81lfk71aEdL._SL1492_











Transcendence / Devin Toensend Project 01916 【新品・初回盤2枚組・日本盤】【2016年9月のお買い物 090316 Part3】

2014年にリリースしたブルーズ・ロック、カントリーの『Casualties of Cool』(これは未聴)、2枚組『Z2』以来、2年振りのアルバム。デヴィン曰く、今作はMetallicaのブラックアルバムのメガリフパワーと映画「スタートレックIV」のエモーショナルな高揚感を兼ね備えている。という例えのとおり、今作も優秀なメタルアルバム。毎年のようにアルバムを作り(またお題目をあげ)、ファンは、メタルだけでなく、プログレッシヴ・ロックやアンビエントやニューエイジ色が強く置き去りにされたり、カムバックしたりしながらも、彼が天才であることは疑う余地はない。
今作もメタル版ウォール・オブ・サウンドは健在。ダイナミックなオーケストラ、音の洪水、リフの嵐、そしてメロディックである。超越と名付けられたアルバム。その名の通り、DTPの集大成的なアルバム。
ソロ名義の『Infinity』('98)収録の「Truth」のセルフカヴァーから始まり、本編最後は、ウィーンのカヴァー「トランスダーマル・セレブレイション」を収録。その後日本盤ボーナストラック3曲(デモ)を収録。日本盤は2枚組。2枚目はデモ音源『ホールディング・パターンズ』を収録。
これは聴いてから、到達点にきてしまったし、もうしばらくアルバム出せないだろうなと思ってたけど、やはり新譜は来年(2019年)出る予定のようです。