方紺珠伝発表!
  • FF15体験版
  • ドラポ
  • 深秘録に針妙丸ちゃんが登場!!
  • ドラポ オリジナルモンスターコンテスト
  • ドラポ オリジナルモンスターコンテスト
  • ドラポ ホムンクルスイベント
  • ドラポ クローバーさん
  • 悪い子いるの?いないの?
  • 一寸法師の物語
  • ドラポ セラフィナイト
  • ドラポ レベルMAX人間になった!
  • 御城プロジェクトを遊んだ!!
  • ドラポ レベリング中
  • 番組感想
  • ゴーストパス2って神ゲー
  • 朧村正のお話
  • ドラポ
  • ドラポ ルージュさん
  • ドラポのお話
  • ドラポのラピスラズリさん
  • 秋季例大祭 受かりました!
  • ビルドファイターズトライ
  • 閃の軌跡IIのアルティナさん
  • ドラポ アルテミスさん
  • ビルドファイターズトライの新キャラ
  • ゲームショウ2014にいってきたの巻
  • 近況
  • ドラポ久々に遊んだら、ドラポに歓迎されなかったの巻
  • ガンダムエグザのピーニャちゃんはゲロかわいい
  • ドラポ 邪神インス・ルアイさん
  • 近況
  • オリキャラ
  • 羅邪鬼さんの章
  • 羅邪鬼さんの章
  • オリジナルを書ける人は素晴らしい…
  • 幻想戦姫絵
  • スタンド・バイ・ミー ドラえもん 感想!
  • あつは なついですね~
  • メカデザインの話2
  • メカデザインの話2
  • ロボットデザインの話
  • 近況
  • 今週の絵
  • ロボットガールズZの映画を見てきた!!
  • 今週の絵!
  • 今週の絵!
  • ドラポももう一周年!!
  • 針妙丸ちゃんの謎
  • アメイジングスパイダーマン2感想!
  • 弾幕アマノジャク 発表!
  • アスタブリードを遊んだこと
  • PSVを買ったこと・珍遊記の思い出
  • 例大祭受かりました…
  • 東方の人気投票とか
  • 廃墟の正邪
  • 男梅とかいう食べ物
  • あまり進んでないFF6
  • しょぺの脳内RPG「ブリリアントD-F」を語るスレ part2
  • 今週のテレビ感想
  • やってるゲーム
  • やってるゲーム
  • 【速報】ブリリアントD-F 公式ガイドブック【基礎知識編】 発売決定!!
  • 開けまして閉めましょう!! 2014
  • 開けまして閉めましょう!! 2014
  • まだ遊んでる幻想戦姫
  • 今週の番組の感想
  • 幻想戦姫
  • おおかみおとこの罪と罰
  • 幻想戦姫ってゲーム
  • 幻想戦姫ってゲーム
  • 今週の番組感想
  • 今週の番組の感想!
  • 一寸法師の物語
  • かぐや姫の物語感想
  • ロボットガールズZにピクシブたん登場するっぽい
  • 今週の番組の感想
  • ガンダムビルドファイターズ 5話感想
  • しょぺさん誕生日おめでとう!
  • とらのあなのマスコットキャラ
  • ブレイブルー こうたった…
  • キルラキル4話感想
  • ミスミソウってマンガ
  • キルラキル 3話感想
  • ガンダムビルドファイターズ感想!!
  • キルラキル感想
  • 新しい特撮番組
  • 東方と艦これのコラボって実際どうなのか
  • 艦これ話
  • ロードラってソーシャルゲーム
  • 半沢直樹が終わってしまった…
  • 艦これ 嵐の正規空母建造祭り
  • まだまだやってるドラゴンポーカー
  • まだやってるドラゴンポーカー
  • まだやってるドラゴンポーカー
最新コメント
アクセスせし者たち
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

しょぺ脳内ゲーム

ブリリアントD