2007年に起きた運送業長野勝成さん=当時(42)=のひき逃げ死亡事故で、自動車運転過失致死罪に問われた建設作業員市瀬篤史被告(36)の控訴審判決で、大阪高裁は15日、一審の執行猶予付き判決を破棄し、懲役1年4月(一審の求刑懲役2年6月)の実刑判決を言い渡した。
 被害者参加制度の適用を受け、一、二審とも長野さんの妻ちえみさん(33)が参加し、実刑を求めていた。判決後、ちえみさんは「ほっとしている。制度の意味があった」と目を潤ませながら語った。
 森岡安広裁判長は「一審判決は、被告の飲酒運転や過失の程度を過小評価し不当に軽い」と指摘。事故後約2カ月間も逃亡を続けた悪質性も考慮し、実刑が相当と判断した。 

【関連ニュース】
盗難車でパトカー2台に衝突=容疑で男逮捕、飲酒運転
「覚せい剤打っていた」と逃走=女性死亡、ひき逃げ容疑で男逮捕
はねた女性ボンネットに7キロ走行=ひき逃げ容疑で専門学校生逮捕
米兵、ひき逃げ容疑で逮捕=男性死亡、救護義務怠る
ひき逃げ事件で米批判=前原氏

<独立行政法人>役員公募に統一基準作成を 官房長官が指示(毎日新聞)
<新品種>春と秋に咲くサクラ 理研チーム(毎日新聞)
小沢氏が首相と対応協議(時事通信)
<共産>参院秋田、佐賀選挙区に新人候補擁立(毎日新聞)
若い男が小沢幹事長に罵声「辞職しろ!山形帰れ!」(スポーツ報知)