2017年04月26日

4/26  NHKプロフェッショナル 巨大クレーン船「富士」

おととい何気なく見ていたNHKプロフェッショナルでは、
気仙沼湾に浮かぶ大島と本州をつなぐ橋の工事の
ドキュメントでした。
http://www.nhk.or.jp/professional/2017/0424/index.html

クレーンで泣いたのは、初めてです。(笑)

仕事のスケールと緻密さ、安全の確保、十数名の
乗組員たちの信頼関係、これぞプロフェッショナルです。

橋の工事は、50年来の島民の悲願だったわけですが
その工事現場に見学に来ていた一人の女性の話に
感動しました。

その女性は、気仙沼で旅館をやっている女将でした。
6年前の震災で、甚大な被害を受けた気仙沼で
何もかも終わった。という絶望的な状況の中
ある日、窓の外に巨大なクレーンが目に入ってきました。
そのクレーンは、生活道路をふさいでいた船を撤去
しに来てくれていたのです。
撤去作業は、無事におわり、道路が使えるようになったとき
頑張ろう、と前向きな気持ちになれたとコメントしていました。

機械と人間のコラボが、こんなに人に勇気を与えるのかと
あらためて思いました。

震災では、多くの被害がありましたが、一方、人間の気力とか
生命力みたいなものも改めて認識した部分もありますね。


szkj at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月24日

4/24 日本国民の経済性

大学で経済学を勉強していたときに、資本主義社会での
物の価格の決まり方は、物が足らないと、その物の価格は
高くなり、自由な生産活動の中で次第に在庫が多くなると
価格は、安くなり、生産を制限していくとまた価格が
高くなると習いました。

消費者からすれば物の価格は安いほうがうれしいし、
安いものが売れる、と単純には思われます。

ただ、日本人は高くても良い物を買う国民性があるのでは
ないでしょうか。
物の価格だけでなく、サービスにおいても安ければよいと
言う人もいますが、高くても高品質ならばお金を支払う人が
いるのも事実です。
食べ物ならば、高くても安全な物を買います。

子供の頃、学生の頃、良い子は、良い子のグループを作り
悪い子は、悪い子のグループを作りました。
もちろん、普通の子もいました。

商取引においても、安い物を追求しているグループと
高品質な物を追求しているグループに分かれるような
気がします。
もちろんその間もあるわけですが。

私の言いたい事は、安ければよいということではないと
いう事です。
「安かろう、悪かろう」「安物買いの銭失い」
「タダより高いものはない」

物の価格、価値は複雑です。




szkj at 16:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月21日

4/21 失業率

もう週末で、GWまであと1週間になりました。

3月31日発表の今年の2月の失業率は、2.8%でした。

私の記憶で2%台というのはありません。

もちろん、分母の労働力人口や分子の失業者数などで
いろいろな見方ができます。
例えば、失業者は変わらなくても、労働力人口が増えれば
失業率は、小さくなりますね。

単純に読み取れば、失業率が低下イコール人手不足とも
いえます。

昔、経済学を勉強しているときに、究極の理想国家は
失業者ゼロ社会と先生が言っていた事を覚えています。

そうすると、現在の日本は、かなり良い国という事になりますね。
だから、政府や与党がやり放題でも文句が出ないのだと
思います。

あえて、日本の欠点を上げれば、自殺者が多いというところでしょうか。
以前、元ウルグアイ大統領のムヒカさんにも指摘されました。

しかし、日本は決定的、致命的な欠点はないですね。

意外とホームレスの人たちも優雅に暮らしていると思います。
ちなみにホームレスの人は、仕事を探していないので
失業者にはカウントされていないですね。

とりあえず2020年東京五輪までは、建設業の求人が
ありますから、こんな調子なのでしょう。

それから、日本は自然が豊かです。とくに良質な水が
手に入れられます。
なので、いざ失業しお金がなくても田舎暮らし、半自給自足で
なんとかやっていけるような気がします。

日本人に生まれたのはありがたい事だと思います。


szkj at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月11日

4/11 富士川SA付近

33fa2d7b.jpg昨日は、静岡に支店を出した顧問先の労働保険の手続きで静岡に行ってきました。

手続きは、無事済み、帰り道の東名高速富士川SA手前で絶景を見る事が出来ました。

天気は、うす曇り、道路の両脇は、桜満開、雲の上に突き出した白い富士山。
富士山全体が見えているのではなく、広く広がった霧のような雲の上に4分の一くらい富士山が見えているという状況です。
ドラレコの映像では、捕えられていませんが、肉眼では見えています。
(写真には、手書きで線を入れてみました。)
※写真をクリックすると拡大されます。

富士山は、いろいろなシチュエーションで見ていますが、昨日の富士山は、思わず息を呑んでしまう神秘的な美しさでした。

ちょうどお昼だったので、富士川SAに寄ったのですが、やはり、みんな見物していましたね。
そしてみんな写真を撮っていましたが、相当感度のよいカメラでないと曇り空に白い富士山は写らないのではないかと思います。

遠路はるばる静岡まで仕事で行きましたが、とても良いご褒美をもらいました。


szkj at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月08日

4/8 ホームページ更新

久々に、ホームページを更新しました。

内容は、業務案内に「キャリアコンサルティングの
不都合な真実」という内容を載せました。
http://www6.plala.or.jp/szk-y/gyomuannai.htm

国の仕事(キャリアコンサルティングの普及)に携わっていた
当時では、言えなかったことも今なら言っちゃっていいんじゃ
ないかということで記載してみました。

国は、何か労働経済のような施策を打ち出すのに
企業に働きかけます。
今なら、働き方改革だとか、賃上げだとか、です。

企業に働きかけた方が、国民一人ひとりに働きかけるより
効率が良い、言ってみれば楽だからです。

まともな会社ばかりならいいのですが、中には森友学園や
電通みたいな企業もあるわけです。

キャリアコンサルティングもなかなかうまくいかなかったよね。
という内容になっています。


szkj at 13:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)