すずみ通信

島田市のJR六合駅近くにある、はりきゅう治療室すずみです。

ブログのお引越中です

徐々にですが、blogの引越作業をすすめています。

新しい、すずみ通信(長いですね…) を参照下さい。
http://szm89.eshizuoka.jp/ 

一部このブログと重複します。

今のところ、着々と更新しておりますので、
ぜひ覗いて下さいね!

そして、リンクしていただける方がいらっしゃいましたら
声をかけて下さいませ



なお、引越が完了後、こちらのブログは閉鎖となります。

追ってご連絡致しますので、気長にお待ち下さい

今後ともよろしくお願いします!

お知らせ! 診察日時の変更です

お知らせです
治療室すずみの診察日と時間が変更になります。

今迄は、院長の都合により、
受け入れ人数を限定する必要があり、週1日〜週3日の診察でしたが、
現在、患者さんの受け入れ準備が整いつつあります。

したがいまして、お困りのことがございましたら、
まずは、ご一報ください

日曜日の受付は致しておりません。
※定休日の設定は、今後の状況で検討させていただきます。

診察時間及び曜日などの詳細の正式発表は、来年になりますが、
当面は上記のとおりとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

ウォーキング コスモス畑

今がおすすめ。
藤枝市岡部町の殿(玉露の里の手前)にある、コスモス畑です。
2年に一度のお祭り、大龍勢の会場になる場所です。

一面に広がるコスモス畑。
ぐるっと歩いて30〜40分くらいです。
朝比奈川は水がきれいで、たくさんの魚が観察できました。
橋を渡ると、脇道がやや舗装されているので、
木々のそば(山側)を安全に歩くことができます。
日影になっているので、少し寒いかもしれませんが
そちらも歩けば合わせて1時間程度のコースになると思います。

自然の音と風を感じに行ってみてはいかがでしょう。

写真は10月16日のもの

殿01 殿コスモス091016

白藤の滝 09年9月

9月のとある日、
藤枝市北方の、白藤の滝に行ってきました。
このあたりには7つもの滝が点在しているようです。

この日は夏日。
メインの白藤の滝まで順調に到着。
しかし、最後のお楽しみということで見ないまま通り過ぎ、
その他の滝を先に見ることにしました。

炎天下のもと1時間程かけまして、葉梨の山をぐるり登りました

葉梨からの眺望ご褒美の景色。
駿河湾が見えます。
滝見物のつもりが
大分高い所まで登っていたようです。

やっとの思いで、辿り着いたのですが…


ここで驚き!なんと、水が全く無いのです。
当然、滝は見ることはできません。

では、白藤の滝はどうでしょうか。(来た道を下ること30分)
白藤の滝0909これでは一体何を撮影したのか
わかりませんね。

落差33メートル、随分とスリムな滝でした。
滝を見にいく時は、前日迄の天気を
考慮しなければいけません

水が少ないために、
沢の流れが緩やかで、
とても綺麗で癒されました。

残念でしたが、とっても運動になりました!
近々時間を見つけてリベンジしようと思います 

治療方法について〜私は河の掃除屋さん

はりきゅうの治療方法は、施術者の数だけ存在するといっても言い過ぎではありません。
そんななか、私はどんな治療をしているのか、カンタンにご紹介したいと思います。
誰にでもわかり易くするために、専門用語は出来る限り省いて、比喩による説明であることをお断りしておきます。

私のやっていることは、あえて例えるならば、「河川のお掃除」でしょうか。(これは、あくまでも想像の世界です!)
皆さん、ご自分のお住まいの近くにある河川を頭に思い浮かべて下さい。
河川には、その河川独自の道筋がありますね。まっすぐだったり、うねってみたり。まわりの木々や地形に応じて、場所によって流れの速度に緩急があります。
では、流れがゆっくりで水深が浅い所をよく見てみましょう。するとそこには、落ち葉や虫の死骸、様々なゴミが留まっています。このような状態が一定期間続いている部分は、更にゴミが留まりやすくなったり、ヘドロが生じたりして川幅が狭まり水の流れに障害がでている場合もあるようです。
私はそのゴミを取り除くのがお仕事です。
鍼を用いて、不要なものを取り除くのです。
ゴミの量が少ないうちのお掃除は意外とカンタンですね。数回で大分きれいになります。早いうちに手を打ったので、更なる障害を防ぐこともできます。
逆に溜まりに溜まったゴミ掃除は、大変です。掘り返してみたら見た目以上にゴミが出てくることもあるでしょうし、糸くずのように絡まってしまったものもあるでしょう。
しかし、掃除の開始時期やゴミ汚染の規模に関わらず、どんな場合でも、そのゴミさえ取り除けば良いのです。河川全体の流れは順調になります。

例えば、下流だけの掃除を一時的にしても、上流にゴミがあったのでは、きれいな期間は一時的なものでしかありません。繰り返さない、再発させない為には、きちんと上流に遡って、本当の原因を取り除くことが第一です

また、掃除をするからにはきっちりやったほうが良いですよね。中途半端にゴミを取ったのでは、ゴミの溜まりやすい状態を放置することになってしまいます。きれいに取り切れば、再発や新たなゴミの堆積を防ぐこともできます。
さて、これまでの説明でなんとなくご理解いただけたでしょうか?

少し専門的に説明してみると…
上記の文章を、以下の様に読み替えてみます。
・河 →生体 または生体の気や血(気血=きけつ)
・ゴミ→邪気 (よこしまな気、正常の働きを邪魔する良くない気)

私の治療は、体を流れる気血を調整することです。脉や皮膚の状態・体温、表情などから、生体の状態を読み取って、邪気を取るのに適切なツボを選び、その手段として鍼を打ちます。
気血の調整(ゴミを撤去)には、ある程度の時間が必要ですので、置鍼(一定時間鍼が刺さったままにすること)が必要です。

治療内容は上記のとおりですが、実際に生体の気血の流れが順調になるのには、人によって回数が異なります。河の掃除といっても、私ができるのはゴミを取り除くことだけです。最終的には河の流れがあって、河はきれいになります。(つまり河自体の力によって川が再生する。)ですから、その人の持つ気血の流れ(例えば自然治癒力)の差に応じて、治療回数に差が生じてしまうのです。

この治療は自然治癒力を最大限に発揮させるための治療であり、最終的には、
その人自身が主体となって自らを治すのです。こう言い切ってしまうと勘違いされそうですが、私は治療を放棄したわけではありません。その人の持つ本来の力を信頼して、適度に後押しをすることに、全精力を懸けています。治る為には、言葉の力も大きいものです。ですから色々な意味で、私を活用して下さって構いません

追記
ゴミの掃除が進んでいくと、
副産物が必ずあります。
その副産物を、ご自身の治療体験によって味わって頂けたら、これ以上に嬉しいことはありません

livedoor プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ