さて、このような話を聞いたことがありますか?

曰く、

『30歳を過ぎて童貞だと魔法が使えるようになる』
(もしくは「魔法使いになる」)

という話です。

今回紹介する本の腰巻によると、
どうやら日本の30歳以上の未婚男性の4人に一人は
魔法使いになっているようです。

という訳で今回は、

ルポ 中年童貞 

と言う本をご紹介します。

P2070007
 
この本の著者はブラック企業などのルポルタージュを書いている人で、
一時期、高齢者向けのデイサービスセンター運営に携わっていたのですが
その際、職員として入社してきた中年男性の不出来さに相当頭に来ていた
らしく、ある席でその人が童貞だと発言したことから不出来の原因を
中年なのに童貞であると考え、中年童貞が社会に及ぼす悪影響を
ルポしたものです。

P2070008
 
正直に言います。

書かれている内容はサンプル数が少なく、極端な例をクローズアップ
しているだけで話のタネ程度にしかなりません。

曰く、アキバは中年童貞の天国だとか
曰く、女性に話しかけられないから同性愛に走ったとか・・・

極端な例をクローズアップすることでそれらを普遍的な事柄のように見せるのは
印象操作の基礎で、そういった面でも参考になりました。
 
社会考察の面から有益だ、との書評も見られますが
いかんせん、執筆のきっかけがきっかけなので
どうも素直に見ることができません。


とうとう、この言葉を使う時が来たようです。


『これでも貴重なタンパク源です。』

              (ベア・グリルス)



えっ、やけに中年童貞の肩を持っているようだが
お前はどうかって?



『魔法なんか使えなくても私、幸せ』

             ―――秋谷智子


これ、二段落ちですよ。