まぁねー・・・・
見に行くつもりも無いので、文句を言うこと自体
お門違いも甚だしいんでしょうが・・・・・
これは、無いわなぁー・・・

多分ね、もうちょいマシに聞こえるシーンもあったんでしょうけど
このシーンをPVに持ってきた辺り、制作陣の嫌味なんじゃねーかとまで、邪推してしまいますw

元々アニメは、そこまで見るほうじゃありません
昔のジブリや、最近では『物語シリーズ』の初期辺りを借りてきて見たぐらいかな?
なので最近のアニメのキャスティングが、話題性ばかりを先行させ
どっへたくそなタレントを連れてきたがるという話を聞いても
「ほーん(ハナホジー) あ ホンマや ヘタクソやなw」
ぐらいの興味しか沸かないんですが

この流れが映画のほうにまで来たら、タマランなぁ
と感じたので、現在キーボードを叩いてる次第です

まぁ、ここまで書いたらお解かりになると思いますが
ワタクシ、映画は『吹き替え派』です
これ書いたり言うたりしたら、「ップwwwwwwww」
みたいな反応がよく返ってきたりします
これに関しては、皆さん思うところがあるんでしょうが
オレとしたら、「字幕読んでるウチに、シーン見逃したりせーへんのかな?」とか
「字幕無しで聞き取りながら見れるつったって、母国語が日本語である以上、直感で聞き取れないんだから
どう頑張っても頭で意味を変換する作業が必要となり、映画に集中できんくない?」とか
「字幕の文字制限のせいで、ニュアンスが伝え切れてない場合もあるけど、エエのんかな?」とか
ま、そんな事を頭で思い描きつつ「見やすいから」の一言で片付けるようにしております
オレが『判ってないなぁ』的な事を言って反論しちゃうと、『吹き替え派』をバカにしてくる人間と
エラく大差ないようになってしまいますもんね
見方は、人それぞれです

ちゃうわ そんな事は、どうでもエエんですw
日本には、声の演技をとんでもなく昇華させた『声優』という職業が存在しております
その中でもオレが好きなのは、『舞台等で場数を踏んできてる声優さん』です
発声が、全然ちゃいますもんね




この動画をUPしてくださっている方が書いている説明文は
まんま、その通りやなぁと感嘆してしまいました
オレもホンマは、こういう頭の良さそうな事が書きたいんですがねw

ま、要するに
折角巧い人達がおるんやから、そっち使えや 出来上がったブツの重みが全然違ってくるで
ヘタクソがおったら、そればっか気になって、映画に集中でけへんねん

と・・・・・オレは思うって話なワケでした

でね、これ書きながら思いついたんですけど
日本の一般向けアニメ界って、日本市場の事は、正直どうでもエエんとちゃうかなぁ?
ほら 日本のアニメって、海外ですごく評判良いじゃないですか
なので作った時点で、制作陣の目線はすでに海外を向いているような気がします
それならば、ナンボ声の配役がヘタクソでも
海を渡った時点で、その土地の言葉用に声の配役も変わるでしょうし
もし、そのままで見られる方がいたとしても
オレが外国人の発声による、演技の上手い下手が、いまいちピンと来ない様に
日本語の演技の上手い下手がお解かりになられる方も、そうそう居ないと思います
そういう意味合いもあって、演技力のほうは、ワリと軽視してんのかなぁ?って。
「とりあえず日本市場は、話題性だけで釣っておけばエエやろ」的なね。
ま、あくまで想像でした

多分オレが『吹き替え派』なのは
映画の取っ掛かりが
『金曜ロードショウ』だったり
『ゴールデン洋画劇場』だったり
『日曜洋画劇場』だったりしたからなのは、大いにあるでしょうねー
『ザ・ロック』とか、学生の時、繰り返し見た記憶がありますもん
カツラ取った後のショーン・コネリー好きなんですよねw
「世の中に、あんなにカッコええハゲがおるんや」って、軽くカルチャーショックでしたから(´・ω・`)
オレも、もうちょい歳とったら『若山弦蔵』さんのような声になれたらエエなぁと夢みつつ
次回は、リネの事書きたいと思います








え?オマエ 英語ワカランとか言いつつ、洋楽ばっか聞いてるやんって?
あんなもんね 何言うてるか、意味全然判ってません
ただ単に、リズムが好きなだけです(´・ω・`)





To be continued....