コンクリ殺人犯の再逮捕とストーカー行為演説への付き纏いにストーカー規制を

2018年08月30日

「入院患者」抹殺計画の隠蔽工作?

 今回は当相談所代表の有門大輔がお伝えします。


 岐阜県岐阜市のY&M藤掛第一病院で高齢の入院患者5人が死亡した事件で、警察による捜査が始まっています。

1
画像:新聞記事より

 エアコンが故障した病室に入院患者を据え置きにした結果、約15時間の間に相次いで入院患者が死亡した事件でした。

 特に酷暑と言われた今年の夏、エアコンの稼動停止は即、生死にも関わる死活問題と言えるでしょう。

 今年の8月は東京でも盆過ぎあたりに一時期かなり涼しくなりましたが、それも数日のみですぐに暑さがぶり返しました。そして9月にもなろうかという段階でなお猛暑です。

 昔は病人にエアコンの風は良くない…などと言われたものですが、今では積極的にエアコンをつけたほうが良いとされます。熱中症を回避する意味で現代人の生活にエアコンは欠かせません。

 特に高齢者の場合は体力的にも若年層に比べて限界があり、まして入院患者ともなれば身体的に弱っていて、なお脆い。エアコンが故障した状態のまま入院患者を置いておくなど、医療関係者ならずとも正常な判断とは思えません。

 エアコンが故障したのは3階と4階の病室だと伝えられていますが、24時間フル稼働しているとはいえ、同時多発的にそうそう故障するものでしょうか?

 エアコンが不調だとか、効きが悪いというのは毎日のように医療関係者が病室に出入りしていれば分かりそうなもので、人為的な故障だったのではないかと思えてなりません。

2
画像:同

 警察の捜査は殺人容疑で進められています。

 まさにエアコンの不調・故障に名を借りて、日本人入院患者の抹殺が図られたと言えるのかも知れません。

 死亡したのはいずれも高齢の入院患者だったとされますが、合併症を患って入院していた人もいたとはいえ、そもそも健康な状態だった人が単なる怪我などを理由に入院を強いられた末の発症だったのかも知れないでしょう。

 高齢者…病院に入院している人…その2つの条件が揃っていれば、エアコンの故障と同時に事切れたとしても誰も不思議には思いません。

 それでも4~5人が一気に、同時的に亡くなったというのはいくら何でも露骨過ぎて表面化・事件化したものなのでしょう。

 このところ、病院での殺人疑惑が何かとマスコミで報じられるようになりました。

 神奈川県の病院での事件もそうでした。

2018年08月20日
病院内での日本人抹殺プロジェクト!?
http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/28112064.html

 
 しかし、本当に恐ろしいのは左翼系の病院、カルト系の病院、在日の医療関係者が多い医療機関で同様に日本人患者が抹殺されていながら、それ
が隠蔽されてしまうということです。

 例えば…の話ですが、今回の岐阜市の病院にしたところで、エアコン故障を軽視した病院関係者の現場判断ミスで引き起こされた単なる「事故」だったのかも知れません。

 その単なる事故がマスコミぐるみで殺人事件に仕立てられ、例えばその一方で起きている左翼系病院での「日本人患者」抹殺事件を巧妙に隠すための策略で、ゆえにマスコミが総攻撃で岐阜市の病院を袋叩きにしているのかも知れないのです。

 高齢者の方ばかりだし、入院患者だから暫くは良いか…といった判断でエアコン故障が軽視された上に入院患者が死亡したとしても確かに由々しき事態ですが、その一方では依然ニュースでは重大な事件が隠されているとしたら恐ろしい話でしょう。

 Y&M藤掛第一病院での入院患者死亡は確かに大事件ですが、その他の病院ではそれ以上に露骨な抹殺計画が進められているかも知れないということを忘れてはなりません。



syusutosoudan at 15:15
コンクリ殺人犯の再逮捕とストーカー行為演説への付き纏いにストーカー規制を