2008年08月15日

パソコンの資格

パソコンに関する資格は、近年のネットワークの充実と共に増え、さらにその需要も増
え続けています。今や、事務をこなす人や情報系企業に勤める人にとっては必須の資格も
多いようです。
 パソコン資格として、名前もそのままのパソコン検定(通称;P検)があります。これは
パソコン業界の標準的な試験に位置づけられています。知識から技術まで広く問われてい
るため、就職・転職、企業側のスキルチェックなどに活用されています。その他には、国
家資格で比較的取得しやすい資格として、初級システムアドミニストレータ試験(通称;
初級シスアド)が挙げられます。これは、ネットワーク利用者側において、情報技術に関
する一定の知識・技術を持ち、業務の情報化を利用者の立場から推進する役割を持つ者を
指す資格です。パソコンだけではなく、その周りのネットワークまでもの知識と技術を必
要とします。この資格には上級もあり、こちらはさらに、企業の業務、ビジネス戦略など
を把握し、そのうえで業務システムと情報システムの支援を行うものとなります。これら
の資格はほんの一握りに過ぎません。そのほかにもパソコン・情報に関する資格は、CA
DやMIDI、MOSなどをはじめ、国家資格からベンダー認定まで50種類をはるかに
超える数が存在しています。必要かどうかを見極め、適正な資格を選ぶ必要かもしれませ
ん。
セブ島
スポニチ
ブックマーケット

syuusyokukatudou at 22:29|Permalink

2008年07月22日

ビジネスマンにとって必須アイテムのネクタイ豆知識

ビジネスマンにとって必須アイテムのネクタイですが、今いろいろなネクタイの結び方がありますよね〜その場その場でのネクタイの結び方があるみたいですね〜全部覚える気はないですがいろいろなネクタイの結び方をマスターしとくのもいいかも知れないですね〜!ネクタイは男の人には、特にスーツを着て仕事に行く人にとっては欠かせないものですが、ネクタイはどこからきているか知ってますか??ネクタイは2世紀頃のローマ帝国から続いているらしく、日本にネクタイが入ってきたのは明治時代みたいです。ジョン万次郎という人が明治時代に米国から持ち帰ったことからお偉いさん?たちがネクタイをするようになり、今ではビジネスマンには欠かせないアイテムになったみたいです。

アミューズ
鎌倉土産
チシャ猫

syuusyokukatudou at 02:14|Permalink

2008年07月09日

社会人のマナー

就職をするということは一人前の大人になる意味でもありますが、就職活動には社会人としてのマナーを守ることも重要になると思います。社会人としてのマナーはよく言われる報告・連絡・相談の報連相のほかにも身だしなみや生活習慣なども規則正しくすることが大切だと思います。報告・連絡・相談は人と上手に付き合っていくものでもありますし。仕事上では必要なことだと思います。身だしなみはスーツなどを着こなしても髪の毛がばさばさだったり靴が汚れてたりなど人にいい印象を与えないものなので大切です。規則正しい生活は風邪を引きやすくしたり寝坊して遅刻などにもかかわるので大切です。社会人としてのマナーだけではなく人としてのマナーだとも思います。

リヴリー
りそな
なめ猫


syuusyokukatudou at 09:57|Permalink

2008年07月07日

就職での履歴書の書き方

就職では自分をアピールする面接も重要ですが、それと同じく履歴書も自分を知ってもらうためのものでもあります。履歴書では学歴や資格などのほかにも面接と同じく志望動機や自分の性格、自己PRもできるだけ簡単にわかりやすく書くことが大切なのと趣味や特技なども自分を知ってもらうためにもしっかり書くことも大切だと思います。履歴書はうすっぺらい紙切れの中にどれだけ自分をアピール、知ってもらうかが重要なかぎだと思います。

東洋製罐
お絵かきチャット
アルバイト


syuusyokukatudou at 01:10|Permalink

2008年07月01日

適性検査SPI2とは?

適正検査はいろいろありますが、その中で企業などで一番使われている適性検査がSPI2になります。このSPI2は総合人格評価といって通常の能力適性検査にプラス性格適性検査になります。企業が一緒に働く人を選ぶのに仕事の能率なども必要ですが何より一緒に仕事をする面でどういった人間なのか?ということも気になると思うのでこの性格適性検査がプラスされたSPI2を利用している企業が多いみたいです。このSPI2の性格適正検査は正直な回答でなければきちんとした結果がえられないので、素直に思った回答をすることが大切だと思います。


スポニチ
着うたフル

syuusyokukatudou at 10:47|Permalink