北沢俊美防衛相は13日午前の閣議後会見で、中国の潜水艦2隻が10日、浮上した状態で7、8隻の艦船とともに沖縄本島と宮古島の間の公海を南下したと発表した。北沢防衛相は「いままでになかった事態。詳細な分析をし、我が国に対する意図があるのかないのかを含めてよく調べて対応を検討したい」と述べた。

 防衛省によると、これらの艦船は4月7~9日、東シナ海中部海域で艦載ヘリコプターの飛行を行うなどの訓練を実施したという。10日午後8時ごろ、海上自衛隊の護衛艦「ちょうかい」「すずなみ」が、沖縄本島の西南西約140キロの南西諸島付近を東シナ海から太平洋に向けて進む艦船を確認。中国海軍のミサイル駆逐艦2隻や潜水艦2隻など計10隻だったという。11日に沖縄南方海域で洋上補給を行ったことも確認したという。【樋岡徹也、仙石恭】

【関連ニュース】
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
米大統領:人民元切り上げを胡主席に要請
<特集>鳩山政権の通信簿 外交

新型インフルの広報検証=総括会議、報道関係者も参加-厚労省(時事通信)
架空取引 1億2000万円脱税 ビル管理会社前社長告発(産経新聞)
石原知事、「若い奴は腰抜け。このまま死ねないよ」(産経新聞)
「レセプト査定率」の支部間格差、厚労省が実態調査へ(医療介護CBニュース)
「横転した車…外に出られず」タイ駐在員ら帰国(産経新聞)