「アルペンスキー」を考える

湯谷信二がアルペンスキーをいろんな角度から考えてみます。

中学生体験入学

 今日の砂高スキー部は、午前中にこのオフ初の自転車ロード。
 
 初めての1年生もいるので、まずは約40kmのコースから。
 
 ここ数日の北海道は本州よりも暑く、今日も暑い!!
 
 その暑さの中、トラブルやケガなく無事終了。
 
 これからは毎週末、ロードを入れていこうと思っている。
 
 
 さて、一ヶ月後の6月22日(水)に砂川高校で『中学生体験入学』が行なわれる。
 
 全体説明会に加え、体験授業や部活動体験も。
 
 北空知の中学校には案内が送られますが、それ以外の中学校から参加希望がある場合は、直接本校教頭までご連絡下さい。
 
 もちろんスキー部も部活動体験を行ないます。
 
 ぜひぜひふるってご参加下さい!!

 

陸上タイム測定

 今日の砂高スキー部のトレーニングはこのオフ初の『陸上タイム測定』。
 
 100m、200m、400m、1500mのタイムを測定するというもの。
 
 3年 キャプテンの高橋が100m、200m、400mで自己記録を更新。
 
 3年 前鼻と2年 伴は1種目で自己記録を更新した。
 

 陸上の種目が速くなっていけばスキーも速くなるといった直結したものではないが、アルペンスキーはいろんなことが上手くできるという能力がとても重要。
 
 走ることも跳ぶことも、投げることも、どんな球技でもより上手くなっていってほしいと思っている。
 

 測定後はスラックラインと一輪車、竹馬を行なった。
 
 一輪車に乗れるものが徐々に増えてきた。
 
 これからもどんなことも上達すべく努力していこう!!

ゴミ拾い

 今日は砂川高校スキ−部のホームゲレンデ、かもい岳スキー場の『ゴミ拾い』。
 
 ひとシーズンお世話になった感謝の気持ちを込めてみんなで拾いました。
 
 小・中学生とお父さん、お母さんたちと一緒にたくさん拾いましたが、今年のゴミの量は少なかったです。
 
 スキーヤーのみなさんのマナーが向上しているのでしょうかね。
 

 そのあとはみんなでバーベキュー!!
 メチャクチャおいしかった。
 少々食べ過ぎた私です(笑)。
 
 「暖かい」を通り過ぎて「暑い」一日だったので、せっかく落ちかけていた日焼けがまた戻ってしまったかも・・・(笑)。

スキ−はこのオフで決まる!!

 砂高スキー部のオフトレが本格始動して1週間。
 
 9名全員がんばっています!!
 

 2年石塚と1年嘉屋はリハビリメニューのため別メニューだが、それぞれが今できることを精一杯取り組んでいる。
 
 
 それと今スキー部員と個人面談を行なっている最中。
 
 一日一人ずつ。大体30〜40分くらい。
 
 今日で2・3年生の7名が終了。
 
 あと残っているのは1年生の2名。
 

 これからのオフを中身をより濃く、充実したものにしていってもらうために行なっている。
 
 『スキ−はこのオフで決まる!!』、こう言っても過言ではない。
 
 この長いスキーを履けない期間を必死に、精一杯がんばっていってほしいと思う。
 

49才

 今日、『49才』になりました。

 気づけばあっという間の出来事のよう、不思議なものですね。

 
 砂川高校スキー部9名からは素敵なTシャツのプレゼントをもらった。
 
 本当にありがとう。
 

 50才が見えてきた「初老」の時ではありますが、いつでも自分らしく、精一杯がんばっていきます!!
 
 

雪上練習

 砂川高校スキー部の今日は、札幌国際にて『雪上練習』。

 札幌国際は今日が今季の営業最終日。

 良い天気の中、とても良い練習ができた。

 
 今日は「ターンの切り替え方」にフォーカス。
 日本人選手にはここが大きな課題。

 理にかなった動きをして、この部分が変えられたなら、大きくステップアップできる可能性が広がる。

 砂川高校スキー部の選手たちにはぜひそうなっていって欲しいと思っている。


 さあ、来週滑ることができる可能性があるのは中山峠のみかと。

 今季、もう1日滑ることができるかな?

失敗

 昨日のNHK、BS1で「奇跡のレッスン」が放送された。
 
 今回は野球。
 
 今回のコーチは、以前千葉ロッテマリーンズでも指揮を執り、日本一に導いたボビー・バレンタインさん。
 
 今回もまた良い内容だった。
 

 その中でも特に心に残ったのはこの3つ。
 
  惻最圈戮魘欧譴此▲船礇譽鵐犬垢襪海箸鯊臉擇砲垢
 ¬邉紊魍擇靴燹幣亟蕕鯔困譴坤廛譟爾垢襦
 チャレンジした上での『失敗』は、決して叱らない。それどころか、そのチャレンジをしっかりと認めてあげる
 
 こんな内容。

 
 バレンタインさんの言葉には力があるし、子どもたちの心を動かすエネルギーがある。

 日本には『失敗』を良しとしない文化がある。
 
 それがどんな『失敗』であろうと。
 

 消極的なものや準備不足の『失敗』は叱ってあげるべき。ただ、チャレンジしての『失敗』は決して叱ってはいけない。
 それどころかしっかりと認めてあげるべきだとバレンタインさんは話していた。

 
 どんな『失敗』でも叱られてしまうと、人間は『失敗』を恐れ、チャレンジしなくなってしまう。

 そこから大きな成長などはあり得ないのだ。
 
 
 やはり我々大人、指導者、教師の役割はものすごく大きい。
 
 それを改めて自覚することができた。

 
 「さあ、連休明けからまたがんばるぞー!!」、そう思えた私です。

いかに自分の体重をしっかりと外足に乗せるか!?

 今日の砂川高校スキー部は札幌・テイネスキー場へ。
 
 雪、まだまだありますねー。
 
 昨年よりもあります!!
 
 昨年の今頃、女子大回転コースはもう土が出ていて、コースがカベ下で分断される寸前だったのだが、今日は全く問題なし。
 
 土も出ていない状態だし、新雪が10〜20cm積もっていた。
 

 今日はGSの板で基本練習。
 
 先日札幌国際スキー場にてSLの板で行なったことを中心に、今日はそれらをGSの板で。
 
 回転半径が大きい分、ごまかしがよりきかない。
 
 よりしっかりとしたポジションや動きが求められるのだ。
 

 一つひとつのターンにおいて、『いかに自分の体重をしっかりと外足に乗せるか!?』。
 
 速く滑るためには、結局はこれがものすごく大切になるのだ。
 
 
 それができるようになるためには・・・、
 
 そのあたりをできる限りかみ砕いて、わかりやすく説明し、それができるようになるための基本的な動きを実践していった。
 
 選手たち、何かつかめたことがあっただろうか。
 
 今シーズン、あと何日滑ることができるだろうか。
 
 少しでも次のシーズンにつながるものを見つけ出し、身につけていってほしいと思う。

球技三昧

 今日は昨夜の段階で悪天候の予報だったので、スキーをやめて体育館トレーニングに変更。
 
 予想通り、行こうと考えていた手稲はクローズ。
 
 ナイス判断だった(笑)。

 
 午前中の3時間、砂川総合体育館で『球技三昧』。
 
 おきまりのメニューの・・・、
 
 .棔璽襪屬弔院複殴札奪函
 ▲丱好吋奪肇棔璽
 バレーボール
 ぅ丱疋潺鵐肇
 
 3時間みっちりと動き回った。
 

 今日は選手が6名で、私はあまり動く機会がなく残念・・・。

 明日は手稲に行ってGSの板で基本練習の予定。
 
 天候も回復するようなので、楽しみながら良い練習にしたいと思う。
 

緩斜面のすべり方

 昨日の砂川高校は先日の授業参観・PTA総会の振替休業日。 
 
 スキー部は札幌国際スキー場へ。
 フリースキーで基本練習を行なってきた。
 

 練習のポイントは『緩斜面のすべり方』。
 
 ポジションやスキー操作、スキーへの働きかけ方など、緩斜面でより良いすべりができるようになるために取り組んだ。
 
 「斜度が緩い」と書く緩斜面。斜度が緩いが故に「落下」の力があまり働かない。
 
 そんな中で「加速」することはなかなか難しい。
 
 そう考えた時、まずは「減速しない」すべり方を知る必要がある。
 
 一朝一夕で身につかくものではないと思うが、まずは頭で理解し、少しでも表現ができるようになっていってほしいと思う。

 
 その帰り道、2年 石塚 凜のお見舞いに寄ってきた。
 
 足の手術をして2週間ほどが経った。
 
 若干痩せたかな?
 元気そうで何より。
 
 先輩たちとも久々に顔を合わせた。
 
 リハビリは大変だと思うが、今できることを精一杯やっていくしかない。
 
 がんばれよ、凜!!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
Profile
  • ライブドアブログ