堺市・松原市(大阪)で障害者年金のサポート

堺市、松原(大阪府)を中心に障害年金(障害者年金)の相談、申請代行を行っています。国民年金、厚生年金、共済組合への障害年金申請代行。白内障、緑内障、網膜色素変性症、感音性難聴、くも膜下出血、もやもや病、脳出血、脳腫瘍、心筋梗塞、慢性腎不全、肝硬変、肝腫瘍、肝臓がん、変形性股関節症、関節リウマチ、パーキンソン病、ホジキン病、うつ病、てんかん、肺がん、子宮頚部がん、胸部食道がんなどの障害年金について。大阪を本部に全国展開しております。障害者年金(障害基礎年金や障害厚生年金)の認定事例の紹介。

障害年金専門の社会保険労務士

ブログネタ
日常のささいなニュース に参加中!
ごあいさつ
 
はじめまして、アビリティ障害年金センター代表の谷口(社会保険労務士)と申します。障害年金専門の社会保険労務士として多くの方に役立つ情報、業務日記、出張、興味のあることについて発信します。
 
  
以下、現在、専門的に行っている業務についてです。
 
アビリティ障害年金センターでは、「障害年金の受給診断」や「障害年金メール相談」を開催しています。アビリティ障害年金センター・大阪本部 
 
障害年金(障害基礎年金、障害厚生年金、障害共済年金)は、重い障害のために労働することができない方への所得保障となりますが、実際に障害年金を申請しようとしても非常に複雑でわかりにくいことから、申請をあきらめたりするケースを耳にします。私共は、その様な方からの依頼により、全力でサポートしております。

・うつ病がひどくて働けない。外出できない。
・てんかん発作があり就労できない。
・知的障害があり就職できない。
・人工透析を受けている。
・リウマチが酷くて歩行が困難となっている。
・がんの治療により、心身が衰弱している。
・心臓ペースメーカーを装着している。
・・・ 
 
初診日より1年6か月以上経過し、現在通院されている場合、障害の状態により、障害年金の対象となる可能性がございます。(初診日要件、保険料納付要件、障害等級要件があります。)

障害基礎年金・障害厚生年金・障害共済年金のご相談はこちらよりどうぞ。認定事例も掲載しています。
障害年金の申請代行・受給資格などの相談・連絡先

ご自身で障害年金を申請される場合は、最寄りの年金事務所の窓口にて、まずは障害年金の受給資格が満たされているかどうかをご確認下さい。

大阪の年金事務所一覧

難波年金事務所 大阪市浪速区敷津東1-6-16
06-6633-1231

平野年金事務所 大阪市平野区喜連西6-2-78
06-6705-0331

天満年金事務所 大阪市北区天神橋4-1-15
06-6356-5511

福島年金事務所 大阪市福島区福島8-12-6
06-6458-1855

大手前年金事務所 大阪市中央区久太郎町2-1-30 
船場ダイヤモンドビル
06-6271-7301

堀江年金事務所 大阪市西区北堀江3-10-1
06-6531-5241

市岡年金事務所 大阪市港区磯路3-25-17
06-6571-5031

天王寺年金事務所 大阪市天王寺区悲田院町7-6
06-6772-7531

玉出年金事務所 大阪市住之江区北加賀屋2-3-6
06-6682-3311

淀川年金事務所 大阪市淀川区西中島4-1-1
日清食品ビル
06-6305-1881

今里年金事務所 大阪市東成区大今里西2-1-8
06-6972-0161

城東年金事務所 大阪市城東区中央1-8-19
06-6932-1161

堺東年金事務所 堺市堺区南瓦町2-23
072-238-5101

堺西年金事務所 堺市西区浜寺石津町西4-2-18
072-243-7900

貝塚年金事務所 貝塚市海塚305-1
072-431-1122

東大阪年金事務所 東大阪市永和1-15-14
06-6722-6001

八尾年金事務所 大阪府八尾市桜ヶ丘1-65
072-996-7711

吹田年金事務所 大阪府吹田市片山町2-1-18
06-6821-2401

豊中年金事務所 大阪府豊中市岡上の町4-3-40
06-6848-6831

守口年金事務所 大阪府守口市本町2-5-18 
守口MIDビル
06-6992-3031

枚方年金事務所 大阪府枚方市新町2-2-8
072-846-5011 

びまん性軸索損傷、高次脳機能障害、網膜色素変性症、拡張型心筋症、大動脈弁置換術

ブログネタ
生活習慣病 に参加中!
障害厚生年金および障害基礎年金の認定事例を追加しました。

びまん性軸索損傷、高次脳機能障害、左動眼神経麻痺

網膜色素変性症

拡張型心筋症

大動脈弁置換術後(人工弁装着)

慢性関節リウマチ

ブログネタ
手、足、肩、腰のつらい症状 に参加中!

 関節リウマチにより手首と指の痛みと動作が制限され関節の骨の破壊まで進んだこと、頚椎の痛みと可動域が制限されてきたこと、常に37度~38度内での発熱があることなど、現在もこれらの症状が慢性的に続いている。身体障害者手帳が5級であったため障害厚生年金の受給は厳しく感じたが、診断書の項目では右手関節(利き腕)の可動域の評価が「半減」となっていることと、右手を使った動作に「×」及び「△×」マークが多かったことで、結果を待つことにした。結果は、障害厚生年金3級の認定を受けた。

その他の事例はこちらからどうぞ
関節リウマチ/障害年金の申請・事例

アビリティ障害年金申請センター

障害基礎年金の金額の改定

ブログネタ
日記 に参加中!
1.社会保険庁長官は、障害基礎年金の受給権者について、その障害の程度を診査し、その程度が従前の障害等級以外の障害等級に該当すると認めるときは、障害基礎年金の額を改定することができる。

2.障害基礎年金の受給権者は、社会保険庁長官に対し、障害の程度が増進したことによる障害基礎年金の額の改定を請求することができる。

3.上記2の請求は、障害基礎年金の受給権を取得した日又は社会保険庁長官の診査を受けた日から起算して1年を経過した日後でなければ行うことができない。

4.この規定により障害基礎年金の額が改定されたときは、改定後の額による障害基礎年金の支給は、改定が行われた日の属する月の翌月から始める。

ポリオ後症候群(ポストポリオ)に関する障害年金の認定基準

ブログネタ
.気になったニュース25 に参加中!
ポリオ後症候群(ポストポリオ)に関する障害年金(国民年金、厚生年金保険)の認定基準を掲載しました。

ポリオ後症候群(ポストポリオ)・障害年金の認定

本日は、無料・電話相談はお休みとさせていただきます。
なお、メールでの問い合わせは、以下のホームページからどうぞ。

連絡先:アビリティ障害年金センター
障害年金・申請代行


  • ライブドアブログ