システム開発ブログの本日のシステム開発ソリューションは、[メールフォームプロCSSカスタマイズできない場合]についてです。

本日のソリューションについての関連ナレッジが知りたい時には、検索サイトサービスにおいて、以下で紹介するようなキーワードの組み合わせでサーチされてみるのもよいでしょう。


メールフォームプロCSSカスタマイズできない場合というテーマについて、より詳しく知識を得るためのサーチ対象キーワードでは、

メール フォーム プロ
メール フォーム 無料
さくら vps
メール フォーム サンプル
mailform pro
html フォーム サンプル
メール フォーム pro
html フォーム
無料 メール フォーム
html メール フォーム
メール フォーム html
html メール サンプル
mail form pro
cgi サンプル
問い合わせ フォーム 無料
メール フォーム cgi
ぷらら ホームページ
php メール 送信
応募 フォーム 作成
mail form

などがサジェストされる。


さて、メールフォームプロCSSカスタマイズできない場合の問題解決について。

メールフォームプロでテキストエリアやテキストボックスがいくらCSSで指定してもサイズ変更できない場合の対処方法についてです。
主に、古いタイプのメールフォームプロが設置されたWebサイトでレスポンシブ対応のサイトに制作しなおすときに起きやすいかもしれません。


問題解決については、mailform.js内にJavaScriptでフォーム部品の大きさ制御など指定する関数があったのでコメントアウトして回避する方法があります。


ソリューション方法として他にもあるかもしれませんが、旧タイプのメールフォームプロでCSSセレクタで調整できない場合、オリジナルのカスタマイズをJavaScriptで指定している場合がありJavaScriptをカスタマイズしないとスマホ表示などで期待するビジュアルに変更できない場合があるという方法があるので上記のような方法で対応しました。


カテゴリーとしてはレスポンシブ対応とメールフォームプロに属する内容となります。