9月は急病で欠席しましたが今月は無事参加。

ビルマ電撃戦(K2P CMJ#94)
以前ぐちーずさんが持ち込まれて以来時々見るビルマですが隊長に誘って頂き初プレイ。
英中軍担当でしたが初期配置ユニットの少なさが心許ないです…。とりあえず日本軍の最初の攻撃でステップロスしながらも除去された部隊はなかったのでこの英軍部隊を中心に再配置。ラングーン方面はモールメン周辺の隘路で固く守りますがマンダレー北方面がまずかった。ロレイムに自動車化部隊を入れましたが山地荒地には道路沿いにしか機械化部隊のZOCが及ばないのを忘れており次ターンに包囲されて除去されてしまいました。その上ヘクス1905の歩兵旅団を北に逃がしていたので西に回せず日本軍にマンダレー平野へ出られてしまいました。この間中国軍は補給を使った第5軍以外出目が1、2で遅々として進まず。第3ターン、ラングーン方面は固く守っていたのですが日本軍手番の後飛行場突入VPがサドンデス要件を満たしていることが判明、英軍は日本軍の損害によるVP減少を狙い急遽このターンまでに出た増援を全て投入してラングーン正面の敵2ヶ所(成功率ともに1/3)とマンダレー平野から迂回して来た敵(同2/3)に反撃を実施しましたがパプン南の攻撃が失敗、3ターンサドンデス負けとなってしまいました。
20151011和泉1
20151011和泉2
20151011和泉3
↑英軍の反撃が成功していれば(ゲームが続いていれば)マンダレー平野の日本軍は次ターン補給切れになるのである程度望みはあったのですが…

昼食の後再び同じ陣営で対戦しました。
今回も第1ターンの日本軍による損害は先程と同じく2ステップほど。前回の反省を生かして自動車化部隊はロレイムより1ヘクス西で確実に包囲されないヘホに入れました。
第2ターン、北側の日本軍が分遣隊を南下させトングー飛行場に隣接させてきたので増援をトングーに入れておきました。ヘホを抜いた日本軍に対しては中国軍戦車部隊をマンダレーに入れて対応します。
第3ターン、日本軍がマンダレーを攻撃、先陣の中国軍戦車部隊が壊滅、しかし増援の英中軍を集中して戦線を引き直します。
第4ターンには集結した中国軍部隊でマンダレー周辺の日本軍を包囲攻撃、マンダレーから追い出しステップロスさせます。
第5ターン、日本軍の大規模増援が出てきますが更に中央での攻撃を継続、またステップロスを与えます。流石にラングーン方面が厳しくなってきたため砲兵を中心にマンダレー方面へ脱出させ各地の飛行場に損耗部隊を時間稼ぎのために配置しますがここでトングーの部隊を下げ忘れるミスが。しかし意外にも攻撃に良く耐えてくれました。
第6ターン、中央ではバケツリレーで補給をつないだ日本軍と猛烈な押し合いが続き双方に損害が出ます。南部で遅滞戦闘を行っている英軍はボロボロながらよく耐えています。チッタゴン方面には英軍1個でミュエボ前面の山地を封鎖しこの部隊にチッタゴン方面を全て任せることとします。
第7ターン、日本軍は英軍の時間稼ぎ部隊をあらかた除去しますがBBが連発して日本軍損害でVPが減少、英中軍のサドンデス勝利となりました。
仮に次ターンまでやったとしても私が放棄する予定だったシュエボ飛行場の1点を加味しても中国軍が山籠り態勢に入るつもりだったので中国軍除去VP1点を得ることは難しいだろうという結論になりました。
20151011和泉4
20151011和泉5
20151011和泉6
↑ほとんど英軍が残っていません
常に敵味方の移動力を計算してユニットをどこに配置するか考えなければならないので大変ですがとても面白いゲームだと感じました。

カデシュの戦い(K2P CMJ#67)
ビルマが終わった後微妙な時間でしたが隊長が一度やってみたいと仰るので並べるだけでもとやってみましたが…並べるだけで一苦労でした。マップはさほど見辛くはないのですがカウンターが…勢力ごとに色分けされていますが紛らわしい色のものが多く、またその中の部隊の所属や兵種がとても見辛く、「これ何や?」の声が始終上がっていました。エジプト軍担当でしたがセットアップ時盤上に辺境軍が2個で大丈夫なのかとも思いましたが1ターン目だけ動かしてみると意外とちゃんとした会戦級ゲームらしくなっており面白そうでした。
20151011和泉7
20151011和泉8
20151011和泉9