2005年09月25日

スイング 第3話 スイング編だよ〜!

☆ スイング編  〜正確なスイングを身につけることが上達の早道です。〜

ご自分のスイングをビデオで撮影し,見た経験がありますか?


ほとんどの方が経験されたことがないと思います。

まず,自分のスイングをチェック!ビデオにとって見てください。
自分の理想とするスイングとかけ離れていることを実感するはずです。

多くのアマチュアの人がスライスに悩まされていると思います。
理由はさまざまですが,その多くはアウトサイドインのスイング軌道になってしまっているのが原因です。

どうしてアウトサイドインのスイング軌道になってしまうのか。

それでは,
左手1本でスイングしてみてください。

次は,
右手1本でスイングしてみてください。違いが分かりますか?

左手1本の場合は,インサイドアウト!(左脇の締りを感じることが出来るはずです。)

右手1本の場合は,アウトサイドイン!(右脇の締りはほとんど感じないはずです。)

これは,人間の体の構造上そのような動きになってしまうのです。

しかも,ボールを打つ時に遠くに飛ばそうと右手に力が入るとインパクト時に右肩が突っ込み(下がり),
腰が左に流れて体が開いてしまい,クラブヘッドがアウトサイドインの軌道になってしまいます。

これさえ理解すればどうすればいいのか解りますね!
右手でボールを打ちに行くと,百害あって一利なし!左手主体のスイングです。

中級クラスの方は,右ひじを意識して練習してみてください。
ダウンスイングでシャフトが飛球線と平行になったときに,右ひじが右脇腹の前に収まるように動かす。

この動きを覚えたら正しいスイング軌道でボールを捕らえることができます。

最初はショートアイアンでの練習をお勧めします。慣れたら7番・6番アイアンで練習してみてください。
決して力んではいけません。いつもの飛距離の1割減の感覚で!

メールマガジン
http://blog.mag2.com/m/log/0000170735




t.hideo at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!基本編 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔