「アルペンスキー」を考える

湯谷信二がアルペンスキーをいろんな角度から考えてみます。

砂高スキー部NEWジャージ

 ついにできあがってきました。

 『砂高スキー部NEWジャージ』。

 ちょっと目立ち系です。
 悪いことはできません(笑)。

 これからのオフトレ、このNEWジャージで頑張ります!!


 NEWジャージ前



newジャージ後ろ

グレステン合宿

 昨日の晩、津別町での『グレステン合宿』から無事帰ってきた。

 2日間という短いものだったが、選手たちの基本技術の理解は格段に深まったものと思う。

 グレステンの滑りを見ても、それがしっかりと伺えた。

 自分の癖、そして冬に向けた自分の課題。
 これに気づけただけでもものすごく大きい。

 実際のスキ−よりも低速の条件の中で、それもインラインと違って「ズレ」を感じることのできる条件で、癖や課題を見つけられたことはとても大きい。

 来季、これらを元に大きく進化を遂げる選手たちに出会えることが今から楽しみな私だ!!(笑)


 今日一日はゆっくりと過ごさせてもらった私。

 録画しておいたお気に入りの「奇跡のレッスン」もしっかりとチェック。

 今回は「柔道編」。

 フランスの元代表コーチを招いての指導。

 いやー、またまた勉強させていただきました。
 いつものごとく、涙も出てしまいました。

 柔道に限らず、日本のジュニア指導、そしてそこからシニアへ向けた指導の課題が指摘されていたように思います。

 再放送だったかもしれませんが。ぜひともチェックしていただきたい内容です。

 NHKBS1での「奇跡のレッスン」です。
 ぜひ見て下さい!!
 

津別町

 今日は『津別町』にやってきた。
 そう、グレステンのために。

 午前・午後で約4時間半、みっちりと基本練習です!(笑)

 ターンの基本的な動きを頭で理解し、少しでも今の時期に表現できるようになる。
 それが砂川高校スキー部のグレステンの目的だ。


 今日だけでもかなり良い動き・良い感覚が出てきた選手もいる。

 ぜひ明日も更に良いものにすべく頑張ろう!!

 岩谷高峰コーチにも明日はご指導いただけますように・・・(笑)。

自己記録を更新

 昨日の陸上タイム測定はかなりの南風。
 
 おそらく4〜5mはあったかと。
 
 そのため100mと200mでは自己記録更新が続出!!もちろん、追い風参考記録ですが・・・(笑)。
 
 そんな中でも、400mで2年 伴が、1500mでは3年 前鼻が『自己記録を更新』。皆頑張っています!!
 

 そして明日からは1泊2日で津別町へ。
 
 そう、グレステン合宿です。
 
 冬に向けた基本動作の確認のため。
 
 実のある2日間にしてこようと思う。
 
 気をつけて行ってきます!!

自転車ロード70km

 先日の土・日で砂川高校の学校祭が終了。
 
 月曜日のウエイトトレーニングからフルタイムで、そして全員で行なう久々の部活動が再開。
 
 そして今日は久しぶりの『自転車ロード70km』。
 

 この1ヶ月くらい、土・日の天候が悪くロードのトレーニングができないでいたが、今日は晴天!!
 暑すぎるくらいだった。
 
 トップは3年 赤城。1時間55分とかなり速いタイムだった。
 
 怪我で1・2年の2シーズン、悔しい思いで過ごしてきている。

 この高校ラストのシーズンに懸ける思いも誰よりも強いはずだ。
 
 今日の走りはそんな思いの現れかとも思う。ぜひ悔いのないシーズンにしよう!!
 

 明日は陸上のタイム測定。
 
 100m、200m、400m、1500mのタイムを計る。
 
 自己ベストを目指し、精一杯の走りをしよう!!

ホルメンコール・ワックス講習会

 今日はかもい岳温泉にて『ホルメンコール・ワックス講習会』。
 
 安藤さんがわざわざ来てくださり、選手たちに細かくレクチャーしていただいた。
 
 知っているようで知らないことが多いのがチューンナップやワクシング。
 
 そして周りに聞けそうで意外と聞けない・聞きにくいのもチューンナップ・ワクシング。
 

 それ故にこのような機会は本当にありがたい。
  
 間違った方法をとっていた者も、今日それに気づくことができたよう。
 
 良かったな!!これからはしっかりと正しい方法で行なっていこう!!

 
 安藤さん、ありがとうございました。
 
 シーズンにはまた選手たちがお世話になります。
 
 よろしくお願いします。
 
 ホルメンコール

安田かずみの結婚式

かずみ結婚式 今日は歌志内高校時代の教え子、『安田かずみの結婚式』へ。
 
 もちろん、歌高スキー部の教え子たちも大集合!!
 
 そんな教え子たちの元気な姿を見られて、とてもうれしかった。
 
 そしてもちろん何より、かずみの花嫁姿、本当にきれいだった。
 

 とても幸せそうな素晴らしい笑顔の連続だったかずみを見ているだけで、私まで幸せな気持ちになってくる。
 
 そんな中での私の祝辞、場の雰囲気を壊しまくりでした・・・。申し訳ございません(笑)。
 

 教師という仕事、そしてスキ−の指導に携わらせてもらっているが故のこんな機会。
 本当にありがたいし、ものすごくうれしい!!
 
 やはりこの私、教師はやめられません!!(笑)
 

 教師である限り、スキ−の指導者である限り、ただ仕事をこなしていくだけではなく、その時その時を全力でやっていかなくてはいけない。
 
 そんなことを改めて思った一日だった。
 

 かずみ、本当におめでとう!!
 そしてありがとう!!
 
 お幸せに!!
 
 恵美子、写真いただいちゃったぞ〜!!(笑)

清澤恵美子講演会

恵美子講演会 昨日、『清澤恵美子講演会』を行ないました。

 会場はもちろん彼女の思い出の地、かもい岳温泉。

 世界で戦っている彼女がどんな経験をし、何をどう捉え、どうしているのか。

 たくさん話し、選手たちからの質問にも真剣に応えてくれました。


 恵美子、本当にありがとう!!


 そして会場をお貸しいただいたかもい岳レーシングの斉藤さん、ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 私も多くの刺激をもらい、やる気倍増です‼︎

 清澤選手に続く、世界に通用するような選手をもっともっと育てていきたい、そんな気持ちがより大きくなりました。

 さあ、精一杯頑張ろう!!

シフリンのすべり

 久しぶりに動画の紹介。

 ミカエラ・シフリン選手(USA)のSL、後ろからのすべり。

 素晴らしいすべりです。

 日本人選手にもぜひ見本にして欲しい。


 ではどこを見本にしてほしいと思うか?

 ‐綢里慮きが常にフォールラインを向いている点

 ↓,できているが故のクロスオーバー(上体とスキ−の入れ替わり)の早さ

 △できているが故の次ターンの捉えの早さ

 この3つだ。


 とは言っても、全てさかのぼると,できていなければできないことになる。

 そう、内倒・ローテーションせずにターン後半まで上体をフォールラインに向けておくことが「いかに速いスキーにつながるか!!」ということだ。

 ぜひこの『シフリンのすべり』、何度も見て下さい!!

何度でも

 先日、テレビである俳優さんが「好きな曲・人生を変えた1曲」として紹介していた。
 
 ドリカムが唄う『何度でも』。
 
 私もデビュー当時から大好きなドリカム。もう聞き始めて26〜27年か。
 
 この私、実はカラオケでドリカムの曲をよく唄う。
 
 吉田美和さんのキーはものすごく高く、そのままで唄うことはもちろん不可能。
 キーを2〜3つほど上げるとちょうど良い感じになる(笑)。
 
 かなりの曲数唄えますよ(笑)。
 
 とはいうものの、私は歌詞というものをほとんど気にしない。
 何と言っても「メロディー」なのだ。
 
 その「曲」を聞いて、それがよい曲かどうかが全て決まる。
 
 これに真っ向反論するのは私の妻。「良い曲かどうかは詞に決まってるでしょ!!」、いつも真っ向ぶつかります(笑)。

 
 そんな私、大好きな『何度でも』の曲ももちろん唄えるのに、歌詞の意味は全くと言っていいほど気にしたことがなかった。


 10000回だめで かっこ悪くても 
 10001回目は何か 変わるかもしれない

 10000回だめで 望みなくなっても
 10001回目は来る

 明日がその10001回目かもしれない

 
 こんな歌詞。

 いいですね−。(今さらですが・・・(笑))。

 
 生徒・選手たちにも伝えたい。
 
 10000回だめで かっこ悪くても 
 10001回目は何か 変わるかもしれない
 明日がその10001回目かもしれない・・・と。

 もちろん、私自身にも。

 
 『何度でも』、いい曲ですね。
 
 これからは詞も気にしていきたいと思います(笑)。

 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
Profile
  • ライブドアブログ