ブログをご覧の皆さまこんにちは!こんばんは!
国際自動車整備科1年担任の田中です

今日は、未来の車のことについて書いてみようと思います
日本では2030年代半ばまでにガソリン車の新車販売を禁止する方針になりそうです。
ガソリンとモーターを併用するハイブリッド(HV)やプラグインハイブリッド(PHEV)、電気のみで走る電気自動車(EV)、水素を燃料とする燃料電池車(FCV)、そしてディーゼル車
これらの車は環境性能が高く環境に悪影響を及ぼす排気ガスの排出が少ないということが挙げられます。
これからの新エネルギー自動車はどのようになっていくのでしょうか。
日本の自動車メーカーはHVやクリーンディーゼルに強いところが多いので石油燃料を無くすことは無いと思いたいですが・・・。

私はガソリンエンジンのエンジン音好きですけどね。
これからの地球環境を考えると好きなだけではダメですよね
これからの自動車業界はどんどん変化していきます。
富士メカニック専門学校でも新エネルギー車を各メーカー様にご協力いただき増えてきています

https://www.instagram.com/fujimecha/
(実習車の最新情報はインスタに随時アップしていくので是非フォローしてね!)

職員も新しい知識をどんどん吸収し、授業もアップデートしていきます!
使う燃料が変わっても、車が無くなることはまだありません。
車がこの世に存在する限りそれをメンテナンスする自動車整備士の仕事は無くなりません!
富士メカニック専門学校でぜひ自動車整備士を目指してみませんか?