スーツケース・キャリ−バッグ修理

2017年02月23日

フレームの制作交換

カリマーのキャリーバッグ。
内部で使用されていたプラダン製フレームが粉々に。
DSC_4355BlogPaint







型を取り直し制作、
負荷がかかる底板には木板も使い強度をあげます。
フニャフニャな底がしっかりしました。
DSC_4357DSC_4358










ご来店お待ちしております。
DSC_4359


2017年02月21日

スキーバッグ修理

車輪交換依頼のスキーバッグです。
こちらは3輪タイプ。
DSC_4348DSC_4349










こちらは2輪タイプですね。
どちらも発送することになっていますので
本日、ご発送いたします。

DSC_4351DSC_4350







2017年02月17日

キャリーバッグの車輪交換いろいろ

まずはサムソナイト。
車輪交換です。
同寸で対応しました。
7000円

DSC_4317DSC_4318








こちらはキプリング。
DSC_4320DSC_4319










むき出しになっていたホイールの
サイズが違っていたのは謎です。
6000円
DSC_4321 (1)









最後はハートマン。
DSC_4326DSC_4322








これ以降、
しばらくツイードのバッグがなくなるんですよね。
今は復活したのでハートマンファンは
喜んでいるでしょうね。
6000円

DSC_4325











2017年02月12日

ハートマン製キャスターの注意!

旧ハートマン製のキャスターは
車輪の固定方法が違いました。
真鍮製のパイプを
小さい穴に強引に
打ち込んでいたんですね。
このためかしめる必要もなく
しっかり固定出来ていました。
メーカーでも車輪交換ではなく
キャスターごとの交換を
前提に製造していましたから
外すことなど考えなくて
よかったわけです。
ですがキャスターの製造が
終了してしまったために修理の際に
この車軸を抜く必要が
出てきました。
下手な作業をすると途中で
太さが変わったり曲がったりして
パイプが変形し完全に抜けなくなってしまい
ハウジングが
破損するリスクの高い作業になってしまいます。
出来れば何も手を付けずにご依頼ください。
当店では交換の際にはリベットを使用しますので
以降、この心配はなくなります。

DSC_4291DSC_4294

2017年02月11日

ファスナーが壊れたスーツケース

テープからコイルが外れてしまったようです。
スライダーを入れ直しコイルをテープに縫い付けます。
これでしばらくOKです。

BlogPaintBlogPaint

2017年02月07日

キャスター修理の発送による依頼

ハートマンのキャスターですね。
このハウジングは生産終了しているため交換が出来ません。
よって車輪だけ交換します。
当店ではホイールとタイヤを込みで車輪と呼んでいます。
構造的にタイヤだけの交換は出来ないんですね。
発送済みです。6000円
DSC_4257DSC_4258


2017年02月06日

ハートマン製キャリーバッグの車輪交換

静音タイプの車輪に交換しました。
6,000円
DSC_4230DSC_4231

2017年02月05日

キャスター交換

サムソナイトのスーツケース。
今回はキャスターごとの交換です。
メーカーさんでは部品もなくなり
対応不可とのことで当店にご依頼。
内部の底板は亀裂が入っていたため交換。
DSC_4222DSC_4225










よく見ないとわかりませんが
底板がきいていません。
DSC_4223DSC_4224










取り付け完了。
DSC_4228DSC_4226







当店でも社外品での交換となります。
DSC_4229









2017年01月09日

ポルシェブランドキャリーケースのキャスター修理

キャスターのみ発送していただきました。
車輪の交換です。
6000円(税込み)+送料
メールご確認ください。

DSC_4111

2016年12月28日

ルイヴィトン のキャスター修理

ルイウ”ィトンのキャリーバッグです。
キャスターの車輪が割れました。
DSC_4062DSC_4043








タイヤが厚く見えますが
内部にはホイール埋め込まれていますので
DSC_4054DSC_4057







実際は5〜8mmでホイールが出てきます。
これはその前に割れてしまったわけですが‥
このハウジング、タイヤハウスがとても狭いです。
DSC_4064DSC_4058










作業完了。
DSC_4060DSC_4061













こちらはルイヴィトン?ですが
同様に車輪交換をしました。
DSC_3992







作業完了です。
DSC_3993DSC_3991



//皆様からのコメント//
//お問合せ方法//
修理品を確認できるのが一番なのですが
遠方でご来店が難しい方、修理できるか聞いてみたい方は
右にある問い合わせ用メールをご利用ください。
その際、必ず写真を添付してください。
1.全体写真
2.破損個所の写真
3.破損個所拡大写真
4.破損個所裏側(可能であれば)
5.破損個所と破損していない同型の個所(あれば)
写真は携帯電話で撮影したものでも可です。

メールには
・タイトル(メーカー・商品名・型式・希望修理内容を明記)
・お名前(必ずフルネームで!)
・住所
・連絡先(メール以外の連絡方法)
・修理品の状況(わかる範囲で)
を必ず明記して下さい。
詳しくはカテゴリー内の 修理お問合せの前に に
説明してありますので 必ずご確認ください。
//TrackBacks//