それでも、何とかやってます~by尚古堂~

電車で酔っ払いに絡まれていたOLさんを助けるような事もなく、中国でお見合いをするようなこともなく、ただただ平凡な毎日・・・でも、それでもいいやと思えるようになった今日この頃。

あぁ、「モバゲー」とか「ラミちゃん」とかの・・・

って、それは「DeNA」。


冗談はさておき、
前回触れた「DMCA」・・・

デジタルミレニアム著作権法についてです。

前回の記事のあらすじですが、
オンラインゲーム「艦隊これくしょん」の公式ツィッターのアカウントが
突然停止し、折悪しく大型イベント展開中に情報が停止したことに
様々な憶測が流れたのでした。


当初は、ツイート内のある特定の語句が禁止ワードに引っかかったとか
キャラクターの画像がやはり禁止項目に引っかかったなどと言われていましたが
公式に

『ツィッター公式で使用しているアイコンについて何者かが
「自身が作成した画像を無断で使用している」と虚偽の申し立てを
複数回した結果、ツィッター社が公式アカウントの停止に踏み切ったもので
現在ツィッター社に抗議をしているところです』

という発表がありました。

「自身が作成した画像を無断で使用している」という申し立てだけで
ツィッター社がいきなりアカウントを凍結したのは、
「DMCA」・・・デジタルミレニアム著作権法という
法律があったからです。


このデジタルミレニアム著作権法、実は日本ではなくアメリカの法律で
要約すると、『国際的な著作権に関する2つの条約にアメリカの著作権法を
対応させる為の法律』というもので、それだけではなく著作権破りをする技術
・・・DVDなどの著作権保護技術を解除する技術を公表したりすることまで
この法律で取り締まれるようにしたり、エミュレーター・・・あるゲーム機の
ソフトをゲーム機以外のパソコンなどで擬似的にゲーム機の環境を再現して
使えるようにする「模倣装置」なども禁止の対象にしているなど、
広範な権利保護法となっています。

運用面ではこの法律の悪いところがもろに出ていて、
アメリカでは著作権侵害があった場合、故意・過失に係わらず責任を問われる
『無過失責任制』を採っていて、特にインターネットサービスプロバイダは
迅速な対応を迫られるようになり、一定の要件を備えた著作権侵害主張の
申し立てを受けた場合は詳しい調査や情報発信者に対して確認を取る前に
コンテンツを削除、遮断しても罪に問われない事になっていて
その後でコンテンツ運営側から異議申し立てがあった場合は著作権侵害を
申し立てた側が反論しなかった場合はコンテンツは復活できます。


で、今回の件ですが「艦これ」は日本の話では・・・?
と思いがちですがツィッターの運営はアメリカの「ツィッター社」。

そうです、
アメリカの法律である「DMCA」が適用され悪意のある個人(?)が
「艦これ」運営に打撃を与えるべく(あるいは単なる愉快犯?)
虚偽の申し立てをツィッター社に申し立て、「艦これ」運営側も
対応しているものの日本とアメリカとの間のやり取りに
時間がかかり後手後手に回っている・・・
(「時差」の問題も一因かと)


というのが今回の件の真相のようです。






今年の桜の開花予想。

日本気象協会と民間のウェザーステーションは
広島における開花予想を3月27日と予測したとの由。

長期予想でも3月は気温が高めに推移するらしく、
ここまで気温が低めに推移したにも拘らず
桜の開花は早めになるとの予想を発表した模様。


名残りの桜も悪くはないか・・・





どうやら現在、オンラインゲーム『艦隊これくしょん』の
公式ツィッターが何故かアカウント停止措置を受けているらしく
ちょうど現在進行中の大規模作戦(イベント)に大きな影響を
与えているとの由。

一部では、『「エセックス級」という単語が引っかかった。』とか
(注:「エセックス級」から「エ」を取ると〇〇○〇(自主規制)となることから。
なお、ゲーム内では条件がそろうと他国の「艦娘」も使用可能になる。)
『画像が引っかかった』
(注:公式ツィッターでは普通に「艦娘」のイラストを掲載しています。)
など、色々と憶測が流れています。

もちろん運営側はツィッター社に抗議していているが
14時現在、停止は維持されたまま。

今回の件が一部で盛り上がっているのは、
今行っている大規模作戦(イベント)が史実のレイテ沖海戦
なぞった物だったことから

『史実通り通信途絶で各艦隊が独自の判断で動かなければならなくなった
所まで再現するなんてさすが『艦これ』』

と、思わぬ絶賛を浴びたとか・・・





続きを読む

アニメ『サザエさん』の続報。

現在サブの日産自動車がメインスポンサーに昇格することにより
ストーリーにも変化が生じるかも?と、想像をたくましくしている人が
多いことについてはすでに触れていますが、もう少しだけ。

東芝がメインスポンサーの時には白物家電やテレビなど、磯野家の
家電製品はとても充実していましたが今回、日産がメインスポンサーに
なったことにより実現しそうな物が、磯野家にマイカーが来ることと
それを使った半年に一度(?)の家族旅行物がマイカーに家族全員が
乗車した物になりそう・・・というもの。

実際にマスオさんは自動車免許を持っていると言う設定で、
原作では一時期車を持っていたので、かなり現実的な話
だと思えます。

で、使われる車ですが

・磯野家の家族は7人(波平、フネ、マスオ、サザエ、カツオ、ワカメ、タラオ)
プラスネコのタマ。

・免許の所持者はマスオひとり(=複数台での移動はない)。

ということからミニバン、それも宣伝効果を見込んで


エルグランド

になるのでは・・・

と思うのですが。

ただ、原作から大きく外れることを覚悟してサザエさんに自動車免許を
持たせることになった場合、複数台の車の所持が可能になり
そうなったら出てくる車もどうなるか読みきれなくなります。


なお、前回触れた

・磯野家のリフォーム(もしくは建て替え=ダイワハウス)

・三河屋さんの廃業危機(アマゾンの影響)

については、これまでサブスポンサーの商品やサービスが
必要以上にクローズアップされたことがないはずなので
(代表的なものが「マクドナルド」で、劇中、カツオやワカメが
ハンバーガーを食べていたシーンはなかったはず?)
取り越し苦労に終わりそうですが、波平さんやマスオさんが
スマホを持つのは時間の問題のはずで、その流れで磯野家に
パソコンが入ってきたらアマゾン、とは言わないけれど
ネットでショッピングも同様に時間の問題になると言えます。


もちろん、
以上の話は個人が想像をたくましくして書き上げた
妄想の産物で、実現の可能性はそんなにない、
と、事前に逃げを打たせて頂きます。






「モトチャンプ」2018年3月号からもうひとつ。

P9において、ホンダの2018年新モデルが
特集されていてその中に、

・スーパーカブ 125

・モンキー 125

というものがありびっくり仰天。


どちらも(恐らく)排気量は124cc位で多分、
制度が変わるであろう小型自動二輪AT限定免許に対応した
車種であることは明白です。
(注:スーパーカブ125は遠心クラッチを使用していてAT限定
原付2種免許で運転可能ですがモンキー125は4速マニュアルシフト
なのでAT限定免許では運転できません。)

これだと、スーパーカブ125のエンジンをボアアップ(注:ピストンの内径を
大型化することで大排気量化する)したり、削正(注:もともと量産されるエンジンは
量産時の段階ではいくらきちんと加工していても若干の歪みなどが生じ
効率の面で悪い影響が出るものだが歪んだシリンダーをきちんと真円が出るように
削っていけばその分効率はよくなるし、削った分排気量も増える。ただし、
削った分排気量が増えるので後述のような問題も生じる。)でエンジンをチューンする
ことにより、より高出力なマシンに変貌します。また、排気量が増えることにより
自動車専用道を走ることが出来るようになりますが(自動車専用道は排気量125cc未満
の原動機付自転車は走行禁止です。)これら改造により排気量が増えた結果、免許区分が
小型自動二輪車から普通自動二輪車に変わり、運転の際には普通自動二輪車免許以上が
必要となることには注意が必要です。また、この様な改装をしてきちんと車両登録が出来るか
どうかについては確証が有りません。
(注:原付1種→原付2種については例が多く、問題なく出来るようですが
原付2種→普通自動二輪車となると車両登録が各市町村から都道府県に変わるので
各支局がどのような判断を示すか前例がなく、ある意味『やってみないと分からない』
ということになります。どうしても、と言う方は自己責任でお試し下さい。ただまあ、
『絶対』アタックする人は出るし、何となくですが出来そうな気がしなくともありません。)



なお、発売予定次期はモンキー125が7月ごろ、
スーパーカブ125が9月頃と予想されています。






続きを読む

↑このページのトップヘ