沖縄県の米軍普天間飛行場の新たな移設先として与党内で浮上している下地島空港を抱える同県宮古島市議会は20日、臨時議会を開き、移設に反対する意見書を全会一致で可決した。

 意見書では、平野官房長官が今月10日に上空から同空港を視察したことについて、「市民は警戒心を強めている」と指摘し、「移設を行わないことを内外に明言するよう強く求める」としている。

 下地島空港は3000メートル滑走路を持つ民間パイロットの訓練場。1971年に日本政府と当時の琉球政府が「民間航空以外の目的には使用しない」との覚書を交わしている。

 沖縄県内では、伊江村議会も16日に伊江島への移設に反対する意見書を全会一致で可決している。

<大豆>理研などがゲノム解読 品種改良の効率化に期待(毎日新聞)
<消費者被害>行政処分執行、都道府県でばらつき(毎日新聞)
女性引きずり死なす 大阪狭山の飲酒事故(産経新聞)
「公設派遣村」終わる=全入所者が退去-東京(時事通信)
未承認ピルを無許可で保管=販売目的、比国籍の女と夫逮捕-三重県警(時事通信)