2008年06月19日

織田裕二と北川景子が次の月9で共演

女優の北川景子(21)が、織田裕二(40)主演のフジテレビ系ドラマ「太陽と海の教室」(7月スタート、月曜・後9時)で初めて「月9」ヒロインを務めることが10日、分かった。進学校を舞台にした学園ドラマで、北川はやる気のない東大卒の新人高校教師を演じる。北川自身も進学校で受験勉強を経験し、現在は都内有名私大の4年生。ドラマを通して“勉強する意味”を伝えていく。

昨年、テレビ朝日系「モップガール」でドラマ初主演した北川が、今度は月9のヒロインを射止めた。「月9は織田裕二さん、木村拓哉さん、矢田亜希子さん、松嶋菜々子さんら大物が出演するイメージ。楽しみより、どうしようという感じ」。その織田との共演は「演技のこだわりを感じられる方。ついていければいい。視聴率は織田さんが背負ってくださるので心配していません」と自然体で臨む。

北川が演じるのは、元ミス東大の国語教師。やりたいことが見つからず、親のコネで神奈川・湘南の進学校に赴任。生徒と真正面から向き合う“織田先生”のクラスの副担任になり影響を受けていく。

北川は大阪市内の中高一貫の女子校から私大に現役合格。「ドラマの生徒は志望校に入るために偏差値を上げなきゃと洗脳されている。夏祭りに行っていいかさえ迷う。私もそうだった」。母親に食器洗いを頼まれ「何ページの問題が解けるのか」と反発したこともある。「将来何になりたいかを決めて、そのプロセスとして勉強がある。それを織田さんは教えてくれる。勉強に対する姿勢が変わってくれたらいい」と語る。

“北川先生”と生徒の禁断の愛も描かれる。「好きになったらしようがないと思う。私は恋愛になると型破りで、立場や年齢を考えるのが大嫌い。生徒が先生に色目を使ってどうするの、と(ドラマを見る)保護者に思われないように、本気で恋愛する演技を頑張ります」と話している。生徒役は岡田将生、山本裕典、北乃きい、谷村美月ら。今月中旬から撮影がスタートする。

・・・CHANGEで苦戦しているフジテレビ月9ですが、新ドラマで巻き返しが出来るのでしょうか・・・。織田裕二って最近「踊るー」以外は結構厳しいですからね〜「姿三四郎」とか。CHANGEがコケると決まった訳じゃありませんが、万が一二作続けてコケたとしたら、洒落になりませんね。大丈夫でしょうか。



t080220_3 at 18:45│TrackBack(0)clip!日記 

トラックバックURL