さて、店内です。

カウンター席と座敷で、合計10~20人位は入れるでしょうか?
かなり古びた店内は、あまり潔癖症の方にはお勧めできません。

ここは、ご夫婦で営まれていて、
なんと開業から50年、だそうです。

お品書き
お品書き その2
お品書き その3

ちなみに、「せんざんき」は鶏の唐揚げのことです。

十円寿しと吸い物を注文して、待つことしばし・・・

お待たせしました!

出ました、これが
「十円寿し」です。

添えられた箸の大きさに注目。
一つ一つの寿しが小さい。
一つ10円で、25個入りで250円。
タコとゲソに塗られているのは酢味噌です。
イカやハマチ、太刀魚などが入っています。

醤油ははけで塗ります

醤油は、はけで塗ります。

寿司が小さいのは、ネタを無駄にしないための工夫なのでしょうか?
味は値段以上。大きさのせいも有るけど、
するするっ、と入っていきます。

お吸い物

ここの隠れ名物、お吸い物。
魚のすり身のだんごがいい感じです。

少し大きな写真です

ここのご主人は少々耳が遠く、おかみさんが注文を受けて
ご主人に大きな声で伝えてくれます。

おかみさんの話では、
「夕食時以降は、急に客が減る」
そうで、営業は11時ぐらいから21時ぐらいまでだそうです。
(一部ホームページで12時から22時までとなっていますが、
「お客さんが11時ぐらいから待ってくれているのを見ると、
気の毒になる」ので、11時ぐらいから開けることもあるそうです。
ただ、基本は11時30分から、だそうです。)
定休日は月曜日です。

駐車場もあり、車での来店もOKです。
ただ、JR利用の場合は、運転間隔が1時間~1時間30分に1本
位の不便さなので、時間に余裕を持って行って下さい。

また、伊予富田駅の近くに最近、温泉施設が出来たのですが、
それについては機会を改めて訪れたいと思います。