皆さんこんにちは、職員wです
昨年はあまり明るい話題の無い1年でしたがそんな中、ブログをご覧に成っていただいた皆さん、ありがとうございました。
本年も引き続き富士メカブログをお願い致します。

さて、cafeと言えばコーヒーですが、今世界中の自動車メーカーが取り組んでいるCAFEが有ります。
それはコーヒーでは無くCorporate Average Fuel Economy
地球温暖化に大きく影響する二酸化炭素を低減するための規制です

今までの車から排出される有害排出ガスの量は、車のエンジンや車両の用途や大きさによって定められていましたが、このcafe付いては、自動車メーカーに対して1台当たりの平均値として、CO2の排出量をいくら以下にしなさい。出来なければペナルティー(反則金)を頂きますよ、というものです。
ですから最近ドイツやフランス車で電気自動車のテレビCM沢山見ますよね。
電気自動車はco2を排出しませんから、電気自動車を沢山売れば、その分大きなエンジンを搭載したCO2を沢山排出する車を売ることが出来るわけですね。

この規制はヨーロッパから始まりましたが、今年度より日本でも導入されました。
これを切っ掛けに直ぐに電気自動車へ変わってしまう訳では有りませんが、ガソリン消費量の少ないハイブリッド車(EV)、さらに電気だけで走れる距離を伸ばしたプラグインハイブリッド車(PHV)、そして電気自動車(EV)、更にその先には燃料電池車(FCV)が増えていく事が予想されます。
富士メカのカリキュラムの中にもこれらの車を学ぶ機会が沢山あります
みなさんも先ずはオープンキャンパスへご参加ください。
HV・FCV・EV