2010年12月03日

肥満度測定法

《肥満の定義》 ・・・ 体重ではなく体脂肪が問題


肥満とは、体脂肪が多くなり過ぎた状態を言います。


体脂肪(特に、内臓脂肪)が多くなり過ぎると、糖尿病、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、性ホルモン異常、等の病気にかかりやすくなるので、体脂肪が多い状態(=肥満)が問題となるのです。


体重が重くても、筋肉や骨が多くて体重が重い場合は肥満とは言えませんし、反対に、運動不足の人に多いのですが、体重が少なくても筋肉や内臓が痩せ ていて脂肪が多い人は、肥満と言うべきでしょう。


また、汗などの水分を体から出して体重が減っても、肥満が解消したことにはなりません。


従って、肥満の度合いを測るには、本来は、体脂肪を測定しなくてはいけません。


 しかし、現在の所、体脂肪を簡単かつ正確に測定する方法がありませんので、体重を測定し、実際の体重が標準体重を上回る分が脂肪で構成されていると仮定して、肥満度を測定しています。


なお、最近では体重計型の家庭用体脂肪計が開発され普及しつつありますので、活用すると良いでしょう。

 

 

ネットワークビジネスの成功プロセス

パワーのあるメッセージ

地球を守るために今できること

ネットワークビジネスの成功方法

成功へは小さなことから大きな差を生む



syunoeru at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月02日

ダイエットのサプリメント

糖質や脂質の燃焼効率を向上し、体脂肪になる分を少なくさせる成分を含むもの


食事で摂った糖質は消化吸収されて細胞まで運ばれ、そこでアルファー・リポ酸によって燃焼されやすい形に変えら れた後、細胞内のミトコンドリアで、コエンザイムQ10の助けによってエネルギーに変えられます。


また、同様に、食事 で摂った脂肪は消化吸収されて細胞まで運ばれ、そこでL-カルニチンによって燃焼されやすい形に変えられた後、細胞内 のミトコンドリアで、コエンザイムQ10の助けによってエネルギーに変えられます。


この様に、食事で摂った糖質や脂肪が燃焼するには、コエンザイムQ10とアルファ・リポ酸並びにL-カルニチンの存在が不可欠です。


これらはいずれ も体内で合成されますが、その量は20代をピークとして減少して行くため、エネルギーとして消費されずに余る量が加齢とともに増え、体脂肪に変換される分 も加齢とともに増えることになります。


加齢とともに太りやすくなる原因の一つがこれであると考えられています。


従って、加齢とともに不足するコエンザイムQ10、アルファ・リポ酸、L-カルニチンを補うことにより、食事で摂った糖質や脂肪の燃焼効率をアップ させ、体脂肪へ変換される分を少なくさせることが出来るのです。

 

 

MLM成功セミナー

ネットワークビジネスとは

情報商材の餌食になる人たち

ネットワークビジネスで知り、思い、感じた事

魅力のあるホームページを成功させるコツとは???

syunoeru at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月21日

お肌だけじゃなく健康にも良いコラーゲンとは

肌によいというイメージから人気の“コラーゲン”。


サプリメントやドリンク、鍋に納豆と様々な関連食品が登場していますが、そもそもコラーゲンって一体 何でしょう?


コラーゲンは体内に最も大量に存在するタンパク質。


動物が単細胞から多細胞化した際、細胞と細胞の間を埋 める組織として作られ、皮膚、腱、血管、肺、骨など体の支持組織における機能に重要な役割を果たしています。


その柔軟で弾力性に富む性質から、骨や軟骨を折れにくくし、肌に張りを与えています。


そのコラーゲンが減少すると、たるみやシワの原因になるほか、頭髪や歯にも影響が。



美容と健康には欠かせないモノなんですね!




ネットワークビジネスで本気で成功したいなら

私が在住のMLM

ネットワークビジネスにも共通する努力の成果

ネットワークビジネスでの被害

ネットワークビジネスのダイレクトレスポンスマーケティング


syunoeru at 02:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)