《システム開発関連の手順の流れ1》
まずはじめに、サクラエディタを用いて起動して空のファイルを表示してみましょう。

《システム開発関連の手順の流れ2》
次の流れとしては、メインメニューから、[設定]⇒[タイプ別設定]⇒[スクリーン]タブ、レイアウト項目・折り返し方法のプルダウン[右端で折り返す]と変更という操作をしていきます。

《システム開発関連の手順の流れ3》
さいごに、ダイアログを用いて、[OK]⇒プログラムの再起動という流れでこの記事の説明は終了です。


このシステム開発関連の記事に関しては注意点があります。設定から直接折り返し方法を設定した場合は、再起動後に元に戻るという点については、認識しておいたほうがよいでしょう。


システム開発関連のブログ記事として今回は、折り返しデフォルトを右端折り返しで設定する方法に関してテキスト編集ソフトウェアのSAKURAエディタにおいての『右端折り返し』デフォルト設定についてレポートしてみました。わりとニッチな内容に関して記事にすることが多いです。