就活まとめ速報 〜就職活動に役立つ2chまとめ〜

就活に特化した2ちゃんねるまとめブログです。就活生に有益な情報をまとめていきます。

スポンサードリンク



2018年07月

体育会系学生「就活でスポーツ以外にアピールできるものがない。どうしたらいい?」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1530686886/0-


1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CN] 2018/07/04(水) 15:48:06.03 ID:ogK7oufc0 BE:123322212-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
「体育会系=勝ち組」に異変? 就活強者の苦悩

 就職活動において体育会系学生は間違いなく「強者」だ。学生時代に力を入れたことがはっきりしており、OB・OGとのつながりも深い。
まして今は売り手市場、何も問題はないはず――。と思いきや、意外に苦戦しているという。本当だろうか。探偵(記者)が調査したところ、
体育会系学生ならではの苦悩が浮かんできた。

 「面接官によって、肩書が『刺さる』人と、そうでない人がいる」。私大4年の男子学生Aさんはこう明かす。大学スポーツの華ともいえる、
誰もが知る名門大の名門運動部に所属。だがその肩書は「年配の人には受けるが、一次面接で出てくる若い面接官はそれほど食いつかない」。

 Aさんの学生生活は「大学日本一になること」にかけてきた。就活のことを考える余裕はなく、金融や運輸など計10社を受けたが、内定はまだない。
「そもそもスポーツのほかにアピールできるものがない。どうしたらいいのか」とここに来て頭を抱えている。

 就活において壁に直面する体育会系学生は少なくないようだ。

 「あの時、答え方を間違えたかもしれない」と振り返るのは国立大経済学部4年で運動部の男子学生Bさん。大手商社の最終面接でのこと。
世間を騒がせた日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題が話題に上り、面接官に「あなたなら指示されたら実行しますか?」と質問された。
Bさんは「できません」と即答。面接には落ちた。後になって「もっと違う切り返し方があったかも。実際に上司が理不尽な指示をする場合も
あるかもしれない」などとあれこれ考えている。

 Bさんが就活を始めたのは5月と遅めだ。第1志望の金融は全滅。「肩書に安住して対策を怠っていた。内定をもらっている学生は皆、
自己分析や面接対策に地道に取り組んでいた」。最終的に自動車部品メーカーの内定を得たが、「周囲には『なぜメガバンクに行かなかったの?』
と意外感を持たれた」という。

全文
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32531300S8A700C1XS5000/

【体育会系学生「スポーツ以外にアピールできるものがない。」 】の続きを読む

学歴って就職でどこまで役に立つの?
http://find.2ch.sc/?STR=%BD%A2&SCEND=D&SORT=MODIFIED&COUNT=50&TYPE=TITLE&BBS=ALL&OFFSET=50


2: 名無しなのに合格 2018/06/26(火) 12:59:09.81 ID:5n9ZIgh/
早慶4年だけど学歴意味あるのは書類選考までだぞ
面接うまくこなせないの分かってたから大手避けて倍率低そうなとこばっかり受けてたけどそれでもかなり落ちた
親や教師は世代が違うから学歴さえあればうまくいくみたいなこと言うかもしれないし受サロ民もそれを鵜呑みにしてるかもしれないけど今時はもうそんなことない
一応「自分的には」満足いくところに内定もらえたしこれ以上続ける気力もないから就活終えたけど無名中小だし客観的には負け組だろうな

【学歴って就活でどこまで役に立つの? 】の続きを読む

このページのトップヘ