2011年05月

2011年05月30日

デッキ構築について(考察)

日曜日、初心者に教えていて自分自身が振り返りながら気付いた事をチラホラ。(^_^;)

まず、デッキを40枚にする理由。
これはデッキパワーを維持し、エースカードやコンボパーツを1ターンでも早く引くため。
確率論は面倒臭いので割愛しますが、当然(3枚×13組)+1枚がデッキパワーが一番高い。

フラッシュで使えるカードをデッキの1/4程度は入れる。
これも確率論の話になるので割愛。(^_^;)

一番重要なポイントはコンセプト。
何をどうやって勝つのかということ。
『あれもできる』『これもできる』は良い点よりもデメリットの方が大きい。
勝ちスジは2〜3通りが限界。
保険のため?
それならサイレントウォールとデルタバリアをガン積みしてください。(笑)


私はデッキを作るとき、手元にあるカードをかき集めて作るような事はしません。
それだとコンセプトがブレるばかりか大事なスロットを潰す事になります。

このデッキのためにコレが必要だから手に入れるというスタイル。
40枚の総合力で戦っているのですから当たり前の話ですケド。(^_^;)


そんな訳で、二人分+αのカードを揃えるため、バカみたいにカードを買うのです。(笑)

構築が甘〜い!

たっちぃさんが地元熊谷のショップバトルの見学に来るとの事で急遽参戦。

参加者は珍しく30人超。
二回戦目でマーサ君と当たる。フルアタックをしてきたので怪しいと思いながら、返しにフルアタック敢行。
相手の残り二枚の手札がバインディングソーン、トラトラだった。
神速という読みだったので、トラトラとムシャツバメで勝てると思ったら、疲労させられて終了。

決勝戦はマーサ君としゅんくんパパで、紫速攻のしゅんくんパパが優勝。
おめでとうございました。(*^▽^)/


その後、たっちぃさんとフリー。
他の人とフリー。(笑)
3時過ぎまでフリー三昧。(^_^;)

構築の甘さが分かりました。これで少しはバトルプルーフされたデッキになりそうです。(^0^)/


そして事件が…。
まー君がトイレということでコンビニに寄る。
出てくるのがかなり遅く約30分。パパは外で一服。
出て来た時には、トイレ待ちの人もいたので『遅すぎる!』と叱りながら帰宅。

帰宅後にまー君が『DS忘れた…。』と慌ててる。
トイレの中でゲームをしていたらしい。

すぐに店に電話するも、トイレの中には無いと回答がありました。

まー君はコンビニまで自転車で忘れ物がないか行きましたが、やはり届けられていません。
スマークとかでもトイレがやけに長い時があったから、その時も多分、ゲームをしていたのでしょう。

本当にバカ過ぎて、情けなくなって怒る気にもなりません。

しばらく、ゲーム等は買い与えませんって事でターンエンド。

2011年05月29日

勝ちきれないのは蟹のせい?!

やはり蟹の3パンチはキビしー。(:_;)

一応対策したけど、ハマらなきゃ無意味ですからね。(^_^;)


なかなか勝ちきれない俺…。


ゆっくり、じっくりと考える時間が圧倒的に足りない。
やれる事をやれる時間でやるしかないって事でターンエンド。

2011年05月28日

やっぱり終電!?

またまた緑が優勝。

デッキはレッド・サイクロン改で参戦しましたが、むらさき君に負けちゃいました。(^_^;)

初戦はルナテック&ストアポをマネキキャットで出され、かなり焦りましたがビートダウンできたので、まあまあの仕上がりかな。(^_^)b

手札事故はデフォルトですから、しょうがないって事でターンエンド。(((^_^;)

2011年05月27日

リンク追加

いつも仲良くしていただいているHikafuさんのblogです。
なかなか鋭い考察で参考になります。(^_^)b

http://mtg-dm-bs.jugem.jp/

リボル・アームズ

強いとか弱いとか言ってる人がいますが、ちょっと違うかなと。(^_^;)

必要?と言われたら、即答で必要だと言いますね。


今までのプロモも基本的に無限回収。
イットウカブトなんか安くなったから大量購入。何枚あるかワカラン…。


普通には使えないカードかもしれないけど、それは使い方。

歩なんか弱くて使えない!

そんな棋士がいますか?
そういう事です。


すでに7冊買った言い訳を真面目に考えている俺ガイル。(笑)

2011年05月25日

伝説のカードバトラー:5

少年は部屋の電気も点けず、膝を抱えたまま座り込んでいた…。

あるカードバトラーに敗北してから、そんな日が続いていた。

『戦い方がワカラナイ。』

赤い帽子の少年は周囲に話していたという。

仲良くなったカードバトラーがショップバトルに行くため、一人暮らしのアパートに誘いに来ても部屋の片隅をぼんやりと見つめたまま動かない…。


『あんなに自信マンマンだったのにどうしちまったんだ?』

『……ビートダウンの仕方がワカラナイんだよ。』

『ビートダウンなら右に出るヤツがいないお前がワカラナイだなんて意味分からねぇ。』

半ば呆れながら、視線の定まらない少年の背中を豪快に叩く。

『叩く事ないだろ?…分かってるよ。ショップバトルだろ。行くよ。』

『お前、おかしいぞ?』

初心者がバトルに疲れてかかる病気に似ている。
無気力でボーッとしているようで、何も思考していない状態だった。


『お前、じいさんを越えるためにバトスピをやってるって言ってたよな。たった一度負けたぐらいで、立ち直れないのかよ。』

背中で聞きながら、ショップバトルの準備を始める。

『お前のじいさんのこと知ってるぜ。そのぐらいで凹むなら、越えるなんて絶対に無理だな。』

少年は黙々と準備をしている…。

『今日は、お前を負かしたヤツがショップに来るらしいぜ。行くのを辞めるかい?』

『……。』


少年は準備を終えて、無言で外に出た。


『じっちゃんが言ってたぜ「ドアが開かなきゃ…」』

『「壁を破って入れ」だよな。』

『なんで知ってんだ!?』(^_^;)

『調べさせてもらったからだよ。伝説のカードバトラーとして有名だからな。』


大会の決勝戦、赤い帽子の少年と長髪の青年が対峙する。

バトルは一進一退。
少年がややアドバンテージを失っていた。

『また前回のように負けるようだな。また優勝カードはいただくぜ。』

『……。』

いつもなら、軽口のひとつも叩いてみせる少年は黙ってフィールドを見つめている…。

アタックできるスピリットは、ジークカタストロフドラゴン1体。
長髪の青年の残りライフは2。

『ジークカタストロフドラゴンでアタック!』

必殺の攻撃だったが、青年の手札には神速召喚できるマッハジーとムシャツバメ、さらにバインディングソーンがある。

『フラッシュ!神速!マッハジーを召喚!』

少年のフラッシュが無いのを確認し、ブロック宣言をしながら、青年は勝ちを確信した。

ブロック宣言した以上、アタックは不成立なのだから…。

前回の少年の敗北した場面と重なる。


『勝ちを確信したみたいだが、てめぇの神速デッキは前に見てる。』

『だからどうした?アタックできるスピリットはいないぞ?』

『いるさ!!神速召喚!!』

無駄だ。
手札にはバインディングソーンがある。召喚した神速スピリットは疲労させて無力化できるし、さらにムシャツバメがまだあるのだから…。
それをかわされたとしてもライフ2を減らすだけの神速召喚できるコアはヤツにはない!!

『余裕の顔じゃねぇか!コイツはシビレるぜ?』

召喚したのはブレイヴ!?

『シールディバグをジークカタストロフドラゴンに合体(ブレイヴ)!!』
一瞬、稲妻のような煌めきをカードが放ったかに見えた。

『無双になりやがった!!!!』

どよめくギャラリー。

『じっちゃんが言ってたぜ「ハイランカーには同じ攻撃は二度と通用しない」ってな!』

青年は投了を宣言し、ガックリとうなだれた。


『お前、ボーッとしているようで、ずっと考えてたんだな。言い過ぎてすまない。』

『同じ攻撃で負けられないだろ?じっちゃんの名にかけて!(笑)』


外はすっかりと暗くなり、綺麗な半月が浮かんでいた。

カードバトラーには、月下の光が良く似合う…。

2011年05月23日

限界を超えろ!!

アウトプットばかりで、ソースが足りなければ新しい情報をインプットすれば良い。

苦しいながらも光明が見えてきたみたいだよ。


『限界なんてない。停滞期があるだけだ…。』


センスを磨け!
デッキを練り上げろ!!


答えは戦場(現場)にある。
明日の向こう側にある世界を感じ、今を駆け抜けるだけ…。

そこには唯一無二のシンプルな答えがある。


理屈なんて無い…強いヤツが勝つ。


己の魂を込めたデッキ…。
新しい剣が火花を散らす。

さあ、始めようか?

勝利者は唯一人…。

いざ、勝負!!

研ぎ澄まされた技をもって…。

魂を込めた剣を携え、俺より強いヤツに会いに行く…。
そこにある『真実』を求めて今日も戦う…。

2011年05月19日

表題からネタバレ!(笑)

獅子座が『白』、射手座が『赤』とは思わなかったなぁ。(^_^;)

アニメの表題からネタバレしたようです。(笑)

ストライクヴルム・レオ
サジット・アポロドラゴン

なんかカッコ悪くないっスか?(爆)

2011年05月18日

バトスピウェハース?!

59801aa9.jpg毎日食べていたら、ニキビ(吹き出物?)が二つもできちゃった。(^_^;)

アポロばかりだから、買わない予定が…つい…。(>_<)