学校法人 鈴木学園:調理製菓専門学校 静岡校

カテゴリ: 授業

「料理やお菓子の専門学校って、
朝から晩まで、毎日毎日、料理作りやお菓子作りの訓練をするの?」
と、高校生の方から意外によく聞かれます。

が、

そんな訳なーーい!
安心してください、
専門学校の授業は、もっともっともっと楽しいです♪


調理師になるために早起きしてひたすらたまねぎのみじん切りをする、とか、
パティシエになるために来る日も来る日も卵白を泡立てる、とか、
修行みたいなツラい日々が待っている訳ではありません!

例えば、今日の写真は上級調理経営学科(2年制の調理のクラス)の
フードコーディネートの授業でやっているテーブルコーディネート
IMG_1687

フードプロデューサー、フードコーディネーターをしている
プロの先生から、「総合的な食のコーディネート力」について学びます。
食文化が多様化する中で、重要な力。
そして、
美しいテーブルコーディネートを学ぶのは、楽しさいっぱい!
グループに分かれて、コンテストが開催されました。

調理師やパティシエになった時に役に立つ「教養」を楽しく学べるのも
鈴木学園静岡校ならでは。
他にも、カフェの授業や日本茶、中国茶の授業はもちろん、
調理だったらチョークアート、製菓だったらバルーンアートなど、
「楽しくてためになる」授業を、
静岡県内外から呼んだその道のプロフェッショナルの先生方が担当してくれています。
IMG_1688


1年制の学科はどうしても資格取得に重きが置かれてしまうので、
教養学に興味がある人には2年制がおすすめ。

高校生のみなさん、まずは体験入学に遊びに来てね♪

体験入学はこちら♪

ご存知ですか?
静岡校には夜間のクラスもあるんです。
本日は、夜間のフードパティシエ専科の製菓実習がありました!
「平成最後に新しいことにトライしたい」と思ったら、
静岡校で気軽にお菓子&料理を学んでみませんか




インスタ記事はこちらから

♪手作りケーキと紅茶の店♪〜マリアサンク〜さんで
マリアサンクの佐藤パティシエールと鈴木学園教授の松本先生が、学生の作品を選び商品化されました
期間限定で販売中です!ぜひ一度食べてみてください
http://mariathank.com/
korabo

こんにちわ
調理経営学科2年の兒玉将城です(・∀・)つ
11月5.6日にテーブルマナー講座がありました
一年生の時は理事長先生に西洋料理のテーブルマナーを教わりながら二年生が作ってくれた料理を食べるだけでしたが今回は作る番と言うこともあり楽しみもありましたが不安もありました。
僕は今回サービスをやらせてもらい、一年生に料理を提供する立場でしたが普段レストラン研修でやる人数より多かったので大変でした
大変な反面みんなで頑張って作った料理を理事長先生に教わりながら食べる機会は1度しかないので楽しかったです
来週にはレストランサービス技能検定という国家試験もあるのでいい勉強になりました!

僕は就職をサービスで目指してるのでおもてなしの心を忘れず最高のサービスをできるようにしたいです
IMG_7951
IMG_7907
IMG_8028
IMG_8032

こんにちは、調理経営学科2年の北川裕太です
9月24日に、オーベルジュ オーミラドの勝又シェフの特別実習でした
勝又シェフは、日本に始めてオーベルジュを開いたシェフとしても、とても有名なシェフです
今回は、『コリンキーカボチャのガトー仕立て 』『南仏香草をまとった仔羊背肉ロースト』『木苺のシャルロット』
IMG_7047
IMG_7055
IMG_7068
IMG_7034

3品料理を作って頂きました!勝又シェフが作る料理のスピードはとても速く、圧倒された事が印象に残ってます
3品の中でも、仔羊背肉のローストは仔羊を1時間もかけてゆっくりローストする事には、驚きました!
ゆっくり焼くことで、ストレスをかけないみたいです
デザートでは、シャルロットの飾りで飴を作りました、その時に、温度計で飴を測りましたが、その時に『温度計より、僕の腕の方が確かだ!』と、言った言葉には、カリスマ性を感じました!
今回の特別実習で、料理が作られるスピード感や、出来上がりを想像して、作る事の大切さを改めて痛感しました!IMG_7043

これから、学園祭の展示料理もあるので、1つ1つより完成度の高い料理を作って行こう!と、改めて思いました

このページのトップヘ