今話題のオワハラって何!?  

5370473007_2303ef8d3e_o


最近、いろいろなメディアで取り上げられている”オワハラ”。
複数内定を受けるような学生の中でも話題になっているらしい。



オワハラとは「就活終われハラスメント」の略であり、企業が学生の内定辞退を防ぐために行うハラスメント行為である。

過去に言われた例として、
「今ここで他の会社に内定辞退の電話できる?」
「今ここで内定承諾書にサインできる?」
「明日も選考があるけどこれるよね?」(拘束)
「内定も出たし、髪色変えたら?」(就活の継続の不可)

などがある。

ではこれらの”オワハラ”を回避する術はないのだろうか? 


他社の選考状況を正直に言わない 

DSCF3460
 

他社の選考状況を正直に言ってしまうと、その会社に辞退の電話を入れさせられる可能性がある。

なので志望度の高い他社の選考状況を正確に言わないことが賢明である。

辞退の電話を入れてもいいような企業の名前を挙げよう。
 

内定承諾書に法的拘束力はない

ダウンロード (31)
内定承諾書に法的拘束力はない。
10月1日の正式内定までは、辞退をすることが出来ると思っていて構わない。(それ以降でも内定を辞退できた例は多数あるが。。)


しかし、現実的な損失を企業が学生に請求する権利はあるので、企業への迷惑や、後輩への影響が最小になるよう、早期の辞退をするのがいいだろう。


アルバイトやプライベートが忙しいことをしっかり伝える

DSCF7008

急な選考や研修を入れることで、学生を拘束して他の企業の選考を受けにくくするパターンも多くある。

それらの際は「面接の中でアピールしたエピソードに関する行事がある」と伝えるのが有効だ。

 
面接中に 部活にまつわるエピソードをアピールしたのであれば、部活にまつわる行事があるから、、と。
サークルにまつわるエピソードをアピールしたのであれば、サークルの行事があるから、、と説明することでスケジュールを丁重に断ることができるだけでなく、頑張っていることへの継続もアピールできる。



いっそのこと、オワハラをしてくる会社には入らない

3

日程の拘束や、他社への辞退の電話の強要などを行ってくるような会社は、入社後もそのような非常識な価値観を押し付けてくる可能性が高い。

俗に言う、ブラック企業である可能性が高いのだ。

「ブラック企業って入る前に気づいてよかった」と、プラスにとらえてその会社の内定を早期に辞退してしまうのも、”オワハラ対策”といえるだろう。