前原誠司国土交通相は25日、大阪府の橋下徹知事と兵庫県西宮市のホテルで会談し、1兆円超の有利子負債を抱える関西国際空港の救済策として、近接する大阪国際(伊丹)空港と経営統合の上、事業運営権を民間に売却する案を提示、理解を求めた。これに対し、伊丹廃港が持論の橋下氏も大筋で了承。大阪中心部と関空の交通アクセス改善に向け、近く国や府で協議会を設置することで合意した。
 終了後に前原氏は「わたしどもと知事の考えに、それほどの開きはない」と指摘。橋下氏は「基本的には一緒にやっていける」と述べた。関空と伊丹の経営統合案は、28日に開かれる国交省の成長戦略会議で審議の上、公表される予定。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

本屋大賞に冲方丁さん「天地明察」(産経新聞)
1300年前の皇族の暮らし再現 平城宮跡資料館24日公開(産経新聞)
4月分の給与支払わず=免職取り消しの職員に-阿久根市(時事通信)
橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ(産経新聞)
普天間移設 米次官補来日 徳之島案を来週協議 ヘリ部隊分散を念頭か(産経新聞)