検法,舛腓い肇Ε鵐船!

2007年04月22日

漢文を読む

朝日新聞の「天声人語」を6年間書いた栗田亘氏の本です。下の写真のように、まず普通の読み方、原文、説明、註解とあって、その後に約二頁、栗田氏の思いを綴られます。そこに時々グイッと引き付けられる文章があります。

続きを読む

syusetsu at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月14日

しゃっとした

「しゃっとしたこそ 人は好けれ」      閑吟集

中野孝次氏がその著「人生の実りの言葉」の中で、次のように解説されています。

続きを読む

syusetsu at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月28日

形容矛盾とオキシモロン

もう随分前のことですが「レコード芸術」という雑誌に吉田秀和さんが「形容矛盾」という言葉を書いて「オキシモロン」とルビをふっていました。

続きを読む

syusetsu at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

形容矛盾とオキシモロン

もう随分前のことですが「レコード芸術」という雑誌に吉田秀和さんが「形容矛盾」という言葉を書いて「オキシモロン」とルビをふっていました。

続きを読む

syusetsu at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年01月16日

北原さん、それは違うでしょう・・・

「クイズ、日本語王」というTV番組でこんな問題が出ました。

次の二つの表現のどちらが正しいでしょう。選んで下さい。
   (1)真相は藪の中
   (2)真相は闇の中

答えは「藪の中」でした。どちらかと言われれば「闇の中」だろうと思っていた私はダーッとなりました。監修は「明鏡国語辞典」を編んだ北原保夫さんです。尊敬する日本語の専門家なのにい・・・と・・・。

私はどちらも正しくて、ただ意味が違うだろうと思っていました。今真犯人のお孫さんが書いたという「下山事件」というのが店頭に出ていますが、この事件のようにさっぱり見当が付かないのが「闇の中」で、先日証人喚問があった耐震強度偽装問題など、怪しいのが何人かに絞られてはいるが、さあ誰だか分からない、というのが「藪の中」なのだ、と私は思っているのですが・・・。


例によって「検索」してみますと・・・
    (1)真相は藪の中――― 949件
    (2)真相は闇の中―――24100件

だから、どちらが正しいとは言えませんが・・・


羅生門



syusetsu at 07:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

司馬遼太郎さんの随筆

司馬遼太郎は「小説」より「随筆」の方が絶対に良い。「面白い」でなく「良い」と断言なさったお方が居られた。誠に、誠に、残念ながらその方の名を失念しました。

私は「坂の上の雲」を揃えたまま読まず、そのまま「随筆」にのめり込んだので、「小説」より云々、は分からないのですが、しかし「随筆」が「良い」ことには全く同感致します。

「司馬遼太郎が考えたこと」という随筆集が新潮文庫でもう直ぐ15巻、完結となりますが、「以下、無用のことながら」という随筆集がこれは文春文庫に有って、恐らくこれは重複掲載されていると思うのですが、調べては居ません。

さらに「余話として」というのが文春文庫に有って、その中の数編は「話のくずかご」と見出しが付けられています。ここまで絞りに絞って「くず」扱いされた一編に「村の心中」と題されたのが有ります。

わずか10ページほどのものですが、読み終わって私は、丑三つ時のトイレの中で大声を出して笑いこけてしまいました。誠に精妙なユーモアセンスとでもいうのか、笑いが収まった後は、兎に角ウームと唸り続けるほかないという・・・こんな風に申し上げれば、もう貴方は今日最寄りの本屋に絶対にお立ち寄りになるのでは・・・

しかし、世の中には、とんでもないところに、凄いものが、さりげなく置かれているものではあります・・・(o_ _)oパタッ!


司馬遼太郎




syusetsu at 06:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年03月22日

五つの属性と三つの機能

司馬遼太郎さんが言う「大人のための五つの属性と、三つの機能」
司馬遼太郎続きを読む

syusetsu at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年03月04日

へのへのもへじ

「へのへのもへの」だと思っていたら学生の時、関東では「へのへのもへじ」と言うんだ、と教わりました。
最近、永六輔の本に金沢では「へめへめくこひ」と言う、と書いてありました。
へめへめ続きを読む

syusetsu at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年01月05日

モーゼ と 諭吉

福沢諭吉が明治4年に、8歳(市太郎)と6歳(捨治郎)の二人の息子に毎日一つずつ書いて教えた「ひヾのをしへ」と言うのがあります。それとモーゼにどんな関係がある?
面白いことを発見しましたので、とくとご覧下さい。福沢諭吉2続きを読む

syusetsu at 03:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年12月02日

「正義」とはなにか・・・

モーガン・フリーマン 
Justice is the law. And the law is man's feeble attempt to set down the principles of decency.

「正義とは法である。そして法は、人間が自分の”良識”に対して”原則”を与えようとするささやかな努力だ」

続きを読む

syusetsu at 02:06|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2004年12月01日

こんな良い詩も有ります

病者の祈り「A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED」
というのですが、一読の価値有りです・・・。続きを読む

syusetsu at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年07月26日

とどのつまり・・・

出世魚の代表選手と言われる「ぼら」を調べました。鯔続きを読む

syusetsu at 04:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月26日

柿と柿

「柿落とし」と書いて何と読みますか?「こけらおとし」でしょ。 柿こけら続きを読む

syusetsu at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

短い手紙

 短い手紙といえば、「一筆啓上火の用心、おせん泣かすな馬肥やせ」が有名ですが・・一筆啓上続きを読む

syusetsu at 13:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月25日

酌は目でなく耳でせよ

花街で古くから伝えられている作法だそうです。お酌続きを読む

syusetsu at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ざるそばの盛り方

「そば」にうるさいと自認なさっている方もちょっと見落としがちな秘伝があります。ざるそば続きを読む

syusetsu at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月21日

ムーン・フェイス

月のような丸い顔のこと?毛利衛続きを読む

syusetsu at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

北岳から奥穂高岳まで架け橋を渡すと・・・

日本で富士山の次に高い山は南アルプスの北岳(山梨県)3193m、次は北アルプスの奥穂高岳(長野県)3190m、その差はわずかに3mです。
北岳続きを読む

syusetsu at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

司馬遼太郎さんらしいなあ・・・

オランダ人がベルギー人を腐す時に良く持ち出す話はこれである。司馬遼太郎-2続きを読む

syusetsu at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月20日

マンホールの蓋は何故丸い?

話の種が切れた時などに、しらけて困ることがないよう、これを一つ覚えて置いて下さい。マンホール続きを読む

syusetsu at 02:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月18日

「々」は何と読む?

「佐々木」とか「日々」で使う「々」は何と読むのでしょうか?をどり字法続きを読む

syusetsu at 06:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月15日

「みぎひだり」のついでに「右高左低」を・・・

西ドイツに 「バウハウス」 という世界的に有名な美術学校があります。徹子の部屋続きを読む

syusetsu at 02:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

「みぎひだり」か「左右(さゆう)」か?

京都御所の紫宸殿へ行ってみると、玉座は向かって右側に有ります。内裏様続きを読む

syusetsu at 02:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月13日

これ、英単語? 

[ pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis ]=「肺塵症」続きを読む

syusetsu at 02:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

不思議な数字

この数字は何倍しても同じ・・・?続きを読む

syusetsu at 01:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月12日

世界一難しい問題!

これまで正解した方には未だお会いしていません。孤島続きを読む

syusetsu at 13:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

三家和!!

こんなシーンがありました。麻雀です。A子さんが七万をポン。ところが他の三人が相次いでリーチ。A子さんが七万を引いてきてカン。それが当たり牌で、三家和(サンチャーホー)。

という話なのですが、そんなバカな!と仰有る方はいらっしゃいますか?
正解がどうしてもお分かりにならない方はこちらへ三家和続きを読む

syusetsu at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

SOND

9〜12月の英語の覚え方で、苦労した方、今も苦労している方、に朗報です。続きを読む

syusetsu at 06:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

円周率の記憶方法

貴方は小数点以下何桁まで暗唱出来ますか?続きを読む

syusetsu at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月11日

ケネディーとソローが同じ事を言ってます

「全ての人がお互いに愛する必要はない。必要なのはお互いの違いに寛容であることだ」             ―――――ケネディー元米大統領
             (核戦争の寸前だったキューバ危機(1962.10.22)に
                    際して行った演説 「平和の戦略」より)>J・F・Kennedy












太鼓の音に足の合わぬ者を咎めるな。その人は、別の太鼓に聞き入っているのかもしれない。
                       ―――――H・D・ソロー「森の生活」
                                 (鶴見俊輔意訳)H・D・ソロー