就活まとめ速報 〜就職活動に役立つ2chまとめ〜

就活に特化した2ちゃんねるまとめブログです。就活生に有益な情報をまとめていきます。

スポンサードリンク



2015年03月

わい大企業リクルーター、就活生にビビる
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1427635748/0


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 22:29:08.21 ID:w8PSu/DP0NIKU.net
やり甲斐とか会社の弱点とか聞いてくるなや・・・知らんがなそんなもん・・・

【わい大手企業リクルーター、就活生にビビる】の続きを読む

「封筒はNG」…履歴書・エントリーシートの提出方法も見られている“就活”
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1427687805/0


1: トペ コンヒーロ(catv?)@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 12:56:45.62 ID:GKkFSvp/0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
 就職活動では、説明会の受付で履歴書やエントリーシートを提出することがあります。また、一次面接の会場に直接、書類を持っていき、その場で提出することも珍しくありません。
 このとき就活生によって、封筒に入れて提出したり、クリアファイルに入れて提出したりと、その対応は様々です。では、一体どうするのが正しいのでしょうか?

◆封筒に入れるのは避けよう
 まず、一般的に最も正しいマナーとして言われる「封筒に入れて提出する」ですが、これは避けましょう。人事からすると、あまり好ましい対応ではありません。

 そもそもマナーとは「世間一般でこう言われているからこうする」というものではありません。より正確には「相手の立場になって考え、自分の振る舞いを決定すること」だと言えます。
 つまり、大切なのは「こうすると、この人は一番嬉しいだろうな」という視点を常に持って振る舞うことです。これがマナーの基本です。

 では、その視点に立って、つまり人事の立場になって、この封筒という対応を考えてみましょう。ここでは説明会の受付で渡すシーンを考えてみます。

◆封筒に入れて書類を提出する就活生を、人事は嫌がる
 あなたが説明会の会場に着くと、大抵は先に来た就活生が受付に並んでいるでしょう。そこでは人事が就活生に名前を尋ね、予約者のリストと照合し、履歴書やエントリーシートを回収しています。

 さて、このとき書類を封筒に入れて提出したとします。

 すると人事には、まず封筒から書類を出すという手間が発生します。そうしなければ、書類の内容に不備がないかを確認できないからです。
 そして確認が済み、問題なければ受理します。そして、ここで「もらった封筒を片づける」という手間がさらに発生します。

 企業によっては「クリアファイルや封筒に入れず、裸で提出してください」とアナウンスするところもあります。これは手間を削減するためです。
 よって、書類を提出する際は必ず、封筒やクリアファイルから出して、裸のまま提出しましょう。それがここでの正しいマナーです。
http://response.jp/article/2015/03/30/247823.html

【「説明会で封筒はNG」…履歴書・エントリーシートの提出方法も見られている“就活”】の続きを読む

【画像】企業が学生を接待するバブリーな就活が復活 出てきた肉塊をスマホで撮る学生
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1427594007/0


1: ビッグブーツ(大阪府)@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 10:53:27.45 ID:9hohfABU0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/chibi_c.gif
http://www.nikkei.com/content/pic/20150329/96958A9F889DEAE6E4E4E6E5E7E2E0E2E2E1E0E2E3E79AE3E393E2E3-DSXMZO8466476020032015H11A01-PN1-19.jpg

 2016年卒業予定の学生の採用活動が始まった。今年は日程変更で選考期間が短くなり、景気回復や人材不足感から「売り手市場」にも拍車がかかる。
優秀な学生をいち早く取り込みたい企業は、豪華な会社説明会を開催したり、学生の元へ直接説得に出向いたりしてアピールする。「採用バブル」の復活をも感じさせる新卒採用の最前線を追った。

 全長310メートル、タイタニック号の4倍の大きさを誇る米大型クルーズ客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」。
船内にはカフェやブティックが並ぶ122メートルのアーケードのほか、カジノやスケートリング、フリークライミング用の壁面、フルサイズのバスケットコートなどを備える。

 JTB傘下で旅行企画・販売を手掛けるJTBメディアリテーリング(東京・文京)は5月6日、東京港に寄港するタイミングで同船を使った会社説明会を開催する。

 JTBグループは就職先として常に人気があるが、今年は例年になく危機感が強い。「今年の就活は売り手市場。少しでも変わった取り組みをして学生の注目を集めよう」。大谷美文社長は社員に発破をかける。

 学生の前に出されたのは800グラムの肉の塊。初めて見るそのボリュームに、学生の多くはスマホで写真を撮りまくる――。
ビズリーチ(東京・渋谷)が運営する「ニクリーチ」は、登録した就活生を食事に招待してスカウトする“肉食就活サイト”だ。IT企業を中心に80社が利用している。

 近くの焼肉店と連携しニクリーチ用のランチも開発した。「大手志望の優秀な学生も多く集まる。おいしい肉の力はすごい」(竹内真取締役)。
どうしても欲しい学生はディナーに招待し、役員自ら説得にあたる。

烏賊ソース
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO84664750Q5A320C1H11A01/?dg=1

【企業が学生を接待するバブリーな就活が復活  就活生を肉で釣る】の続きを読む

このページのトップヘ