大地震に見舞われたハイチの復興支援のため国連平和維持活動(PKO)に派遣される陸上自衛隊の1次隊34人が8日未明、首都ポルトープランスに到着した。1次隊は災害やテロ、紛争地での国際平和協力活動で中心的な役割を担う陸自の「中央即応集団」を中心に約200人で編成。米マイアミから順次入国し、ポルトープランスを拠点に被災者の仮設住宅建設のための整地やがれきの撤去などにあたる。

 約1カ月後には、陸自の北部方面隊を中心とする約350人の2次隊が現地入りし、活動を引き継ぐ。派遣期間は11月末までの約10カ月。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:死者20万人超す 倒壊家屋にまだ多数
ハイチ大地震:国際医療チームが成田空港に帰国
ハイチ大地震:PKO派遣の自衛隊員 羽田などから出発
ハイチ大地震:復興支援PKOに自衛隊派遣 閣議決定
ハイチ大地震:PKOで調査チームを派遣 政府

<医療事故>動脈傷付け女性死亡 愛知県がんセンター(毎日新聞)
自衛隊PKO、ハイチ入り=地震被害の復興支援へ(時事通信)
空き巣容疑で中国人3人逮捕=「100件やった」-警視庁(時事通信)
<新型インフル>ワクチンの副作用被害救済 部会が増額合意(毎日新聞)
石川議員ら3人保釈決定=陸山会事件-東京地裁(時事通信)