スーツケース・キャリ−バッグ修理

2018年11月12日

トラベルエキスパート

同寸の車輪が4つついたキャリーバッグ。
車輪の全交換です。
よく、キャスター二個ついているものを
自在型四個にしたいと言われます。
出来なくはないでしょうが
それに適したフレームから
製作しないといけないものがほとんどです。
メーカーにこだわらなければ
新品が買える値段になることもあります。
DSC_0081

DSC_0082


syuzen at 00:00|この記事のURLComments(0)

2018年11月11日

キプリング

北海道よりご依頼。
キプリングの車輪交換です。
代引き発送いたしました。
到着までもうしばらくお待ちくださいませ。
DSC_0079

DSC_0080


syuzen at 00:00|この記事のURLComments(0)

2018年10月28日

カリマー発送

カリマーのキャリーバッグ
静音タイプの車輪交換完了し、
発送いたします。
到着まで
もうしばらくお待ちくださいませ。
7000円税込
  現在納期は1日です。
DSC_0052 DSC_0053


syuzen at 07:45|この記事のURLComments(0)

2018年10月23日

ハートマンのキャスター修理

持ち込みのハートマン。
在庫があれば翌日渡しが可能です。
欠品の場合は、
翌月入荷次第作業に入ります。
ハウジングから無事車輪を外すことから始まります。
DSC_0046
小さい穴にパイプを打ち込んでいる車軸構造から
リベットに変更しますので
次回からは安全に作業が出来ます。
この型はフレームの出来がよくてまだまだ使えますよ。
DSC_0048


syuzen at 11:08|この記事のURLComments(0)

2018年10月22日

プラダの車輪交換

廃番の連絡が入っていた卵型の車輪。
製造再開とのことで対応可となりました。  
(製造期間は不明です。)
imageimage

syuzen at 10:57|この記事のURLComments(0)

2018年10月18日

残念だったハートマンのキャスター

こちらは自分で車輪を外そうとして失敗。
相談で発送されたハートマンのキャスター。
ドリルで車軸穴を斜めに大きくあけてしまっています。(熱で溶けたか?)
本来、5mmくらいの軸穴が
9mmにもなっていてこれを整えたら
10mm越える大穴になってしまいます。
ここまで大きいと
当店の車軸も通り抜けてしまいます。
車軸はパイプ形状の為、
下手に力を加えると
変形し車輪中心のベアリングから抜けなくなります。
確認した結果、
残念ながら修理不可で返品とさせていただきました。
この代のモデルは
すでにキャスター交換が出来ないため
せっかくのハートマンが使えなくなってしまいます。
出来れば手を付けずに
ショップに修理依頼をしてください。
DSC_0026

DSC_0027


syuzen at 02:07|この記事のURLComments(0)

2018年10月17日

ハートマンのキャスター修理

昨日、到着したハートマンのキャスターは
無事、車輪交換が済んでいますので本日、発送いたします。
DSC_0037
お預かりしたハートマンも作業完了しています。こちらは木曜日5時前後の引き渡し。変更があれば本日中にご連絡ください。DSC_0039

6000円税込

syuzen at 00:09|この記事のURLComments(0)

2018年10月12日

プロテカ

ACE製のプロテカ。
タイヤが割れたため車輪交換。
海外へいくので
TSA対応のダイヤル錠を
お薦め。
暗証番号は自由に決められるので
忘れにくい番号にしましょう。
もし、忘れた場合でも
壊さず預けてください。
有料で解錠します。
DSC_0021

DSC_0020

syuzen at 10:28|この記事のURLComments(0)

2018年10月06日

マンダリナダック

タイヤ割れのおきた
マンダリナダック製
キャリーバッグ。
ホイールを含めた車輪ごとの交換をします。
静音タイプ2輪交換 7000円税込
発送いたしました。
お受け取りお願いいたします。
DSC_0014

DSC_0015


syuzen at 09:19|この記事のURLComments(0)

2018年10月04日

静音タイプへ

北海道よりハートマンの修理依頼です。
ご希望の静音タイプ車輪へ交換です。
7000円税込
DSC_0011


syuzen at 00:00|この記事のURLComments(0)
//皆様からのコメント//
//お問合せ方法//
修理品を確認できるのが一番なのですが
遠方でご来店が難しい方、修理できるか聞いてみたい方は
右にある問い合わせ用メールをご利用ください。
その際、必ず写真を添付してください。
1.全体写真
2.破損個所の写真
3.破損個所拡大写真
4.破損個所裏側(可能であれば)
5.破損個所と破損していない同型の個所(あれば)
写真は携帯電話で撮影したものでも可です。

メールには
・タイトル(メーカー・商品名・型式・希望修理内容を明記)
・お名前(必ずフルネームで!)
・住所
・連絡先(メール以外の連絡方法)
・修理品の状況(わかる範囲で)
を必ず明記して下さい。
詳しくはカテゴリー内の 修理お問合せの前に に
説明してありますので 必ずご確認ください。
//TrackBacks//