とある司書のためいき

図書館は不思議な空間で、人や本や情報が集まる。 そこに一日いる司書のひとりごと。  本の話をメインに生徒の話、個人的な日記も。

電撃文庫ですが、内容はしっかりしていました(笑) 昔の偏見ですね。 信仰が失われて、力の衰えた神様の用事を言いつかり、望みを叶える御用人。 神様の個性がまた強くておもしろい。 よくできているお話で、楽しませていただきました。 古事記や日本書記、神社うんちくな …

↑このページのトップヘ