お山の話

2014年10月02日

一ノ倉沢紅葉情報

久さしぶりに行って来ました、一ノ倉沢!
車で行けた時は年中行ってたのですがマイカー規制制度が始まると
なかなか行けなくなってしまった一ノ倉・・・
今は車、バイクでは行けなくなってしましましたが学校行事に便乗して
歩いて行ってきました。

水上駅より電車に乗りたった10分の電車旅。。。
土合「どあい」駅に到着すると、心臓破りの階段が待っております。
IMG_2486
もぐらトンネルと言われホームは地下深くにあり、電車を降りたら
462段の階段を登ります。
IMG_2489IMG_2490IMG_2491
それから途中24段の階段+改札まで
143メートルを歩かないと外に出られないのです。
IMG_2493IMG_2494
なので一ノ倉沢トレッキングも谷川岳登山をされたい方は是非、
もぐらトンネルからスタートしてはいかがでしょうか!
http://www.nta.co.jp/jr/train/kishatabi/column/20140411.htm

徒歩では久しぶりだったのでですが昔と比べ道も綺麗に整備され
とても歩きやすくなってました!

歩けない方はロープウェイの駅より電気バスが走っておりますので
楽に行ける事もできます。
IMG_2520
http://www.enjoy-minakami.jp/news/news.html?201
http://www.enjoy-minakami.jp/updata/cli/pdf/attache_303_2.pdf

行きは川沿いの旧道を歩いてマチガ沢に出てそこからメインコースに出て一ノ倉沢まで。
帰りはメインコースのみでしたのでとても楽チン。
メインコースは舗装されているのでスニーカーでも行けますよ!
距離も3.3キロゆっくり歩いて1時間ほどです。
「簡単な地図」

http://www.minakamionsen.com/ecohike_course.pdf

「マチガ沢」
ここまではロープウェイの駅より35分
帰りは多少下りなので30分ほど・・・

IMG_2519

「一ノ倉沢」
日本三大岸壁の一つ
マイナスイオンもたっぷり!
冬は雪が6.7辰眄僂發蠅泙后

IMG_2539
谷の真ん中には雪が残っています。
万年雪。
流れる水もとても冷たいです。
IMG_2532
紅葉も始まりました。
岩から生える木々が赤や黄色に色づきとても綺麗でしたよ!
今年は紅葉、当たり年かな?
IMG_2547IMG_2543IMG_2559IMG_2556
これから色々なポイントでの紅葉が楽しみです!!!









syoubun_yado at 22:32コメント(0)トラックバック(0) 

2014年09月24日

谷川岳紅葉情報!

大変ご無沙汰しておりました。

春の更新より夏を超え、秋になってしまいました。

さぼってしまってすいません。。。

ついつい尚文のブログやFacebookがメインになってしまいました。

Facebookもよろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/tatsuya.abe.355
尚文のFacebook  「いいね」&「フォロー」お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/ryokan.minakami?ref=hl
申し訳ございません。

とにかく色々なことがありました。

尚文では増改築があったり、プライベートでも射撃が大会が続き

県代表で一都八県まで行ってボロボロでやられてきたり、某スポーツ選手「現役世界チャンピオン」

が我が家に遊び来たり・・・あ、BBQは40回を越しました。

どうしても焼きたくて、仕事が終わってから23時過ぎから焼いたり

週4回焼いたり。これやらないと癒されないんです。

寒くなったので今度は焚き火かな〜。

そんなことで、今年の気候はちょっとおかしいですね。

前半は雨がなくて畑も野菜もダメ。出来たと思えば猿の集団に全滅に追いやられ・・・

ホタルもだめ〜。庭に出来るアケビもヒヨドリに全部食われ。

夏が終わったと思えば一気に秋。

尚文より北の藤原地区では早くも霜が降ったそうです。

しかし、悪い事ばかりではありません!

谷川岳が最高です!!!

先日、谷川岳大好きんな友人が登った時に写真を頂きました。

素晴らしい!


10678692_10204320530280772_3733828282264328103_n10613830_10204324340136016_1239187998_n1938012_10204324340056014_1766386294_n10707981_10204324340176017_1094257605_n10707901_10204324340096015_1358833349_n10706348_10204324340216018_425917413_n10671251_10204320041508553_3644261839606685067_n



去年は登ってないからまた今年は行きたいな〜なんて思っていたら

もう紅葉はじまっちゃいました。

でもまだまだ間に合う。時間が出来たら行きたい!

来週は久しぶりに一ノ倉沢は行ってきますので、このブログか

尚文のブログで報告いたします!

これからの季節最高ですよ〜!


「写真提供 澁澤くん」

syoubun_yado at 15:55コメント(2)トラックバック(0) 

2014年04月22日

貸切雪上ドライブ!

営業最終日の翌週、宝台樹スキー場のお知り合いに許可をいただき
10152576_613756702041740_5066417540618129710_n
ゲレンデにスノーモービルを下ろさせてもらい、ゆっくり、まったり、

有害駆除に出掛けてまいりました。

スキー場ゲレンデより、閉鎖中のキャンプ場を抜け

裏見の滝まで貸切ドライブをしてきました。
1920423_613756632041747_7773799746675045194_n
いや〜とても良かったです!

見かけたのはカモシカ4頭。猿も鹿も猪も居ないので「もちろん人も」

全てが、超〜貸切でした〜!
10151225_613756525375091_6132005772700776450_n
今猟期は自分の休みをフルに使い「休んだのは1日だけ」

ゆっくりすることが出来なかったので、とても良い休日を過ごす事が出来て良かった。

スノーモービルも約25年くらい前の物で、今のカッチョイイ〜のとは違いますが
1001954_613756548708422_5005431373274797828_n
「私にはこれ位がぴったり」とても楽しめました!

来年はもっと使ってあげよう!

尚文の周りではフキノトウやウドなど山菜も始まりましたよ!

そして今度の休日前には、丸沼へ釣りに行ってまいります。

GW前に充電してくるぞ〜!


水上温泉 蛍雪の宿 尚文  次男坊 達也

syoubun_yado at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月30日

生き字引 2

またまた生き字引の「阿部惣一郎」さんの所へ、かんじきの勉強へ・・・

外でかんじきについて長々と話しました。
CYMERA_20140301_131311
昔の話も沢山聞かせてもらい、雪深い土地での生活の知恵など学びました。

この大きなかんじきは「すかり」
CYMERA_20140301_131202
一晩で一メートル降ることもあるので、そんな時はすかりを履き

道をつけたそうです。紐を持って足を動かす。
CYMERA_20140301_132203

そしてかんじき作りの作業場へ行ってまた知恵を学ぶ。

「昔は〜道具なんて〜もんはね〜から、みんなこうゆうたちにして、作るんさね〜。」

と、自分で作った道具を沢山見せてくれた。

今は道具なんてホームセンターに行けば売ってるけど、道具のない時代に生まれた人の

知恵は本当に凄いと思った。
CYMERA_20140301_134025


格好ではなくて、生きていく為に必要なもの。

知恵をしぼり考え、自分の使いやすいように作る。

昔は車なんて無い。食べ物もない。暖かい服も無い。長靴もない。

ガスもない。窓の隙間から雪が吹き込む。

こんな生活をして生きて来た。





最高にかっこいいと思った・・・

syoubun_yado at 21:47コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月21日

生き字引…

水上に住む生き字引の山仕事大先生の作るカンジキです。
カンジキとは雪の上を歩く為の道具で昔から手作りで作られてきました。

image

80歳にして今でも木に登り枝打ち、伐採をバリバリこなします。
チェーンソーの使い方や木の倒し方、玉切りした木の割り方など現場で出来る仕事やワラ靴作り、カンジキ作りなど教えてもらうことが沢山です。

今はアウトドアブームで海外から入って来たスノーシューの方が皆さんは良く知っていると思いますが
私は子供の頃からカンジキでしたね!
祖父の尚文さんが雪が降ると必ずカンジキを履いて道路まて道を付けていました。
それをいつも見ていて自分のカンジキが欲しくて、じーちゃんと山へ材料となる木(アブラチャン)を
採りにいって、作ってもらったのが7歳のとき。
もちろん、そのカンジキは今でも大切にしていますよ!

水上の山で狩猟を行うにはスノーシューではきついのです…
自分に合った大きさ、太さ、形が決められるのは手作りたからこそ作れるカンジキに限ります。
しかしカンジキも作れる人が減ってきています。山で働く人も今はほとんど居ません。
もちろん私は生き字引のお父さんのカンジキ作りは継承します。
山で生まれ生きてきた生活の知恵や文化は大切にしていきます。

そして尚文だからこそ出来るカンジキツアーをして皆さんに山の楽しさを知ってもらいたいと思っております。

水上温度 蛍雪の宿 尚文



syoubun_yado at 09:53コメント(0)トラックバック(0) 

水上温泉 蛍雪の宿 尚文
http://www.syoubun.com


達也メールアドレス
tatsuya@syoubun.com
メールはコピー&ペーストでお願いします。

Profile
「蛍雪のやど 尚文」の次男坊です。主に、料理・仕入れ担当です!自然が大好きで、四季を通して山・川に出かけております。尚文で使う食材、お客様に尚文でしか味わえない本物の味を食べてもらうため、日々食材を求めております。たいした事はしていませんが、何かをした日など日記をつけてみます。つまらなかったら、ごめんなさい・・・。 結局は、山、川情報になってしまうかな?その他、田舎の生活や、手作した物など自分の周りの出来事など紹介できたらなーと思います。また、「ある日の尚文」にも、尚文のこだわりを、紹介しております。このページからも行けるように、リンクをしておきます。コメントも待ってます!出来る限りお答えできるように頑張ります!


メールアドレス:tatsuya@syoubun.com
Archives
  • ライブドアブログ