コーヒーダイエットその2

コーヒーダイエットの基礎はご理解頂けたかと思います。コーヒーに含まれるカフェインには実は別の働きがあるのです。脂肪細胞に蓄えられた体脂肪を分解するには、リパーゼという酵素の働きが必要なんです。しかしながら太古の昔、飢餓に苦しめられてきた人間の体には、ため込んだ脂肪を分解しないような仕組みが備わっています。これが体脂肪の分解を妨害するPD酵素というものです。PD酵素が分泌されると先述のリバーゼの働きが抑えられてしまいます。その結果、脂肪の分解が抑制されてしまいます。コーヒーに含まれるカフェインは、このPD酵素の働きを抑えることが出来ます。結果としてカフェインを摂ることで体脂肪の分解を手助けされ、燃焼が促進されて痩せやすい体になっていきます。



コーヒーダイエットその1

最近一部で人気のダイエット方法として「コーヒーダイエット」があります。コーヒーダイエットのポイントは、「痩せにくい体質」を作る事にあります。ダイエットをしようと様々な努力をしているにも関わらず、いつまで経っても効果が出ない人がいると思います。その理由はずばり、「痩せにくい体質」にあります。痩せにくい体質の人は、体内の体脂肪燃焼機能が衰えている状態になっていることが多いと思われます。コーヒーに含まれているカフェインは基礎代謝を上昇させ、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が褐色脂肪細胞を攻撃して脂肪の燃焼効率を向上させます。コーヒーを飲むことで、より痩せやすい体へと変化させる事が可能になります。



静的運動と有酸素運動

太りにくい体を作る為の運動は、いつでも気軽にできるいわゆる静的運動です。静的運動とは歩く、走る、ではなく、体を固定して行う運動のことをいいます。大きく分けて押す・引くなど筋肉の収縮を持続させる等尺性運動、筋肉を繰り返し使う等張性運動の2つがあります。1日数回1セットを毎日習慣にすると効果があり、どちらも筋肉の強化には有効だと言われています。ストレッチや腹筋運動などで、お腹まわりやお尻、足や腕の筋肉を鍛えると良いでしょう。それが太りにくい体を作ることにつながります。ウォーキングなどの有酸素運動で脂肪を燃焼させつつ、無酸素運動で筋肉を鍛えます。この組み合わせで太りにくい体をめざしましょう。



太りにくい体作り

あなたがいくら頑張ってダイエットしても、再び太っては意味がありませんよね。では「太りにくい体」になる為にはどうすべきか、考えてみましょう。そもそも、太りにくい体とは基礎代謝の高い体のことを言います。一般的に、基礎代謝は年齢と共に衰えていきます。基礎代謝を高める最も簡単な方法は、筋肉をつけることです。筋肉とはたんぱく質から出来ています。加えて筋繊維が集まった組織です。筋繊維を鍛える運動がいわゆる無酸素運動になります。ダンベル体操や筋力トレーニングなどはその代表格としてよく知られています。しかし、無酸素運動を普段運動していない人が突然無酸素運動をいってしまうと、体の筋肉や関節を痛めてしまう可能性があります。激しい運動はせずに、毎日少しづつ筋肉に負担をかけるような簡単な運動を続ける事がお勧めです。たとえ効果があるといっても、重量挙げのように息を止めて行うような無酸素運動は普通の人にとって体に負担がかかりすぎるので、止めておくべきです。