どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。

さてさて本当に偶然なのですが9月18日、この日には5分間だけ鐘撞き体験をすることができます。

本来、鐘は夕刻を知らせたり、除夜の鐘として撞くので地区の方たちの手前、好き勝手に撞くことはできません。

しかしこの日はなんと偶然にも東京の国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑で行われる「千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要」の日であって、浄土真宗でも教団として過去の戦没者たちを追悼するとともにが命懸けで守ってくれた平和への願いを新たに誓っていこうという試みで全ての浄土真宗の寺院でこの時間に梵鐘を撞こうというものです。

今は日本も非常に怪しい状況。

しかし、私自身も戦地に行った方から直で話を聞いてるし、夏休み子ども寺子屋では8月6日には総代さんから子どもたちへ平和教育として戦争の話を頂いています。

そして結論は言うまでもなく、何があっても絶対に戦争はしてはいけない。

残るものも得るものも悲しみと虚しさしかないのですから。

どうぞ皆さん、平和への思いを持って鐘を撞きましょう。

【平和の鐘】は13:15~13:20の間に撞きます。

偶然にもちょうどテラハウスマルシェの日なので平和への思いと鐘撞き体験を同時にしてみて下さい。

鐘撞くの気持ちよかったら除夜の鐘も撞きに来てね(^_-)-☆


DSC_1169