2011年04月

2011年04月28日

認めたくないものだな…

f8a3b771.jpg自分自身の若さゆえの過ちというものを…。


昨晩、飲み会の後、トイレに行きたくなってパチンコ屋に入ったんですよ。

そうしたら、そこから記憶が無くなって…。

気付いたら、財布から諭吉がいなくなってたんです。(笑)


悔しくなって、つい蕎麦屋でカツ丼セットを食べ、特急で帰宅しちゃいました。

やはり、コツコツと働かなきゃダメなんですよね。(^_^;)

2011年04月24日

佐野ラーメン食べたくて…(笑)

79cb93bb.jpg気付いたら、佐野を通過して小山まで来てしまいました。(^_^;)

たまたまバトスピのデッキを持っていたので、チームバトルに参戦。(笑)

チーム『クロフネ』←まさよしの父さん命名
まさよしの父さん:赤青アスラ
まー君:カオスバタリオン
パパ:朝日ソーラーじゃけん!


5チームでのトーナメントでしたが、まー君の活躍(無敗)で何とか優勝。
面目躍如でした。(((^_^;)

栃木のみなさんには、本当に良くしていただき、ありがとうございました。m(__)m


ショップバトルには何とカジキくん、モギ君が参戦。

図らずも群馬対栃木の総力戦に!?(^0^)/

パパとまー君共に一没。
パパは北斗3体を並べられ、フルボッコ。(>_<)


昨日は部下の親御さんの通夜で今日は友達の親御さんの通夜のため、バタバタで帰宅。

今度はゆっくりと佐野ラーメン食べようかと思います。(爆)

2011年04月22日

やはり…あと一歩。

今日は久しぶりに仕事帰りにショップバトル参戦。

川口には、いつものメンバーがすでに集まってました。

川口ミニON
参加者8名
使用デッキ:朝○ソーラーじゃけん!

一回戦目
赤青強襲○

二回戦目
赤青強襲○

決勝戦
紫コントロール×


初戦から東京CS準優勝者と当たり、ガンディ+カノン+聖域とかキビシ過ぎる。(>_<)

さらに東京CS予選通過トップの少年。(:_;)

決勝戦の紫はライフ1まで追い詰めるが、魔王城とシャズーに阻まれボコボコ。(T_T)


今月初参戦でイケるかな?と思ったら、ジェラルディーにフラれちゃいました。(^_^;)


大会後は非公式大会!
デッキを『シルバーチャリオッツ』に変えてやってみるも…プレミで初戦敗退してから、良いとこ無し。
全敗でした。(>_<)


まだまだデッキの練り込みが足りないですね。
でも、環境が違う場所は面白い!!ってことで、ターンエンド。

2011年04月20日

ガンダムに乗った?!

9f079c2b.jpg約30年前の話です。
当時、ガンプラブーム全盛期で子供達は、週末、模型店に朝から並び、お目当てのガンダムやシャアザクを買おうと必死になっていました。
今のように何処でもプラモデルが売っていた訳ではなく、大きなデパートか個人経営の模型店にしか置いてなかった時代です。
朝から並んでも、模型店の仕入れでは全員に行き渡る事は無く、大半の子供は泣く泣くガンキャノンやシャア専用ムサイを買うしかありませんでした。


そんなある日、学校帰りに仲良しの友達数人で話をしながら歩いていたら、友達の一人が自慢げにとんでもない事を言い出したんですよ。

『昨日、ガンダムに乗ってザクを倒したんだ。』

小学生でもすぐ分かるような『嘘』をついたので、一緒にいた友達達も呆れながら、聞き流していたんですが、話が変な方向に進んできたんです。

昨日まで東北に旅行に行っていて、帰り道にドライブインに寄ったらガンダムがあったと言うんです。

昔は国道沿いにドライブインが点々とあり、トーストやカップラーメン、うどんやそばの自動販売機が並び、深夜まで営業していました。
もちろんコンビニなんてありませんでしたから、深夜のドライブには欠かせない休憩所でした。

ドライブインの一角にガンダムの操縦席があり、ガンダムを操縦してザクと戦った。

当時はゲームセンターなんかも少なく、喫茶店にテーブル台のインベーダーがあったり、ドライブインに何台か置いてあったりした時代でしたから、そんなゲームだと言っても信じる者はいなかったはずです。


先日、ゲームセンターで『機動戦士ガンダム 戦場の絆』のターミナル画面を見ていた時にそんな昔話をふと思い出しました。

『新規カード作成特典!ガンダム・シャアザク試乗キャンペーン実施中!』

実はガンダムは、階級が少尉以上でないと支給申請できず、大尉になった私でもいまだ支給されていない機体です。


約30年前にガンダムに乗ったという話を思い出し、もしかしたら、彼は時間を超えて、本当にガンダムに乗ってザクを倒したのかなと思わずにはいられませんでした。

皆さんは信じます?!(^_^;)

2011年04月18日

スィーツ♪プリキュア♪

37f78e78.jpg
292276f4.jpg
昨日は浦和まで映画を見に行きました。
来週から地元でも上映再開するのに…。(^_^;)

楽しみにしていた来場者特典カードが配布終了とか許せない!!(>_<)

今回はママ&まこちゃんで鑑賞してもらい、パパがみーちゃんとまー君の世話係。

まー君はショコリキサーでゴキゲンでした。(笑)


来週は地元で、仮面ライダー見るぞ!!o(^-^)o

プロフェッショナル?!

5cca9bca.jpgドラゴンクエスト最新作ですが、どの店も完売で参りました。(>_<)

結局、オークションで落札しました。
プレミア価格で。(^_^;)

まあ、予約してなかったから、しょうがないか…。(:_;)

2011年04月17日

伝説のカードバトラー:4

『月を見るたび思い出せ!我が友、ルナティック・ストライクヴルムを召喚!!』

髪を振り乱しながら、オーバーにカードを振りかぶり、フィールドに置いた。
劣勢だった場が崩れ、一気に形勢逆転して勝利する。
回りから歓声とも溜め息ともとれるような、どよめきが起こった。

その時、店の奥からフラリと赤い帽子を深く被った少年が男に近付きながら、語りかけてきた。

『月光の貴公子ってお前かい?』

『いかにも。私を皆はそう呼ぶ。』

『月光の貴公子は「左利き」でカードを掲げる手は左じゃないのか?!』

『な…何?左利き!?』

慌てふためいているのが、ハッキリと分かる男の声は裏返って上擦っていた。

『違うのかい?』

帽子を深く被っているが、試すような鋭い視線は射るように男に向けられている。

『ひ…左利きだぞ。私は…。』

男は少年と視線を合わせず、周囲を見回しながら答えた。

『バーカ!ヤツは右利きだし、お前みたいにブサメンでもねー!!』

『何!?だ…騙したな!!き…汚いぞぅ!!小僧!!』

周囲から冷ややかな視線を浴びせられ、ニセモノだとバレてしまった男は顔を真っ赤にして怒り出す。

『そうさ!俺は月光の貴公子じゃない。でも強いんだ!お前なんかよりもな!!』

『……。』

逆ギレする男を少年は無言で睨み返す。

『じっちゃんが言ってたぜ。「本当に強いヤツは纏う空気が違う」と。』

さらに少年は続ける。

『しかも「自慢話するヤツにロクなヤツはいない」ってな!』

『偉そうに!お前は何者だ!』

『俺かい?俺は「通りすがりのカードバトラー」さ!』(笑)

悪戯っ子のような笑みを浮かべ、男の前の椅子にアグラをかいて座る…。


『さあ!決勝戦を始めようか!!』


帽子のツバを後ろに回し、少年はいつものスタイルになったが、相手を見据えた後、肩をすくめ、すぐに帽子を元の状態に戻した。


一進一退の攻防が続き、男のフィールドには、いくつかの合体スピリットが鎮座していた。

『月を見るたび思い出せ!我が友、ストライク・ジークヴルムの声を聞け!!』

男は勝利を確信したような笑みを浮かべ、髪を振り乱しながら、カードを振りかぶり、大袈裟にフィールドに置いた。


『お前のカードが泣いてるぜ!』

『強がるな!セイバーシャークを合体したストライクでアタック!これで、お前のフィールドは更地だ!』
これだけの数がいれば、間違いなく勝てる!

『…フラッシュ!マジック!サイレントウォール!!』

男には心なしかカードがボンヤリと輝いたように見えた。
ターンエンドするしかないが、数で勝り、ストライクもいる。
負けるはずは無かった…。

『お前知ってるか?サイレントウォールが「バトスピの良心」と呼ばれる理由(ワケ)を…。』

『知るか!これだけの劣勢なんだ。単なる問題の先伸ばしに過ぎない!』

とにかく嫌な予感がしていた…なんだその余裕は?!

『巨人大帝アレクサンダーにカノン・アームズを合体!』

『カノン・アームズ!!!!』

ギャラリーからも歓声が上がる。

『アレクサンダーでアタック!カノン・アームズの効果で一枚破棄。さらにアレクサンダーLevel2の効果でフィアラルを破壊。カードを3枚破棄。強襲の効果で回復。』

『破棄された4枚の色のマジックが使えない?!』

効果でストライクが回復し、男は迷わずブロックする。

『ストライクでブロック!BPならこちらが上だ!』

『フラッシュがないなら、いくぜ!ストロングドローでパンプだ!』

少年はかなりオーバーなアクションでカードをフィールドに叩きつけながら叫んだ。

『我が友が!!』

強襲が続き、スピリットが破壊されていく。
残りライフは2、アレクサンダーはもう一度アタックできる。

しかし、手札にはマッハジーがある。勝てる!

『アレクサンダーでアタック!』

『フラッシュ!神速!マッハジーを召喚!』

『お前!少しはバトスピ知ってんじゃねぇか!』

少年は膝を一回叩き、嬉しそうにカードを掲げる。

『マジック!リブートコードを使用!』

『……。』

『もう終わりかい?』


男はドリームチェストを握りしめ、悔しさと怒りで小刻みに震え出す。

『じっちゃんが言ってたぜ「勝負は引き際が大事」だってな!』

『……。』

『お前はお前だ。だから、人マネなんかしないで、あんたとして戦ってみちゃどうだい?』

『俺として…戦う…?!』

自然と怒りは収まっていた。
不思議な感覚を味わいながら、帰路についた彼は、ふと空を見上げる…。

そこには満月が光り輝いていた…。


カードバトラーには、月下の光が良く似合う…。

2011年04月06日

伝説のカードバトラー:外伝3

一人部屋に篭り、熱心にカードを並べながら、デッキを検討している少年は、余程悩んでいるのか、眉間にシワを寄せて唸りはじめる。

『う〜ん難しい…。』

『どうしたんじゃ?』

廊下から部屋を覗き込みながら、初老の男が話しかける。

『防御カードを何にしようか解らなくて…』

『仮想敵は何じゃ?』

『カソウテキ?!』

首を傾げながら、問い返す。

『「どんなデッキと戦うと考えているのか?」じゃよ。』

『あまり考えてないや!(笑)』

『バカモン!!それは答えが出んわい!!』

『それじゃタイプ別に教えてよ。(^_^;)』


『しょーもないヤツじゃのう。例えば北斗+ブレイヴなら何にするかな?』

『デルタバリアやブリザードウォール、ミストカーテンにタップマジックかな?』

『そうじゃ。ウィニーならどうじゃ。』

『サジッタやVファイア、神速スピリットや複数タップさせるマジックも防御カードになるよね。』

『分かってるじゃないか!さらに装甲等で相手に効かないマジックは注意しないとな!』

『じっちゃんの好きな防御カードは何?』

『わしは防御だけでなく、攻撃にも使えるカードが好きじゃな。』

『だから、神速やタップマジックが多いのか!』

『用途が限定されていないコンバットトリックを積極的に使うという事じゃ。』

『あとはサイレントウォールだね。』

『サイレントウォールは、本当に素晴らしいカードじゃよ。』

『「バトスピの良心」だから?』

『ほう。珍しい言葉を知ってるな。その通り、サイレントウォールは「バトスピの良心」じゃよ。』

『意味が分からないけど、凄いんだね。(^_^;)』

『……。サイレントウォールはな、本来、防御カードではなく、テンポアドを……』

話しが長くなりそうなので、少年は相槌を打ちながら、そろりと抜き足差し足で台所に向かう…。
初老の男は、話しに夢中で全く気付かず熱弁は止まらない…。

『わしの若い頃は…必殺のツバメ返しで何人葬ったじゃろう…サムライビートというデッキではな……わしが作ったサイクロンジョーカーは……』


『おじいちゃ〜ん!夕ごはん片付けちゃいますよ〜!!』

『もうそんな時間か!?(笑)』


窓から夜空を見上げると満月が光り輝いていた。

カードバトラーには月下の光が良く似合う…。

2011年04月05日

伝説のカードバトラー:外伝2

初老の男が縁側で、まどろみながらカードを並べ、デッキ構築を再検討していると孫が駆け寄ってきた。

『じっちゃん!何やってるの?』

返事をすることもなく、カード効果を読みながら、カードを並べていく…。

『01ウィニー?!』

並べたカードを見ながら、孫がつぶやく。

『昔、北斗七星ジークアポロが流行った頃のデッキじゃよ…。』

やっと話をしてくれた事に安心してか、初老の男の横に座り、どんな話が始まるのかを期待しながら、顔を見つめる。

『どんな初心者でも、01と北斗七星、ケルベロード、ペンドラゴン、フェニックキャノンを突っ込んだデッキで上級者に勝てた時代があってな…酷い環境じゃった…。』

『先攻でも後攻でも2ターン目で、北斗+ケルベで詰みになるアレでしょ。』

『そうじゃ。それで紫速攻が流行って、ウィッグバインドなんていう速攻を助長するカードまで登場したもんさ…。』

『あれはプレイング関係ないからね!』

『いろんな色が勝っていると言いながらも、北斗七星が出て勝っていただけ…一部のソリティアデッキを使うツワモノもいたが、環境は結局変わらなかったんじゃよ。』

『それで、じっちゃんはどうしたの?』

『しばらく辞めようかとも思ったが続けたよ。それが…新しいメインデッキを作ったキッカケじゃよ。』

『それから、積み重ねる戦略がないバトスピが始まったんだね。』

『まあ、その時代よりも悪夢のようなミカファール時代があったが、その方がまだ楽しかったのう…。』


ふと気付けば、日が暮れて、辺りはすっかり暗くなっていた。


『爆神(第6弾)の頃が一番良かったなぁ…。』

『じっちゃんが黄昏れてる!(笑)』

2011年04月03日

インドの山奥で♪

修業して〜♪

現環境で勝てるニューデッキ完成!!

その名は…『シルバーチャリオッツ』!!

ポルナ○フ頭の俺ガイル。(笑)

早速、ホームのショップバトルに行こうと思っていたら、カミサマから『土曜日に美容院行きたいから、子守よろしく♪』と言われたので、不参加。

昼食の時から元気が無かったので、まこちゃんの熱を計ったら約40度!?
休日診療で診てもらったら、インフルエンザB型でした。(>_<)

家にいて、良かったかな?!(^_^;)