2016年12月31日

12月の臨時休業と営業時間変更のお知らせ

今月は
18日(日曜日)臨時休業させていただきます。

毎週日曜日営業時間は
10:00〜18:00に変更させていただきます。

31日18:00閉店とさせていただきます。
ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。

新年1〜3日までお休みさせていただきます。
4日より通常営業です。


2016年12月03日

DIESEL製リュックの角補修

角が擦り切れてきたリュック。
わからないように補修は出来ませんので
4つの角に同じ補修をします。
BlogPaint







革で制作したカバーを各角にかぶせて縫い付けます。
底の形状でこの作業が出来ないものもあります。

DSC_3944DSC_3945









2016年12月02日

ウェストポーチのファスナー交換

コイルエレメントが切れたファスナーは補修が出来ません。
よって交換となります。
このファスナーはエレメントが銀色の特殊ファスナーでしたが
黒で了解を得て作業進行。
スライダーの引手のみ再利用。
BlogPaint
DSC_3948

2016年12月01日

キプリングの車輪交換

キプリングのキャリーリュック。
割れた車輪の交換です。
DSC_3949










車輪は2択。
黒のノーマル。
クリヤーの静音タイプ。
黒も音しないんですけどね。
DSC_3950







今回はクリヤーで作業進行。
DSC_3954







発送いたしますね。
到着までしばらくお待ちください。
DSC_3955DSC_3951


2016年11月26日

巻き根元制作交換

お馴染みのパーソンズのキャリーーリュック。
BlogPaint







今回は肩ひもの下側根元がちぎれてしまったケースです。
BlogPaintBlogPaint







反対側はセーフですが同じ生地がないため両方交換の
許可を得て作業開始です。
DSC_3934DSC_3935







この作業をするには中に納まっているフレーム等をすべて
取り外さないといけません。
再取り付けの際には固定金具の再利用が出来ないため
当店の部品を使用します。
デザイン、色が変わることご了解いただきます。
DSC_3936










分解し外したパーツを
2倍ある厚みのナイロン生地で作り直します。
DSC_3937DSC_3938







元に戻しました。
DSC_3941DSC_3940










黒い色は他にも使われていますので左右一緒に交換すれば
違和感がありません、よね?
メールご確認ください。
DSC_3939


2016年11月24日

スニーカーのかかと補修

すり減ったかかとの補修です。
スニーカーは
ウレタンを使ったものがほとんどです。
軽量、伸縮性、柔軟性のある材質は他になく
もっとも適した材料なんですね。
唯一の欠点は経年劣化の進行が早いということ。
平均5〜6年で
加水分解による割れ、
崩れがおこるといわれています。
個人的にはもう少し持つと思いますが・・・
よってメーカーさんは
修理して履き続ける!ではなく
履きつぶす!ということで
製造しているわけですね。
このスニーカーは2倍の値段だから
2倍寿命があるということではないんです。
これは買ってからではなく
製造されてからの年数が
重要になるのでアウトレットにあるような
長期在庫処分品や
今でも売り買いされている
一時流行したのスニーカーなんかは
注意が必要です。
つまり、
新モデル、新製品が安心というわけですね。
そして機能的な付加があるものは
さらに値段が高くなっていると考えましょう。
お持ちいただいたスニーカーは
チェックし問題が見つかれば
正直にお伝えし修理せずにお返しいたします。

DSC_3929DSC_3930

2016年11月23日

底板、底鋲取り付け

内袋をばらし底板を内部に敷いて
底鋲と貫通固定の依頼。
DSC_3921DSC_3920










底鋲の種類と数は選んでいただきました。
DSC_3925


//皆様からのコメント//
//お問合せ方法//
修理品を確認できるのが一番なのですが
遠方でご来店が難しい方、修理できるか聞いてみたい方は
右にある問い合わせ用メールをご利用ください。
その際、必ず写真を添付してください。
1.全体写真
2.破損個所の写真
3.破損個所拡大写真
4.破損個所裏側(可能であれば)
5.破損個所と破損していない同型の個所(あれば)
写真は携帯電話で撮影したものでも可です。

メールには
・タイトル(メーカー・商品名・型式・希望修理内容を明記)
・お名前(必ずフルネームで!)
・住所
・連絡先(メール以外の連絡方法)
・修理品の状況(わかる範囲で)
を必ず明記して下さい。
詳しくはカテゴリー内の 修理お問合せの前に に
説明してありますので 必ずご確認ください。
//TrackBacks//