71mnmk+jU5L._SL1400_-1











Hey! Hello! Too / Hey! Hello! 00417 【新品・日本盤】【2017年4月のお買い物 040117】

Wildheartsのジンジャー・ワイルドハートが近年ソロプロジェクト、バンド、ソロと並行して行っているうちの一つがこのHey! Hello!。彼が得意とするパワーポップ、キャッチーなサビ、メロディが満載の楽曲。語弊があることを承知でいえば、80年代の歌謡曲のような感じ。
2013年にリリースした1st『Hey! Hello!』は、全英チャート37位にランクイン!当時のメンバーは、メインヴォーカルにジンジャーのソロバンドでもコーラスを行っていたヴィクトリア・リエットク。ジンジャーもヴォーカルを取ったりツインヴォーカルの曲もあった。1stは、全パートをジンジャーが演奏したものであったが、今作は、2016年にリリースされた2ndでバンド形式でレコーディングしており、ギターにレヴ、ドラムにアイ、ベースにAnti Productのメンバーだったトシ。リズム隊は日本人と言うことです。
ホリス・マハディーがメインヴォーカルになるはずだったが、レコーディング途中で脱退してしまい、メンバー全員ヴォーカルを取るのを前提に、ゲストヴォーカルを迎えてレコーディングされた。
ジンジャーのメロディメーカーとしての才能が如何なく発揮されており、突き抜けてひたすらポップでメロディ満載で思わず口ずさみたくなる傑作だ。
10はジンジャー・ワイルドハートのセルフカヴァーの日本語ヴァージョン。

01. All Around The World (Japanese Version) *日本盤のみ収録
02. This Ain't Love
03. Glass Of Champagne
04. Kids
05. Forever Young
06. Loud And Fucking Clear
07. Can't Stand You (Hurting Me)
08. Let's Get Emotional
09. A History Of Lovers
10. Body Parts (Japanese Version)
11. Perfect

日本盤ボーナストラック
12. Automatic Love
13. Little Piggy
14. Don't Stop Loving The Music

ヴォーカル
トシ…01
ジンジャー・ワイルドハート…09,14
アイ&トシ…10
レヴ…11

ゲストヴォーカル
エミリー・リー…02,08
ライラ・K…03
キャット・サウスオール…04,07
ティナ・メイナード…05
ジヴィ・ピリン…06
ホリス・マハディ…12,13