1: ノチラ ★ 2018/01/13(土) 19:08:18.55 ID:CAP_USER
    「我々は非常に素晴らしいおもてなしと料理のディナーを用意し、『ごちそうします。どうぞお越しください』と招待している。招待に応じるかどうかは、相手に任せるしかない」。

     日本オラクルのフランク・オーバーマイヤーCEO(最高経営責任者)は2017年12月に開催された記者会見で、「パートナーのクラウドシフトをどう促すのか」という質問に対し、こう回答した。記者会見は日本オラクルのクラウドサービスを紹介するイベント「Oracle CloudWorld Tokyo 2017」の会場で行われたものだ。

     オーバーマイヤーCEOの言う「非常に素晴らしいディナー」とは、オラクルが提供するクラウドサービスと、その導入を支援するためのパートナー向けのプログラムのことを指す。オーバーマイヤーCEOは「パートナー企業には、当社の社員と同じレベルのクラウドの知識を持ってほしい」と話しており、そのために充実したパートナー支援策を用意しているという。

    冒頭のオーバーマイヤーCEOの発言を直接的な表現にすれば、「日本オラクルは、パートナーがクラウドシフトを実行するために、十分な支援体制を用意している。またオラクルが提供するクラウドサービスにも自信がある。いよいよパートナーが、オラクルのクラウドのパートナーになるかどうかを決める段階に来ている」ということになる。

     このオーバーマイヤーCEOの発言を聞いて、記者は少し驚いた。いじわるな見方をすれば「クラウドシフトをしないパートナーは美味しいご飯は食べられない、つまり、これまでと同様の支援を日本オラクルから受けられない」とも取れる。かなり踏み込んで、パートナーにクラウドシフトを促していると言える。

    素晴らしいかどうかの判断は難しい

     これまで日本オラクルのデータベース(DB)などのミドルウエアを販売していたパートナーにとって、オラクルのクラウドが「非常に素晴らしいディナー」かどうかは、現時点では正直、判断が難しい。

    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/122700988/

    【【IT】オラクルが「素晴らしいディナー」を用意】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/01/11(木) 21:57:34.31 ID:CAP_USER
    2007年1月9日に初代iPhoneが発表されてから今年で11年になります。これまで発売されたiPhoneのモデル数は、最新のフラグシップ機であるiPhone Xを合わせて18に上りますが、中には希少価値があるとして収集され始めているモデルもあるようです。
    iPhoneが刻む歴史と出てくる希少価値

    初代iPhoneは、画素数320 x 480ピクセルのスクリーン、重量わずか135g、高速インターネット(2G)を搭載と、発表当時はまるで夢のようなデバイスでした。

    あれから11年が経ち、フラグシップ機のiPhone Xが新機能のFace IDやTrueDepthカメラで世間を賑わせていますが、中には古いiPhoneモデルに希少価値を見出し、オークションサイトで高値で取引する人々も出てきているようです。

    Business Insiderによると、古いiPhoneはeBayで最大6,700ユーロ(約89.38万円)の価値がつけられることがあるとのことです。

    同メディアは、eBayで希少なiPhoneモデルを出品している店舗への取材に成功し、取引の内訳を調査しました。
    箱があると値段が段違いに上がる?

    オークションサイトeBayで古いiPhoneモデルの販売を行なうMobileshop24を運営するワイド・モハマディ氏は、Business Insiderの取材に対し、平均で初代iPhoneは1ヶ月に1台売れており、購入者の99%が収集家であることを明かしました。
    no title


    モハマディ氏によれば、デバイスの価格はその状態次第だとのことです。例えば、使用済みiPhoneで傷が多くあり、アクセサリが一部欠けている場合などは100ユーロ(約13,333円)以上の高値は望めないといわれています。

    しかしながら、箱が残っていたり、保護シートがついている場合は値段が段違いに上がることもあるようです。例えば、新品開封済みの場合、1,500ユーロ(約20万円)で売れることもあるとのことです。

    未開封の場合は、さらに値段が上がり、5,000~10,000ユーロ(約66.7万円~133万円)の値がつけられることもあるといわれています。
    https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2018/01/ebay-iphone-2g-4g.png

    モハマディ氏によれば、ストレージ容量の大きさも販売価格を決める重要な要素であるとのことで、希少価値のあるとされる4GBのストレージ搭載のiPhoneは、8GBや16GBの3倍の値段に達することもあるそうです。
    https://iphone-mania.jp/news-199840/

    【【スマホ】古いiPhoneに希少価値が出始めている?収集家が高値で購入も】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/01/12(金) 13:04:21.67 ID:CAP_USER
    22日に召集する通常国会には、2018年度税制改正関連法案が提出される。注目は現役世代の会社員の増税だ。年収850万円超の会社員が対象で、年収900万円なら年1万5千円の負担増になる。17年度の配偶者控除見直しに続き、サラリーマンの負担が増す。自営業者や高齢者の税負担はそれほど変わらず「取りやすいところから取っている」との声もある。どうしてこうなるのだろうか。

     「所得税の改正は、法人関係の改正に…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25598430S8A110C1EAC000/

    【【経済】増税どうして会社員ばかり 関連法案、通常国会へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ