この時期が来るたびに、世の中の恋人や家族のクリスマスや年末年始は、フリーターや学生の労働を犠牲にして成り立っているとの思いを強くする加藤です。
これ言うの108回目だけど、売り上げはいつもの2倍(つまり忙しさも2倍というか何十個も買って一つずつラッピングしろとか、買い物のルールがよく分かってない年寄りとかが増える分、4.5倍くらいの忙しさだろう)にも関わらず、時給も人員体制も同じって、絶対おかしいだろ!!バイトの時給数百円くらいあげたって、売り上げ2倍以上(60万→140万くらい)なんだから何が困るって言うんだ!!
これも言うの1000回目くらいだけど、店が忙しくたって、儲かるのは、何か分からんけど、企業とか会長とかおそらくその辺であってだな、アルバイトやフリーターなどという末端労働者にはまっったく利益がないどころか労働に対するコスパという点では著しいマイナスなんですよ!何っにもありがたくないんですよ!!

そんな状況だと、いつもの仕事がこれはもう全く進まないわけなので、今レジ並んでいないからと思って、ゆっっくりとお金を出したり、ゆっっくりと荷物をしまったり、意味不明なことを話しかけてくる、それだけで腹が立つのだ。なぜかというと、今目の前の客がとっととお金を出してさっさと帰ればその合間をぬって出来たかもしれない溜まりに溜まった仕事の一部が、無駄に時間を浪費されたことによって出来なくなるからだ!!
今、並んでいないからって、いたずらに店員の時間を浪費するのは!!やめろ!!!並んでいるのに浪費するのは勿論論外だ!!
人に対するやさしさの半分は、余裕で出来ています。心を広く持ちたい。

私は石川啄木好きなんですが(駄目人間だから)、彼の歌で一番気に入っているのは、
「一度でも我に頭下げさせし人みな死ねといのりてしこと」
です、これを昔私は、
「一度でも我に頭下げさせし人みな死ねと祈りて仕事」
だと思っていました。
でも気持ちとしては、そんな感じです。

これはもう偏見ではなくて3年くらい働いた上での確信なんですが、半接客業的(つまりデパートや服屋みたいな接客メインというわけでもない)小売業や販売業従事者の、一番嫌いなというかやりたくない仕事は、レジや接客です。というか、レジです。皆、自分の方に客が来ても、わざと目を合わせないとか、「あちらどうぞ」っつって、私に押し付けてくるんです。自分がやりたくないからです。
なぜかというと、他にやらないといけない仕事が沢山あるので(私にもあるけど!!)或いはそちらの仕事の方が好きなので、客の相手なんかして時間を無駄にしたくないからです。もちろんこれは私もです。

本末転倒だと思いませんか?

と、普段よりエクスクラメーション・マークを多用して憤りを表明してみましたが、こんな殺伐とした生活では、もはや私の楽園(エデン)もしくは失楽園は、日本女性(一部男性)の生産性を5割くらい奪う為に別の太陽系から派遣されてきたとしか思えない羽生くんにしかない。
日頃はBL妄想しかしないが、クリスマス近辺は調子に乗ってマイ羽生(マイ、というのは、もちろん実際の羽生君はこんなんではなくきっと爽やかで気配りのできる礼儀正しい好青年であると思うので、あくまで自分の妄想の中での幻想という意味で・・・)妄想を繰り返していたし、我ながら歴代妄想ナンバーワンを挙げたいほど物凄く最高だと思うので、忘れないように書いておこう・・・


11:54 - 2014年12月24日
羽生君に土下座して「サンタさんの衣装着て!」って頼み込んで、めちゃくちゃ嫌そうな顔でサンタ衣装着て欲しいし、そのままケーキを二人で食べるんだけど、「イチゴはいらない…」って勝手に私の皿に苺をどんどんのせてきてほしいし、でもちゃっかりサンタの砂糖細工は勝手に自分の物にしていてほしい

12:12 - 2014年12月24日
羽生くんに「サンタの衣装着て!」って言ったら「絶対嫌だ!」と断られるけど、「なんで!いつもあんなヒラヒラの服着てるじゃん!」と食い下がりたいし、「あれは王子っぽいからいいんだよ!サンタはカッコ悪いから嫌!」とか意味不明な理由で怒られたいし結局根負けして超嫌そうな顔をしている羽生くんをスマホでパシャパシャ撮りまくりたい。