2018年04月23日

4/23 全日本モトクロス観戦

5663f239.jpg昨日は、全日本モトクロス選手権 第2戦埼玉大会を観戦してきました。

お客様でサスペンションを整備、モディファイをしているテクニクス様が出展していたので、ご挨拶もしてきました。

天気予報どおり夏日で暑かったのですが気持ちのいい快晴の中で行われました。

私が注目している選手は、IA1は、昨年ランキング2位に終わったカワサキの小方誠選手、IA2は、2年ぶり国内選に帰ってきたHRCの能塚選手。

小方選手は、ヒート1 2位、ヒート2 2位で期待通りでした。
能塚選手は、ヒート1 4位 ヒート2 2位。一昨年のチャンピオンなのでトップを快走するのかと思っていたら、去年の怪我がまだ影響があったようで練習も儘ならなかったようです。

光っていたのは、37歳。もうレジェンドライダーと言っていいと思いますが、成田選手です。

どんなスポーツも年齢とともに結果を出せなくなっていきますが、成田選手の切れの良い走りは、他の選手とはレベルが違いましたね。
モトクロスのトップクラスは、10代の選手が沢山いる競技です。

ヒート1では、スタートはあまり良くなく8位から、かなり離れてしまったトップの小方選手をラスト4週で抜いてしまったときは、会場からうわーぁと声が上がったほどでした。

マッドフィッシュコーナーというバンクのついたコーナーがあるのですが、成田選手だけ鋭角に曲がっていました。アメリカのスーパークロスの選手たちが持っている技術です。そのコーナーを走る他の選手を見ているとやる気がないんじゃないかというくらい遅かったですね。
成田選手、今年もモチベーションが下がらず、チャンピオンを狙っています。すばらしい!

昨年まで春と秋に埼玉に来ていた全日本は、今年は春だけになってしまいました。

ただ、11月には、お台場で20年ぶりにジャパンスーパークロスが開催されるようですね。

写真は、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの旗がきれいに並んでいます。

szkj at 14:11|PermalinkComments(0)

2018年04月16日

4/16 個人と組織

少しはコンサルタントらしい事を書きたいと思います。

東京ディズニーリゾートは、35周年だそうで
テレビを見ていたら勤続35年のキャストの女性が
出ていました。

会社組織において、社員が退職すると言う事は
当然、想定しています。
従って、いつ、誰が辞めても事業が滞りなく
回るようにしておくことは当然です。
これを業務の標準化などといいます。

工場やコンビニ、ファーストフード店などは
マニュアルに沿った業務を行っています。
誰がやっても同じ成果が出せるようになっています。

一方でキャリアコンサルタントでもある私に
若い人から就職や仕事について相談されたら
こう言うでしょう。

専門知識を身に付け、あなたでなければ出来ない
というくらいの技術を身に付けるべきです。と・・・

組織が考える事と、個人が目指す方向とは
一見、矛盾しているように見えますね。

ただこれは、短絡的な見方であり、究極的な
考え方でもあると言えます。

実際、どんな完璧なマニュアルを作ったとしても
人によって、仕上がりが違ってきます。

個人もその人でないと出来ない事などということは
ほとんどありません。

お互いうまく行かず妥協しあって組織の活動と
個人の仕事人生が成り立っているのだと思います。

ディズニーリゾートだって、非常時やイレギュラーな
ゲスト対応は、個人が自分で判断してやっています。

工場だって不良品ゼロには絶対になりません。

ただ、組織も個人も理想に向かって限りなく
努力する事が大切なのだと思います。

ダイエットなどもそうですがこれをやったら劇的に
瞬間で変わったと言う事はなく、毎日、少しずつの
積み重ねなのだと思いますね。

今日は、だいぶ良い事を言ったなぁ(~o~)




szkj at 17:29|PermalinkComments(0)

2018年04月08日

4/8 オフィス北野

今、大盛り上がりなのは、メジャーリーグの
大谷選手です。3戦連発で、明日の2度目の
登板は、すごく気になります。

個人的に注目しているのは、ビートたけしの
オフィス北野退社問題です。

まず、オフィスを退社しても株主としては
株を保有しているのでしょう。

したがってたけしとしては、株式会社である
オフィス北野が倒産するのは避けたいと思っている
はずです。

中小企業では、めずらしくない事例でマスコミに
あからさまに出ているのでよいサンプルですね。

職人や優秀な営業マン、医師などもたけしと
重なりますね。独立して実態は個人商店なのですが
法人設立をして株主、経営者、稼ぎ頭をどう
分担するかの問題です。

個人商店なら、全て一人でやる。これなら何も
問題が起こりません。

法人にすると現場(本業)と経営に分かれます。
これも一人で両方やれば問題は起こりません。
多くの中小企業はそうしています。

現場に専念したいので会社の経営を信頼できる人に
任せる。うまく行けばソニーやホンダのような
大企業になるでしょうが、信頼関係が崩れれば
会社自体も崩壊の道をたどります。

そもそも経営(者)とは。

狭い範囲で見ることもできますし、広く見ることも
できます。
中には、入出金と決算書しか見ていない経営者が
います。
別の経営者は、将来の事業や人材育成に尽力している
経営者もいます。

入出金と決算書しか見ないのなら経理部長がやれば
いいような気がしますが、お金のことなので
自分で取り扱いをしたいのでしょう。これは普通です。

たけしが退社したのは、マスコミに出ている役員報酬
や社員の給与、株式の配分だけではないと思います。

たぶん、数項目から10項目近い理由を総合的に考えて
退職し、別会社を起こしたのでしょう。

こうなった原因は、会社として次のスタータレントを
育てていなかったのが森社長の責任です。
たけしが稼いで来た売上を分配していただけだったのでしょう。

たけしの良くないところは、経営を森社長に任せたのだから
タレントとして口出ししてはいけなかったと思います。
ただし、株主としての立場ならそれなりの要求は
正当ですね。

気の毒なのは、この問題で半数以上の社員がリストラ
されたということですね。
こうなることも想定されていたので高めの給与を出していた
ようですが・・・。

ひと言で言えば、たけしの我がままと森社長の経営者としての
能力不足といえるのではないでしょうか。

ただ、たけし及びたけし軍団は、何億円もの宣伝効果が
あったということも副産物ですね。

アミューズや吉本興業と違うところは、たけしの個人事務所
だったということですね。


szkj at 21:54|PermalinkComments(0)

2018年04月03日

4/3  公と民間の距離

4月に入り気持ちよい気候の日が続いています。

ふらっと遊びに行きたくなりますが、元来の貧乏性
なので、遊びに行くとお金もかかるし、処理する
仕事があるので、仕事をこつこつやろうと現実に
引き戻される今日この頃です。

加計学園は今日入学式だそうです。

思うに公(政治家や役所)と民間企業とは一定の
距離をとる必要があるのではないかと思います。

当たり前の話ですが民間企業は、自己責任、自由競争
で経済活動を行っています。
それぞれの範囲で自己研鑽をし、知恵を出し、努力を
しています。

その結果として、景気といわれるものも左右されます。
(景気というものは、目に見えないあいまいなものです)

ケインズ理論として、公共工事を発注して景気を上げる
ということはありますが、これは税金ですし限度があり
かつ、行き過ぎると借金まみれの政府になります。

従って、経済や景気に国(公)が手を出す事は控える
必要があります。手を出したとしても一時的な効果
しか出ません。

公が景気対策をするなんて事は傲慢の極みだと思いますね。

挙句の果ては、首相の友達(加計孝太郎)や詐欺師(籠池容疑者)
が甘い汁を吸って得したり、犯罪者を作り出したりする
だけです。

実情として公や権力者の知り合い、グループはセレブ階級で
自助努力の民間は、心身をすり減らして経済活動をしている
といった状況です。

加計森友問題も制度に則った事件ですから、その制度を
見直し、タイトルの公との距離をとる事が必要です。

補助金、助成金って国が民から税金を吸い上げておいて
そのお金をばら撒くって制度はやめた方がいいと思いますね。

補助金、助成金あげるよと言われると、おいしい話と
吸い寄せられてしまうのが、悲しいサガですからね。

人たらしの言葉でよく使われる「頑張った人は、頑張った
だけの見返りがある制度」は、間違いではありませんが、
見返りの中に運の要素も、かなりあるわけです。

話が逸れそうになりましたが、「公や権力者の知り合いが
多ければ、多いほど見返りがある制度」というのは、
問答無用で否定されるべきですね。

政治は、突き詰めると税金の使い方です。使い方を
よく考えてもらいたいものです。



szkj at 11:42|PermalinkComments(0)

2018年03月26日

3/26 タイヤの効果

桜が満開!モータースポーツも開幕!
昨日は、プロ野球オープン戦の最終日で
開幕間近!

やっと冬が去って春が来たなって感じです。

そして、政治は大混乱!でにぎわっています。

植物が芽吹き、生き物が動き出す季節ですね。

話は大きなところから、小さな話に移りますが
先日、自動車にダンロップのルマン5という
タイヤを入れてみました。

タイヤ選びは、選択肢が多くて大変です。
さらに販売店を選ぶとなるとさらに選択肢が
増えてしまいます。
さらにさらに最近では、ネットでも買えますし
装着販売店を選ぶことも出来ます。

私の車はFIT HVなので標準装備ではブリジストン
のエコピアが装着されています。(1本約15,000円)

タイヤメーカーは、車のスペックを維持するためには
標準装備タイヤを勧めています。

しかしブリジストンは、妙に値段が高いのです。

では、安い物を求めようとすれば韓国製のものが
1本5,000円くらいで買えます。

ちなみにタイヤサイズでも値段が違います。
私の車は、185/60/15インチです。

車のスペックとは、燃費、制動力、静寂性、乗り心地
ですが、これを落とさず、安く買いたい。

これが誰しも目標な訳です。

ダンロップ、ルマン5は、これらを満たし、さらに
販売店はY,A,Aの代表的な3社は安いようでけっこう
高いです。ディーラーではさらに高いわけです。

今回は、地元の小さな販売店オートステーションさん
で入れてもらいました。
工賃込みで41,000円。大満足!

おととい秩父の温泉まで走りましたが、燃費32km/l
乗り心地もよくなりました。大満足!

良い買い物が出来ました。


szkj at 11:12|PermalinkComments(0)