メールによる応募連絡の例。

きちんと要領よくまとめれば、それだけで高い実務能力があると評価されて、好印象を与えることもできる。たかがメールだが、きちんと書こう。

注意点はここ!

・「拝啓」や時候の挨拶は省略してOK
・長文の自己PRも応募連絡では避けた方がよい。
・書類の添付は、指定がないかぎりしないこと。


文例:
○○株式会社 採用ご担当者様

前略
「××就職」で営業職募集の求人広告を拝見した、山田と申します。
貴社のホームページも拝見しまして、自分の希望に合い、また
お役にも立てるはずだと考え、ぜひ面接をしていただきたく、
ご連絡いたしました。

以下に私の簡単な履歴を記します。
なにとぞ選考対象にしていただき、面接日時等のご返信を賜りたく
お願い申し上げます。

■自己紹介

希望職種:営業職
名前:山田 太郎(やまだ・たろう)
年齢:22歳
住所:東京都杉並区在住
最終学歴:△△大学政経学部

■スキル・資格

使用できるアプリケーションソフト
 オフィス(ワード・エクセル・パワーポイント)

TOEIC790点

■連絡先

090−8888−8888
メールアドレス:xxx@xxx.ne.jp

»毎日更新★最新の就職情報rankingはこちら!

  

ブログネタ
2009就職活動 に参加中!